サンデーサイレンス系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サンデーサイレンス系 (-けい、Sunday Silence Line)は(主にサラブレッド)の父系(父方の系図)の1つ。

概要・動向[編集]

1990年に日本に輸入され、1995年から2007年までの13年間、リーディングサイアーだったサンデーサイレンスを祖とする、新鋭のサイアーラインである。2008年のリーディングサイアー・アグネスタキオンと、2009年のマンハッタンカフェも本系統に属しており、15年連続でリーディングサイアーを輩出したことになった。サンデーサイレンス自身は12世代の産駒を残したが、その全ての世代から牡馬のGI級競走の勝ち馬を輩出した。その結果サンデーサイレンス系は、現在の日本競馬界において最も勢いのある父系となっている。2007年のリーディングサイアーランキングでは、サンデーサイレンス系種牡馬が自身を含め上位10頭のうち6頭ランクインした。その後も、2008年~2011年は上位10頭中5頭、2012年・2013年は7頭が本系統と安定して結果を出し続けている。

2007年前後までは、サンデーサイレンス自身による実績が圧倒的であった。しかし種牡馬入りしたその産駒もフジキセキダンスインザダークステイゴールドスペシャルウィークアドマイヤベガ、アグネスタキオン、マンハッタンカフェ、ゴールドアリュールネオユニヴァースディープインパクトなどが優秀な成績を収めている。また、重賞未勝利であったミスキャストもGI馬を輩出した。サンデーサイレンス直仔の種牡馬の産駒では、デルタブルースシーザリオNatagoraSun ClassiqueヴィクトワールピサDabirsimBeauty Parlourジャスタウェイジェンティルドンナが海外G1競走を優勝している。2008年にはサンデーサイレンスが13年続いたリーディングサイアーの座を明け渡したが、変わって首位に立ったのはアグネスタキオンであった。こうした結果、日本産の父系としては異例と言える程にその人気は高まっている。2005年2006年の年間種付け頭数の集計からは、同系統のみで優に2000頭以上の種付けをこなしていることが明らかになっている。

日本国内では父系のみならず、母系においても勢力を拡大しており、2006年~2013年までサンデーサイレンスがリーディングブルードメアサイアーを獲得している(サンデーサイレンス及びその産駒の競走成績・種牡馬実績については、各馬の項目を参照のこと)。これは本系統の実績を示すと共に、日本にサンデーサイレンス系の血を持つ優秀な繁殖牝馬が増えている事も示している。本系統の牝馬に配合する次代の種牡馬を探す事が、生産界の課題となりつつある。

上記のようなサンデーサイレンス系の父系、母系両面での隆盛はレースにも反映されており、例えば2010年度の中央競馬主催の平地GI競走の出走馬386頭のうち、サンデーサイレンスの血を持つ馬は231頭と、約6割にも上っている。2011年の牡馬クラシックでは、皐月賞では出走馬18頭中16頭、菊花賞では出走馬18頭中17頭、東京優駿にいたっては出走馬18頭の全頭が、両親のいずれかがサンデーサイレンスの直仔であった。日本経済新聞社記者である野元賢一日本経済新聞電子版コラムでこれについて取り上げ、世界有数の競馬国でこの事態は異例であり、近親交配の弊害が大きくなることから将来的な懸念材料であると論じている[1]

2000年代前半までは、後継種牡馬の国外流出が危惧されたため、南半球のシャトル種牡馬を除けば、北半球の海外ではサンデーサイレンス系の種牡馬は殆ど見られなかった。しかし国内における同系統の種牡馬の増加によって、十分な繁殖牝馬の確保が望みにくくなっており、海外に輸出される種牡馬も出はじめた。そのような背景からフランスに輸出されたディヴァインライトは、数少ない産駒からNatagoraを出している。また、中には北米で種牡馬入りしたハットトリックのように、最初から海外で繁殖入りするGI級競走の勝ち馬も出始めている。

一方サンデーサイレンスの孫にあたる世代の種牡馬は、交配する牝馬が集まらない傾向も出てきている。2008年にはダンスインザダーク産駒で安田記念の勝ち馬ツルマルボーイが、僅か4年間の種付けで去勢され、早々に種牡馬を引退。同じダンスインザダーク産駒で、国際GIを含むGI級競走2勝のデルタブルースは種牡馬入りせずに乗馬に転身している。 他にも、早世したリーディングサイアー・アグネスタキオン産駒のGI馬でありながら、ロジック誘導馬になっている。

サイアーライン[編集]

Darley Arabian 1700
Bartlet's Childers 1716
 |Squirt 1732
  |Marske 1750
   |Eclipse 1764   ←---エクリプス系へ戻る
    |Potoooooooo 1773
     |Waxy 1790
      |Whalebone 1807
       |Sir Hercules 1826
        |Birdcatcher 1833
         |The Baron 1842
          |Stockwell 1849
           |Doncaster 1870
            |Bend Or 1877
             |Bona Vista 1889
              |Cyllene 1895
               |Polymeluss 1902
                |Phalaris 1913   ←---ファラリス系へ戻る
                 |Pharos 1920
                  |Nearco 1935   ←---ネアルコ系へ戻る
                   |Royal Charger 1942   ←---ロイヤルチャージャー系へ戻る
                    |Turn-to 1951
                     |Hail to Reason 1958   ←---ヘイルトゥリーズン系へ戻る
                      |Halo 1969   ←---ヘイロー系へ戻る
                       |*サンデーサイレンス Sunday Silence 1986   ---↓サンデーサイレンス系(改行)

---↓サンデーサイレンス系

*サンデーサイレンス Sunday Silence 1986
|アサクサゴーフル 1992
|エアジャスティス 1992
|キングオブダイヤ 1992
サマーサスピション 1992
|サンデーウェル 1992
| |Khanui Jeguk 2006
|サンデーズショウ 1992
|サンデーブランチ 1992
ジェニュイン 1992
||ベストタイザン 2002
|ダイタクサージャン 1992
|ダブルユアホリデー 1992
タヤスツヨシ 1992
| |ナスダックパワー 1998
| |トップオブツヨシ 2003
|ビークァイエット 1992
フジキセキ 1992
| |キタイ 1996
| |ダイタクリーヴァ 1997
| |Rock of Cashel 1999
| |Mucheoksan 2002
| |カネヒキリ 2002
| |マンボノテイオー 2002
| |ミラクルポイント 2002
| |キンシャサノキセキ 2003
| |ファイングレイン 2003
| |ダノンシャンティ 2007
マーベラスサンデー 1992
| |シルクフェイマス 1999
| |ネヴァブション 2003
|ユウキサンデー 1992
アグネスカミカゼ 1993
イシノサンデー 1993
エイシンサンディ 1993
| |ミツアキサイレンス 1997
| |ホールウォーカー 2003
|エーブサンデーサン 1993
|サイレンスホーラー 1993
サイレントハンター 1993
|サクラケイザンオー 1993
|タガノサイレンス 1993
ダンスインザダーク 1993
| |ダイタクバートラム 1998
| |ツルマルボーイ 1998
| |タガノマイバッハ 1999
| |ザッツザプレンティ 2000
| |ダイシングロウ 2004
| |スリーロールス 2006
|ダンツサイレンス 1993
|チアズサイレンス 1993
バブルガムフェロー 1993
| |マジェスティック 2000
ロイヤルタッチ 1993
ローゼンカバリー 1993
|Eishin Masamune 1994
| |Silent Boomarang 2004
|エックスコンコルド 1994
ステイゴールド 1994
| |ドリームジャーニー 2004
| |ナカヤマフェスタ 2006
| |オルフェーヴル 2008
ビッグサンデー 1994
|メジロディザイヤー 1994
|ユートカイザー 1994
|グレートサン 1995
|サンプレイス 1995
|ジュビレーション 1995
ジョービッグバン 1995
|ジンガロ 1995
|シンコウシングラー 1995
スペシャルウィーク 1995
| |リーチザクラウン 2006
|タヤスメドウ 1995
ディヴァインライト 1995
| |Comte Toscan 2006
|フジサンデーズサン 1995
|マキシムトライ 1995
メイショウオウドウ 1995
|アイランドキング 1996
アドマイヤベガ 1996
|イシノナイト 1996
|ウィズダム 1996
|キングオブサンデー 1996
スリリングサンデー 1996
|チョウカイリョウガ 1996
テイエムサンデー 1996
ブラックタキシード 1996
ペインテドブラック 1996
ロサード 1996
|アグネススペシャル 1997
アグネスフライト 1997
アッミラーレ 1997
アドマイヤボス 1997
ウインマーベラス 1997
エアシャカール 1997
|ケイアイメガウルフ 1997
ゴールドヘイロー 1997
|ニホンピロニール 1997
| |カミツキ 2004
ニューイングランド 1997
| |モルフェサイレンス 2005
フサイチゼノン 1997
|マックスアンサー 1997
ヤマニンリスペクト 1997
|リンデンパッション 1997
|Austinpower 1998
アグネスゴールド 1998
アグネスタキオン 1998
| |スマートエンブレム 2003
| |アドマイヤオーラ 2004
| |トーセンイマジゲン 2004
| |キャプテントゥーレ 2005
| |コパノジングー 2005
| |ディープスカイ 2005
| |トーセンモナーク 2005
| |リキサンダルジャン 2005
| |Devil's Drink 2007
ウインラディウス 1998
|サムソンハッピー 1998
サンライズペガサス 1998
|チアズブライトリー 1998
|ドリームスプレッド 1998
|フサイチオーレ 1998
ボーンキング 1998
マンハッタンカフェ 1998
| |マンハッタンスカイ 2004
| |ジョーカプチーノ 2006
| |ヒルノダムール 2007
ミスキャスト 1998
ミレニアムバイオ 1998
メジロベイリー 1998
|Any Given Sunday 1999
|Sunday Knight 1999
|Yasey 1999
|アグネスプラネット 1999
アドマイヤマックス 1999
ウインデュエル 1999
ゴールドアリュール 1999
| |エスポワールシチー 2005
| |オーロマイスター 2005
| |スマートファルコン 2005
| |テラザクラウド 2007
|サンデーサンサン 1999
|タイガーカフェ 1999
|ダイワレイダース 1999
デュランダル 1999
ヤマニンセラフィム 1999
リミットレスビッド 1999
|Keep The Faith 2000
ヴィータローザ 2000
オレハマッテルゼ 2000
カーム 2000
クワイエットデイ 2000
サイレントディール 2000
サクラプレジデント 2000
スパイキュール 2000
|スマートカイザー 2000
ゼンノロブロイ 2000
|トウカイエリート 2000
ネオユニヴァース 2000
| |アンライバルド 2006
| |ロジユニヴァース 2006
| |ヴィクトワールピサ 2007
| |トーセンファントム 2007
| |ネオヴァンドーム 2007
| |デスペラード 2008
|ボレロ 2000
リンカーン 2000
|Silent Action 2001
|Sunday Doubt 2001
|ヴリル 2001
エアシェイディ 2001
|カミノサイレンス 2001
|キョウワスプレンダ 2001
|グランデグロリア 2001
グレイトジャーニー 2001
スウィフトカレント 2001
スズカマンボ 2001
ダイワメジャー 2001
| |トーセンロレンス 2009
ハイアーゲーム 2001
ハーツクライ 2001
ハットトリック 2001
| |Dabirsim 2009
ブラックタイド 2001
|メイショウホウオウ 2001
|リキアイサイレンス 2001
レゴラス 2001
|Layman 2002
Silent Name 2002
アドマイヤジャパン 2002
キングストレイル 2002
サムライハート 2002
シックスセンス 2002
スズカフェニックス 2002
ディープインパクト 2002
| |スマートロビン 2008
| |ダノンバラード 2008
| |キモンノカシワ 2009
| |ディープブリランテ 2009
| |トーセンホマレボシ 2009
ディープサイレンス 2002
|トウカイワイルド 2002
トーセンダンス 2002
|トーヨーヒリュウ 2002
|ペールギュント 2002
アドマイヤメイン 2003
|ウインレジェンド 2003
オンファイア 2003
|ゴールドキング 2003
|サクラオールイン 2003
|タガノアイガー 2003
マツリダゴッホ 2003
マルカシェンク 2003
|モエレヴァチャス 2003
|モエレプルトス 2003
  • 2014年9月現在、種付けを行った馬か、2014年からの種牡馬入りを発表した馬に限る。生年順→ABC/五十音順。太字はG1級競走の勝ち馬。

脚注[編集]