ビアルモスクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビアルモスクス
ビアルモスクス
ビアルモスクス
地質時代
ペルム紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 四肢動物上綱 Tetrapoda
: 単弓綱 Synapsida
: 獣弓目 Therapsida
亜目 : ビアルモスクス亜目 Biarmosuchia
: ビアルモスクス科 Biarmosuchidae
: ビアルモスクス属 Biarmosuchus
学名
Biarmosuchus
Tchudinov, 1960
  • B. tener

ビアルモスクス (Biarmosuchus) は、古生代ペルム紀後期に生息した、肉食単弓類。単弓綱 - 獣弓目 - ビアルモスクス亜目 - ビアルモスクス科。獣弓類としては、初期のグループに属する。

特徴[編集]

ビアルモスクス
ビアルモスクス頭部

体長約1mと、大型犬ほどの大きさ。頭骨は盤竜目スフェナコドン科の特徴を留めているが、犬歯がより大きくなるなど異歯性はより顕著である。完全な全身骨格は未だ発見されていないものの、部分骨格などから推定すると、身体は比較的軽快な作りであり、四肢も細かった。おそらく活動的な動物であったと思われる。強肉食性であったと推定されるが比較的身体が小さかったため、獣弓類や両生類の子供、あるいは小型ものなどを捕食していたと思われる。

分布[編集]

ロシアウラル山脈地域から化石が出土。ロシアから東ヨーロッパにかけて分布したと思われる。

参考文献[編集]