ガーシア級フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガーシア級フリゲート
USS BRADLEY (FF-1041)
艦級概観
艦種 フリゲート
艦名 海軍功労者 一番艦はフェルナンド・ルイス・ガルシアに因む。
建造期間 1962年 - 1965年
就役期間 1964年 - 1990年
前級 ブロンシュタイン級フリゲート
次級 ノックス級フリゲート
準同型艦 ブルック級ミサイルフリゲート
性能要目
排水量 基準: 2,360t
満載: 2,650t
全長 113.2m
全幅 12.3m
吃水 4.1m
機関 FW堅型過給水管ボイラー
(84.4kgf/cm², 510℃)
2缶
WEC蒸気タービン
(35,000 hp/26 MW)
1基
推進器 1軸
最大速力 27.0kt
航続距離 4,000nmi/15kt
乗員 士官16名、兵員200名
兵装 Mk.30 5インチ単装砲 2基
M2 12.7mm単装機銃 4基
Mk.16 アスロックSUM 8連装発射装置
(後期型のみ機力による次発装填装置あり)
1基
48.3cm連装対潜魚雷発射管
(後に撤去)
1基
Mk.32 3連装短魚雷発射管 2基
艦載機 QH-50 DASH(無人対潜ヘリ) 2機
SH-2F LAMPSヘリコプター
(改装後)
1機
C4I 武器管制システム(WDS)Mk.1
Mk.56GFCS
Mk.114水中FCS
レーダー AN/SPS-40 2次元対空レーダー
AN/SPS-10 対水上レーダー
ソナー AN/SQS-26AXR 艦首装備ソナー(前期型)
AN/SQS-26BX 艦首装備ソナー(後期型)
AN/SQR-15曳航ソナー(一部艦)
電子戦
対抗手段
WLR-1 / WLR-3 ESM
WLR-3 ECM
Mk 36 SRBOC

ガーシア級フリゲート(ガーシアきゅうフリゲート Garcia class frigate)は、アメリカ海軍フリゲートの艦級。1964年から1968年にかけて就役し、当初は航洋護衛艦 (ocean escorts, DE) と呼ばれたが、1975年6月30日の艦種変更でフリゲート (FF) に分類された。基本計画番号SCB199A。本級は、ブロンシュタイン級よりも全長が約13m長くなり、全幅も約1m広くなっている。艦型は平甲板型で、マックを採用している点は同等である。

概要[編集]

ガーシア級は、先行して建造されたブロンシュタイン級 (SCB199) の拡大・改良型である。ブロンシュタイン級航洋護衛艦は1950年代末に発展した高速原子力潜水艦に対応するため開発されたもので、新設計の艦体に新世代の武器システムを搭載し、SQS-26艦首装備ソナー、Mk 16 アスロック発射機およびMk 32 短魚雷発射管という、のちにアメリカ海軍の護衛艦において標準となる構成を確立したが、艦型の小ささと速力の遅さから、大量建造はなされずに終わった。

搭載する武器システムについては、基本的にブロンシュタイン級のものを踏襲しているが、ブロンシュタイン級のMk 33 50口径3インチ砲3門に対し、ガーシア級ではMk 30 38口径5インチ砲2門が搭載され、砲撃能力が向上している。主要兵装の配置は前甲板に5インチ単装砲およびアスロック発射機、中央の艦上構造物上にも5インチ単装砲を搭載している。また、艦尾は新造時にはQH-50 DASH無人ヘリコプター用の甲板となっていたが、後にLAMPS Mk IのSH-2ヘリコプターを搭載するようになった。

このほか、初期の艦では、艦尾にMk 25連装魚雷発射管が固定装備されたが、これは改装により順次撤去されている。

本級の何隻かは退役後ブラジル海軍に売却された。

船体・機関[編集]

船型としては、SCB199シリーズの端緒となったブロンシュタイン級フリゲートの船首楼を艦尾まで延長した遮浪甲板型、機関を中心に枢要区画にはスプリンター防御を施しており、構造部材は、従来用いられていた普通鋼にかえて高張力鋼となっている。なお、これは後の護衛駆逐艦においても踏襲された。

主機構成は、フォスター・ホイーラー式堅型過給水管缶(スーパーチャージド・ボイラー)2基とウェスチングハウス式ギヤード・タービン1基の構成となっている。推進軸が1軸となっているのは有事の量産を考慮したもので、護衛駆逐艦においては伝統的なものであるが、27ノットの速力を確保するために出力は35000馬力に増強されており、圧力燃焼式のボイラーの採用は、出力増大にともなう所要スペースの増大を最小限とするためのものである。さらに、発生蒸気の性状は主力戦闘艦並みの圧力84.4kgf/cm²(1,200psi)、温度510℃となっており、これにより、ブロンシュタイン級フリゲートと同レベルの重量・容積でありながら、70パーセントの出力増加を達成した。ただし、これによって、燃料としては低質油を使えなくなり、ND海軍蒸留油を使うこととなったほか、主缶の保守・整備に非常に手がかかることになった。

装備[編集]

C4Iシステム[編集]

本級はMk.1 武器管制システム (WDS) を装備している。これはあくまでも目標情報を管理し、オペレーターの指示によって適切な武器システムを選択してこれを移管するためのものに過ぎず、意思決定機能までは有さない。

ただし「ヴォーグ」(FF-1047)および「コーレシュ」(FF-1049)は、海軍戦術情報システム(NTDS)の対潜版として開発されたASWSC&CS(ASW Ship Command and Control System)を搭載するよう改設計を受けて就役した。これは、アメリカ海軍の護衛艦 / フリゲートが意思決定機能を有する戦術情報処理装置を搭載した初の例であるとともに、当時対空戦(AAW)を主眼として開発されていたNTDSをASWに応用する試みであり、その成果は後にスプルーアンス級駆逐艦オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートなどのNTDSにおいて統合された[1]

Mk 30 5インチ砲およびMk 112 アスロック発射機

対潜戦闘システム[編集]

本級は、主たる対潜センサーとして、大出力・低周波数のSQS-26AXR/BXソナーを備えている。また、ブロンシュタイン級フリゲートと同様に、長射程、中射程、短射程の対潜兵器により三段構えの対潜火網を構築して、これらをMk 114水中攻撃管制装置が統制していた。 短射程の対潜兵器としては、両舷に3連装のMk 32 短魚雷発射管を有しており、ここから324mm径のMk 46短魚雷を発射することができる。また、これよりも強力な短距離対潜兵器として、建造当初は483mm対潜魚雷連装発射管Mk 25を装備していたが、これはのちに撤去されている。中射程の対潜兵器としては、アスロック対潜ミサイル用に、Mk 16 GMLSが装備されている。そのMk 112発射機は艦橋構造物の直前に装備され、後期艦 (DE-1047~DE-1051) は、次発装填装置を艦橋構造物の下方に設置している。

長射程の対潜兵器として、建造当初は QH-50 DASH (無人対潜ヘリコプター) が装備されていたが、DASH計画は最終的に中止された。これを受けて、本級はLAMPS (軽空中多目的システム)を搭載することになり、DASHの運用設備はLAMPS Mk Iの空中プラットフォームであるSH-2ヘリコプターに対応するように改装された。これにより、本級はLAMPSが投射するソノブイおよび機体装備のMAD(磁気探知装置)を対潜センサーとして使用できるようになったほか、より柔軟な対潜攻撃を展開できるようになった。

砲熕兵器システム[編集]

本級は、主砲として、艦首および中央の上部構造物上にMk 30 5インチ砲を計2基装備する。これは、第二次世界大戦中にアメリカ海軍が開発した5インチ39口径長の単装砲で、この当時に広く配備されていたものであった。その射撃指揮は、SPG-35レーダーを有するMk.56 砲射撃指揮装置によって行なわれる。なお、2番砲の配置は、のちにここにターター・システムの艦対空ミサイル発射機を設置した防空艦型を建造することを見込んでの設計であったとされており、実際、そのようにして、Mk 22発射装置を搭載したブルック級ミサイルフリゲートが建造された。

航空機[編集]

上述のように、本級は当初、無人のQH-50 DASH対潜ヘリコプターを搭載していた。しかし、後に運用損失の高さやベトナム戦争の戦費負担の煽りを受けて、DASHの運用は中止された。

これを受けて、ガーシア級はLAMPS (軽空中多目的システム)を搭載することになり、DASHの運用設備はLAMPS Mk Iの空中プラットフォームであるSH-2ヘリコプターに対応するように改装された。飛行甲板はやや拡張され、また、格納庫は入れ子式に改装されて、SH-2ヘリコプターを収容できるように拡張された。

これにより、ガーシア級は有人ヘリコプターの運用能力を保有することになった。ただし、元来DASH用の運用設備を元にしていたため、新しいLAMPS Mk IIIシステムで採用された大型のSH-60Bヘリコプターの搭載は不可能であった。

同型艦[編集]

参考文献[編集]

  • アメリカ護衛艦史 世界の艦船 2006年1月号増刊 海人社 EAN 4910056040164

関連項目[編集]

外部リンク[編集]