君と旅立とう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
君と旅立とう
アンドレア・ボチェッリシングル
収録アルバム ボチェッリ英語版
A面 君と旅立とう
B面 生きる英語版
ジャンル オペラポップ英語版
時間 4:09
レーベル ポリドール・レコード
作詞・作曲 フランチェスコ・サルトーリ
ルーチョ・クアラントット
アンドレア・ボチェッリ シングル 年表
夕べの静かな海英語版
(1995年)
「コン・テ・パルティロ」
/「生きる英語版
(1995年)
「戦争の機械」
(1995年)
テンプレートを表示
タイム・トゥ・セイ・グッバイ
アンドレア・ボチェッリ及びサラ・ブライトマンシングル
収録アルバム ロマンツァ英語版ボチェッリ・スーパー・ベスト英語版クエスチョン・オブ・オナー英語版タイム・トゥ・セイ・グッバイ英語版
リリース 1996年 (1996)
規格 CD
ジャンル オペラポップ英語版
レーベル イースト・ウエスト・レコード英語版
作詞・作曲 フランチェスコ・サルトーリ
ルーチョ・クアラントット
フランク・ピーターソン
プロデュース フランク・ピーターソン
アンドレア・ボチェッリ 年表
Vivo por ella英語版
(1996年)
「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」
(1996年)
Ich lebe für sie英語版
(1997年)
サラ・ブライトマン 年表
ヘヴン・イズ・ヒア英語版
(1995年)
「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」
(1996年)
ジェスト・ショウ・ミー・ハウ・トゥ・ラヴ・ユー英語版
(1997年)
ミュージックビデオ
サラ・ブライトマン「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」 - YouTube
テンプレートを表示

君と旅立とう」(: Con Te Partiròコン・テ・パルティロ)は、イタリア人歌手アンドレア・ボチェッリの代表的オペラティック・ポップ楽曲で、クラシカル・クロスオーバーの先鞭を付けた曲でもある。オリジナルの歌詞は全編イタリア語1995年2月にサンレモ音楽祭で初めて歌われ、同年春に発売のセカンド・アルバム『ボチェッリ英語版』に初収録された。作詞ルーチョ・クアラントット作曲フランチェスコ・サルトーリで、その後「生きる英語版」をカップリング曲としてシングル発売されている。この時の音楽チャートで1位を記録した国のうち、フランスでは歴代最多販売枚数の100位圏内に入り、ベルギーでは歴代最多販売枚数1位を記録した。

そしてこの曲の知名度を広く上げたのが、1996年イギリス人ソプラノ歌手サラ・ブライトマンがボチェッリにデュエットを申し出て、曲名及び歌詞の一部をイタリア語から英語の「タイム・トゥ・セイ・グッバイ: Time To Say Goodbye)」に変更し、共演したことである。これがヨーロッパ全土で爆発的にヒットし、ドイツでは歴代最多販売枚数を記録したほか[1][2]、全世界で1200万枚以上を販売し世界歴代最多販売作品の一枚となった[3][4]

その後ボチェッリはこの曲の全編スペイン語歌詞による「ポル・ティ・ヴォラーレ西: Por ti volaré)」を発売し、前述のオリジナル曲「君と旅立とう」及び「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」と並んでこれら3バージョンはボチェッリの代表曲となっている[5]

来歴[編集]

シングル発売当初、本国イタリアでは音楽番組でわずかに流される程度で、商業的には必ずしも大ヒットと言えない状況であった。一方、ヨーロッパ他国では大きな反響を呼び、フランスとスイスでは6週連続1位、ベルギーでは12週連続1位を記録しベルギー史上最大の爆発的ヒット曲となった[6]

ブライトマンの友人で、ドイツの国民的英雄でもあるボクサー、ヘンリー・マスケ英語版ヴァージル・ヒルとの引退試合が1996年11月23日に行われた際、試合前にリング上のステージで初めて2人によって歌われ(演奏はロンドン交響楽団による録音)、マスケの退場時もこの曲が流された。その模様はテレビ放送で2,100万人以上と言われる視聴者が観ていたこともあり、直後の12月に発売されたシングルはドイツのヒットチャートで14週連続1位となった。

結果的に、シングルが1,500万枚、アルバムを含めて2,500万枚という世界的大ヒットになり、ブライトマンの収録アルバム『タイム』が『タイム・トゥ・セイ・グッバイ英語版』に変更になったほか、次作『クエスチョン・オブ・オナー英語版』にも収録されるなど、プロモーション面でも様々な影響を及ぼした。以後も多くのアーティストにより歌われている。

ボレロ風のリズムがエネルギーの充溢を感じさせる力強い曲である。邦題の「君と旅立とう」が表す通り、イタリア語である原題において「コン・テ・パルティロ」(: Con Te Partirò = : With you I will leave)とは「君と共に、(ぼくは)旅立つ」という意味で、英語の「グッバイ」というタイトルゆえにイタリア以外では誤解されやすいが、実は別れの歌ではなく旅立ちの歌である。したがって、結婚式で歌われることも多いが、これは決しておかしなことではない。ドイツではKarel Gott - Zeit zu geh'nという。

日本ではドラマ『外交官 黒田康作』の主題歌として使われるなど、サラ・ブライトマンの代表曲としても知られている(同ドラマの劇場版『アマルフィ 女神の報酬』では、ブライトマン本人が出演している)。他にも人気メダル競馬ゲームであるSTARHORSE2内のSWBCというビッグレースで使われている曲であるため、ゲームファンや競馬ファンにも親しまれている曲である。また、映画の挿入歌としても使われおり、一例としてアメリカ映画『ウォンテッド』の作中で、主役のウェズリー(ジェームズ・マカヴォイ)がフォックス(アンジェリーナ・ジョリー)とリムジンに乗った人を殺害するシーンでリムジンの中で流れている(エンドロールには「Time To Say Goodbye」Sarah Brightman、Andrea Bocelliと表記されている)。

製作者クレジット[編集]

  • 作曲:フランチェスコ・サルトーリ
  • 作詞:ルーチョ・クアラントット

カバー[編集]

2006年には、テノール歌手・秋川雅史2007年には、カノンがカバーしたバージョンが発売された。また、サラ・ブライトマンが歌詞の一部やタイトルをイタリア語から英語に変更し、「タイム・トゥ・セイ・グッバイ(Time To Say Goodbye)」としてカバーした。

チャート・認定[編集]

チャート成績[編集]

「君と旅立とう」
チャート(1996年・1997年) 最高位
オランダ・メガトップ100[7] 18
ベルギー フランデレン地域圏・シングルチャート[7] 1
ベルギー ワロン地域圏・シングルチャート[7] 1
フランス・SNEPシングルチャート[7] 1
チャート(2007年) 最高位
イギリス・全英シングルチャート[8] 69
「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」
チャート(1997年) 最高位
オーストラリア・シングルチャート[9] 1
オランダ・メガトップ100[9] 5
フランス・SNEPシングルチャート[9] 25
ドイツ・シングルチャート[9] 1
アイルランド・シングルチャート[10] 1
スウェーデン・シングルチャート[9] 31
スイス・シングルチャート[9] 1
イギリス・全英シングルチャート[11] 2

認定[編集]

認定は、特記の無い限りサラ・ブライトマン及びアンドレア・ボチェッリ共演の「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を対象としている。

国/地域 認定 売上/出荷枚数
オーストリア (IFPI Austria)[12] Platinum 30,000x
ドイツ (BVMI)[13] 11× Gold 2,750,000^
日本 (RIAJ)[14]
サラ・ブライトマン独唱による
Gold 100,000^
スイス (IFPI Switzerland)[15] 2× Platinum 100,000x
イギリス (BPI)[16] Platinum 600,000^

*認定のみに基づく売上枚数
^認定のみに基づく出荷枚数
x認定のみに基づく未検証の枚数

先代:
バビロン・ズースペースマン
ベルギー フランデレン地域圏 第1位シングル
1996年3月2日 – 1996年5月4日(10週)
次代:
ジョーン・オズボーンワン・オブ・アス
先代:
ボリスソワレ・ディスコ
ベルギー ワロン地域圏 第1位シングル
1996年6月8日 – 1996年7月6日(5週)
次代:
ロス・デル・リオ恋のマカレナ
先代:
チック・タック・トー「お金があれば…。」
ドイツ 第1位シングル
1996年12月13日 – 1997年3月7日(13週)
次代:
チック・タック・トー「なぜなの…。」
先代:
トニー・ブラクストンアンブレイク・マイ・ハート
スイス 第1位シングル
1997年1月19日 - 1997年2月23日(5週)
次代:
ノー・ダウトドント・スピーク
先代:
トニー・ブラクストン「アンブレイク・マイ・ハート」
オーストリア 第1位シングル
1997年1月26日 – 1997年2月9日(3週)
次代:
ノー・マーシー「ホエン・アイ・ダイ」
先代:
ガーラレット・ア・ボーイ・クライ
フランスSNEP 第1位シングル
1997年3月1日(1週)
1997年3月15日 – 1997年4月5日(4週)
次代:
ガーラレット・ア・ボーイ・クライ
リッキー・マーティンマリア
先代:
R・ケリーアイ・ビリーブ・アイ・キャン・フライ
アイルランドIRMA 第1位シングル
1997年3月24日 – 1997年6月7日(3週)
次代:
ハンソンンーバップ

脚注[編集]

  1. ^ Bocelli on Decca.com
  2. ^ Andrea Bocelli Biography
  3. ^ Andrea Bocelli on singing to thousands, losing his sight and making a fortune July 2, 2011, Daily Mail
  4. ^ Angel records
  5. ^ Con Te Partiro”. 2010年7月7日閲覧。
  6. ^ Con Te Partiro at abmusica.com
  7. ^ a b c d "Con te partirò", in various singles charts”. Lescharts. 2009年7月20日閲覧。
  8. ^ "Con te partirò", UK Singles Chart”. ChartArchive. 2014年12月14日閲覧。
  9. ^ a b c d e f "Time to Say Goodbye", in various singles charts”. Lescharts. 2009年7月20日閲覧。
  10. ^ Irish Singles Chart, database”. Irishcharts. 2009年7月20日閲覧。
  11. ^ "Time to Say Goodbye", UK Singles Chart”. ChartArchive. 2014年12月14日閲覧。
  12. ^ (German) Austrian single certifications – Sarah Brightman/Andrea Bocelli – Time To Say Goodbye, IFPI Austria, http://www.ifpi.at/?section=goldplatin  Enter Sarah Brightman/Andrea Bocelli in the field Interpret. Enter Time To Say Goodbye in the field Titel. Select single in the field Format. Click Suchen
  13. ^ (German) Gold-/Platin-Datenbank (Sarah Brightman & Andrea Bocelli; 'Time To Say Good-Bye'), Bundesverband Musikindustrie, http://www.musikindustrie.de/gold_platin_datenbank/?action=suche&strTitel=Time+To+Say+Good-Bye&strInterpret=Sarah+Brightman+%26+Andrea+Bocelli&strTtArt=single&strAwards=checked 
  14. ^ 2009年7月度有料音楽配信認定” (日本語). 日本レコード協会. 2011年3月15日閲覧。
  15. ^ The Official Swiss Charts and Music Community: Awards (Andrea Bocelli & Sarah Brightman; 'Time To Say Goodbye'), Hung Medien, http://www.swisscharts.com/search_certifications.asp?search=Andrea+Bocelli+%26+Sarah+Brightman+Time+To+Say+Goodbye 
  16. ^ British single certifications – Sarah Brightman & Andrea Bocelli – Time To Say Goodbye, British Phonographic Industry, http://www.bpi.co.uk/certifiedawards/search.aspx  Enter Time To Say Goodbye in the field Search. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Click Go

外部リンク[編集]