ボブ・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボブ・ブラウン

ボブ・ブラウン英語: Bob Brown1944年12月27日 - )は、オーストラリア緑の党の党首で、同性愛者であることをカミングアウトした同国初の国会議員である。

経歴[編集]

ニューサウスウェールズ州オベロンに生まれた。シドニー大学医学部を卒業し、1972年にタスマニア州で開業医となった。1996年に初めて連邦上院議員の選挙に出馬し、当選した。2001年の選挙でも再選され、2003年に始まったイラク戦争に対する方針を巡ってジョン・ハワード政権の方針に反対した。チベット東ティモールなどの人権問題にも取り組んでいる。2007年の選挙でも再選された。

反捕鯨団体シーシェパードを支持していることでも知られ、ブラウンの地元タスマニア州は、同団体が南極海で行う反捕鯨活動の拠点となっている[1]

著書[編集]

  • Wild River 1983年
  • Lake Pedder 1986年
  • Tarkine Trails 1994年
  • The Greens 1996年
  • Memo For A Senor World 2004年
  • Tasmania’s Recherche Bay 2005年

出典[編集]

  1. ^ 岡崎哲 (2010年8月23日). “豪、与野党が多数派工作 総選挙 緑の党・無所属に接触”. 読売新聞 

公式サイト[編集]

公式サイト