オーストラリア緑の党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロゴ

オーストラリア緑の党(オーストラリアみどりのとう、The Australian Greens, 愛称:The Greens)は、オーストラリア緑の党である。国際的にはグローバルグリーンズに加盟している。

オーストラリア東部では、1980年代タスマニア州のフランクリン・ダム (en:Franklin Dam) 反対運動に、西オーストラリア州では、核兵器削減に関する関心が同党の起源である。同党の政治基盤は環境保護から平和運動草の根民主主義社会正義に拡大している。

同党の歴史は「連合タスマニアグループ」(en:United Tasmania Group, UTG) にさかのぼる。これは世界初の緑の党であった。1972年の選挙に立候補した。 同グループの参加者はタスマニア緑の党 (en:Tasmanian Greens) を結成した。同党の州上院(当時)議員ボブ・ブラウンおよび当時現職の西オーストラリア緑の党 (en:Greens Western Australia) ディー・マーゲッツ (en:Dee Margetts) は1996年の連邦選挙後、初のオーストラリア緑の党の上院議員となった。2007年11月の時点で、同党の連邦上院議員は4人おり、連邦下院にはいない。2010年の連邦選挙では躍進し、非改選分と合わせ連邦上院は9人、連邦下院でも1議席の獲得が見込まれている[1]

オーストラリア緑の党は6州と2特別地域の緑の党の連合体である[2]。連邦党首はボブ・ブラウンである。 捕鯨に対しては断固とした対応を望んでおり、シーシェパードを支持している。

2010年シーシェパードピーター・ベスーンが、日本の監視船に衝突して逮捕されたのを受け、ブラウン党首は「私たちの知っているような陪審制度がない。ベスーン氏の解放を求める国際キャンペーンが行われるだろう。次第に静まるだろうとオーストラリアやニュージーランド当局が考えたとしても、そうはいかない」と述べた。また、豪連邦警察がスティーブ・アーウィン号の捜索を行ったことについて「豪政府は日本からの圧力につぶれた」と強く非難した。

脚注[編集]

  1. ^ “豪上院選、緑の党が躍進” (日本語). 読売新聞. (2010年8月22日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100822-OYT1T00583.htm 2010年8月22日閲覧。 
  2. ^ Greens website The Australia Greens: State sites”. 2007年5月1日閲覧。

外部リンク[編集]