緑の同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 フィンランドの政党
緑の同盟

Vihreä liitto
Gröna Förbundet
党首 Ville Niinistö
創立 1987年2月28日
本部 ヘルシンキ
党員・党友数  (2011年) 7,000[1]
政治的思想 みどりの政治
Green liberalism
社会自由主義
Pro-Europeanism
政治的立場 中道中道左派[2]
国際連携 グローバルグリーンズ
欧州連携 欧州緑の党
欧州議会会派 欧州緑グループ・欧州自由連盟
公式カラー Green
国会
10 / 200
欧州議会
2 / 13
自治体議会
323 / 9,674
公式サイト
http://www.vihreat.fi/
フィンランドの政治
政党一覧
選挙

緑の同盟(みどりのどうめい、フィンランド語:Vihreä liittoスウェーデン語:Gröna Förbundet)はフィンランド環境政党。現在の党首アンニ・シンネマキ

歴史[編集]

1987年2月28日に結党し翌年に政党として登録される。政治活動自体は1980年代初頭から既に始まっており、環境運動家やフェミニスト、その他の活動家グループが国内の環境問題に関するキャンペーンを繰り広げていた。1995年にはヨーロッパの環境政党としては初めて国政与党となった。

党は政治運動の中から生まれた経緯から今もなお「連合体」を維持している。当初はロベルト・ミヒェルス寡頭制の鉄則を理由に、一旦型に嵌った組織を創れば少数独裁に陥るとして、政党の設立には活動家の間からも少なからぬ抵抗があった[3]。このため、党としても開放的かつ民主的な意思決定を心掛けている。党設立前の1983年の選挙で2名の当選者(エドゥスクンタでは初の無所属議員でもある)を出したのを皮切りに、1987年には4名に、1991年には10名へと議席を増やし続けた。

1995年の選挙では200議席のうち9議席を得て、社会民主党を中心とする連立政権に与党入りするとともに、ペッカ・ハーヴィストが環境及び開発援助大臣に就任する。1999年の選挙で11議席に増え、引き続き連立内閣に留まったものの、原子力発電所の新設が閣議決定されたのを受け、2002年3月26日に与党を離脱した。また、フィンランドには13議席が割り当てられている2009年の欧州議会議員選挙では、サトゥ・ハッシヘイディ・ハウタラの2名が当選。

2007年4月には4党から構成される連立与党に復帰しており、シンネマキ(労働大臣)とトゥイヤ・ブラックス法務大臣)の2名が閣僚となっている。

地方レベルでは大都市を中心に強い影響力を誇る。2000年に行われた地方議会選挙では、ヘルシンキで2割以上もの得票率を得て市議会第2党に躍り出たほか、議会第3党となる市もあった。一方、農村部とりわけ出稼ぎ労働者を抱える自治体では弱い。

イデオロギー[編集]

緑の同盟はもはや抗議政党でも代替政党でもない。選挙ではの分類を拒絶する候補がいるものの、標準的な党員は自党を左翼同盟と社会民主党との中間に位置付けている模様[4]

脚注[編集]

  1. ^ STT (2011年2月7日). “Vihreiden jäsenmäärä kasvanut räjähdysmäisesti - HS.fi - Politiikka”. HS.fi. 2013年12月23日閲覧。 (フィンランド語)
  2. ^ Lane, Jan-Erik; Svante Ersson (2008). “The Nordic Countries”. In Colomer, Josep Maria. Comparative European politics. Taylor & Francis. p. 260. ISBN 978-0-415-43755-4. http://books.google.com.au/books?id=18aSGqADApUC&pg=PA260. 
  3. ^ Rauli Mickelsson. Suomen puolueet - Historia, muutos ja nykypäivä. Vastapaino 2007, 429 pages.
  4. ^ Elo, Kimmo – Rapeli, Lauri (2008): Suomalaisten politiikkatietämys.

外部リンク[編集]

公式サイト