代議院 (オーストラリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
代議院
House of Representatives
紋章もしくはロゴ
種類
種類 オーストラリア連邦議会下院
役職
議長 アンナ・バーク
労働党
2012年10月9日より現職
構成
定数 150
Current Structure of the House of Representatives
院内勢力
   労働党 (71)
   自由党 (44)
   自由国民党 (20)
   国民党 (6)
   緑の党 (1)
   KAP (1)
   無所属 (5)
選挙
選挙制度 小選挙区優先順位付投票制
前回選挙 2010年オーストラリア連邦議会総選挙
議事堂
Australian House of Representatives - Parliament of Australia.jpg
オーストラリア首都特別地域キャンベラ
ウェブサイト
House of Representatives

代議院(だいぎいん、英語: House of Representatives)は、オーストラリア連邦議会を構成する議院下院)。

概要[編集]

定数[編集]

できる限り元老院定数の2倍と規定される[1]。現在の定数は150人

各州の定数は、基本州が最低5人の定数を確保し、その人口比例で決定する[2]。特別地域は人口に関わらず、最低1人の定数を確保している[3]

州別の議員定数

(146)
ニューサウスウェールズ州 050
ヴィクトリア州 037
クイーンズランド州 027
西オーストラリア州 015
南オーストラリア州 012
タスマニア州 005
特別地域
(4)
首都特別地域 002
ノーザンテリトリー 002
定数 150

選挙[編集]

優先順位付投票制の例

小選挙区優先順位付投票制によって行われる[4]。優先順位付投票制とは、投票者は候補者に優先順位を付けて投票し、優先順位が低い候補者は落選し、落選候補者は残りの候補者に移譲される。小選挙区制で行われるため、優先順位が過半数の得票で当選する。

選挙資格と被選挙資格[編集]

  • 選挙資格:次の2つの条件を満たす者[5]
  1. オーストラリア国民または1984年1月26日までに選挙人登録をしたイギリス国民。
  2. 18歳以上。
  • 被選挙資格:18歳以上のオーストラリア国民[6]

義務投票制を採用している。選挙人資格を有する者は、選挙人登録と投票を義務付けられ、違反した場合は罰金を課せられる[7]

任期[編集]

任期3年だが、代議院解散の場合には期間満了前に終了する。

院内勢力[編集]

院内勢力別所属議員数
院内勢力 議員数 政党(議員数) 議席率 Australian House of Reps April 2012 Rect.svg
与党 0071 オーストラリア労働党(71) 047.33%
野党
保守連合
0072 オーストラリア自由党(44) 048.00%
クイーンズランド自由国民党(20)
オーストラリア国民党(6)
西オーストラリア国民党(1)
地方自由党(1)
野党
(その他)
0002 オーストラリア緑の党(1) 000.67%
Katter's Australian Party(1) 000.67%
無所属 0005 無所属(5) 003.33%
合計 0150 100.00%
代議院構成別議席数(2012年4月現在)

過去の選挙結果[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オーストラリア連邦憲法第24条第1項。
  2. ^ オーストラリア連邦憲法第24条第2項。
  3. ^ オーストラリア連邦選挙法第48条。
  4. ^ オーストラリア連邦選挙法第239・240条。
  5. ^ オーストラリア連邦選挙法第93条。
  6. ^ オーストラリア連邦選挙法第163条。
  7. ^ オーストラリア連邦選挙法第101・245条。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]