ウォルト・ロストウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォルト・ロストウ


任期
1966年 – 1969年
大統領 リンドン・ジョンソン
代理官 None
前任者 マクジョージ・バンディ
後任者 ヘンリー・キッシンジャー

任期
1961年 – 1961年
大統領 ジョン・ケネディ
前任者 Office created
後任者 カール・カイセン

出生 1916年10月7日
ニューヨーク州ニューヨークシティ
死亡 2003年2月13日 (年齢86歳)
政党 民主党
配偶者 エルスぺス・ロストウ
子女 ピーター・ロストウ, アン・ロストウ
専業 経済学者, 政治理論家でアドヴァイザー

ウォルト・ホイットマン・ロストウWalt Whitman Rostow, 1916年10月7日 - 2003年2月13日)はアメリカ合衆国経済学者W・W・ロストウと呼ばれることも少なくない。

独自の経済発展段階説を組み立てた。その中の用語である「テイク・オフ(離陸)」は広く人口に膾炙し、一時期経済史の議論にも影響を及ぼした(経済成長史学と呼ばれることもある)。ベスト・アンド・ブライテストの一人であり、ドワイト・アイゼンハワーケネディジョンソン政権の政策決定に深く関与し、イスラエルの核開発計画にも絡む[1]など「アメリカのラスプーチン」と呼ばれた[2]。 法学者でイェール大学教授・政治問題担当国務次官を務めたユージン・ロストウは兄。

略歴・人物[編集]

業績[編集]

  • ウォルト・ロストウの代表作は、『経済成長の過程』(1952年、第2版1960年)と『経済成長の諸段階』(1960年、第2版1971年)である。ロストウは、現在の資本-産出比率が与えられれば、貯蓄率は次第に上昇し、「離陸」できる水準に達すると主張した。例えば、イギリスは1780年代に離陸に達し、アメリカ合衆国は1820年代、フランスとドイツは1850年代か1860年代に達したと考えた。
  • またロストウは、イギリス経済史の研究に力を入れていた。例えば、『19世紀のイギリス経済』(1948年)、共著『イギリス経済の成長と波動』(1953年)、『イギリスの貿易変動』(1981年)等がある。

・また彼は、ベトナム戦争の際にも「一人のゲリラに対し、平均して10人程度の政府軍兵士が必要だが、それを満たそうとすると農村からの強制的な徴兵を引き起こし、結果的に政府側の経済が悪化する」といった言葉を残しており、彼が対ゲリラ戦の遂行の難しさを認識していたことが伺える

著書[編集]

単著[編集]

  • The American Diplomatic Revolution: An Inaugural Lecture Delivered before the University of Oxford on 12 November 1946, (Clarendon Press, 1946).
  • British Economy of the Nineteerth Century, (Clarendon Press, 1948).
  • The Process of Economic Growth, (Norton, 1952).
酒井正三郎北川一雄訳『経済成長の過程』(東洋経済新報社, 1955年)
  • The United States in the World Arena: An Essay in Recent History, (Harper & Row, 1960).
  • The Stages of Economic Growth: A Non-Communist Manifesto, (Cambridge University Press, 1960).
木村健康久保まち子村上泰亮訳『経済成長の諸段階――1つの非共産主義宣言』(ダイヤモンド社, 1961年)
  • View from the Seventh Floor, (Harper & Row, 1964).
寺沢一訳『7階からの観察――アメリカの世界戦略』(ダイヤモンド社, 1965年)
  • Politics and the Stages of Growth, (Cambridge University Press, 1971).
高坂正堯山野博史戸部良一訳『政治と成長の諸段階(上・下)』(ダイヤモンド社, 1975年)
  • The Diffusion of Power: An Essay in Recent History, (Macmillan, 1972).
  • How It All Began: Origins of the Modern Economy, (McGraw-Hill, 1975).
  • Getting from Here to There, (McGraw-Hill, 1978).
坂本二郎足立文彦訳『21世紀への出発――ケインズ経済学を超えて』(ダイヤモンド社, 1980年)
  • The World Economy: History & Prospect, (Macmillan, 1978).
坂本二郎訳『大転換の時代――世界経済21世紀への展望(上・下)』(ダイヤモンド社, 1982年)
  • Why the Poor Get Richer and the Rich Slow Down: Essays in the Marshallian Long Period, (University of Texas Press, 1980).
  • British Trade Fluctuations, 1868-1896: A Chronicle and a Commentary, (Arno Press, 1981).
  • Pre-Invasion Bombing Strategy: General Eisenhower's Decision of March 25, 1944, (University of Texas Press, 1981).
  • The Division of Europe after World War II, 1946, (University of Texas Press, 1981).
  • Europe after Stalin: Eisenhower's Three Decisions of March 11, 1953, (University of Texas Press, 1982).
  • Open Skies: Eisenhower's Proposal of July 21, 1955, (University of Texas Press, 1982).
  • The Barbaric Counter-Revolution: Cause and Cure, (University of Texas Press, 1983).
坂本二郎・安楽威訳『アメリカ経済の復活――来るべきブームへの処方箋』(ダイヤモンド社, 1983年)
  • Eisenhower, Kennedy, and Foreign Aid, (University of Texas Press, 1985).
  • The United States and the Regional Organization of Asia and the Pacific, 1965-1985, (University of Texas Press, 1986).
  • Rich Countries and Poor Countries: Reflections on the Past, Lessons for the Future, (Westview Press, 1987).
  • Essays on a Half-Century: Ideas, Policies, and Action, (Westview Press, 1988).
  • History, Policy, and Economic Theory: Essays in Interaction, (Westview Press, 1990).
  • Theorists of Economic Growth from David Hume to the Present: with a Perspective on the Next Century, (Oxford University Press, 1990).
  • The Great Population Spike and After: Reflections on the 21st Century, (Oxford University Press, 1998).
  • Concept and Controversy: Sixty Years of Taking Ideas to Market, (University of Texas Press, 2003).

共著[編集]

  • The Dynamics of Soviet Society, with Alfred Levin, (Secker & Warburg, 1953).
小野武雄訳『近代ソ連社会史』(国際文化研究所, 1955年)
  • The Growth and Fluctuation of the British Economy, 1970-1850: An Historical, statistical, and Theoretical Study of Britain's Economic Development, 2 vols., with Arthur D. Gayer and Anna Jacobson Schwartz, (Clarendon Press, 1953).
  • The Prospects for Communist China, with R. W. Hatch, F. A. Kierman, Jr., and A. Eckstein, (Chapman & Hall, 1954).
植田捷雄監訳『中共の将来』(一橋書房, 1956年)
  • An American Policy in Asia, with Richard W. Hatch, (John Wiley & Sons, 1955).
  • A Proposal: Key to An Effective Foreign Policy, with Max F. Millikan, (Harper, 1957).
前田寿夫訳『後進国開発計画の諸問題――新しい国際関係への提案』(日本外政学会, 1958年)
  • East-West Relations: Is Detente Possible?, with William E.Griffith, (American Enterprise Institute for Public Policy Research, 1969).
  • National Energy Policy: An Interim Overview, September 12, 1977, with W. L. Fisher and H. H. Woodson, (Council on Energy Resources, University of Texas at Austin, 1977).

編著[編集]

  • The Economics of Take-off into Sustained Growth: Proceedings of a Conference held by the International Economic Association, (Macmillan, 1963).

出典[編集]

  1. ^ http://www.wilsoncenter.org/walt-rostow
  2. ^ Milne, David (2008). America's Rasputin: Walt Rostow and the Vietnam War. New York: Hill and Wang. ISBN 978-0-374-10386-6. 
  3. ^ 三輪裕範『ローズ奨学生―アメリカの超エリートたち』(文藝春秋, 2001年)
  4. ^ http://www.american.edu/spa/ccps/upload/Tama-Eisenhower-paper.pdf http://www.american.edu/spa/ccps/upload/Tama-Eisenhower-paper.pdf
  5. ^ http://www.cia-on-campus.org/mit.edu/max.html http://www.cia-on-campus.org/mit.edu/max.html

参考文献[編集]

  • デイヴィッド・ハルバースタム『ベスト&ブライテスト(全3巻)』(浅野輔訳, サイマル出版会, 1976年)
  • David Milne, "'Our Equivalent of Guerrilla Warfare': Walt Rostow and the Bombing of North Vietnam, 1961-1968," The Journal of Military History 71:1 (January. 2007).
  • 中島琢磨「初期佐藤政権における沖縄返還問題」『法政研究(九州大学)』73巻3号(2006年)[1]
  • 後藤乾一「1960年代沖縄返還交渉と首相『特使』若泉敬――米大統領特別補佐官W・ロストウとの接触・交渉を中心に」『アジア太平洋討究(早稲田大学)』11号(2008年)[2]

関連項目[編集]

公職
先代:
ジョージ・マクギー
アメリカ合衆国国務省参事官
1961年
次代:
ロバート・ボウイ
先代:
マクジョージ・バンディ
アメリカ国家安全保障問題担当大統領特別補佐官
1966年 - 1969年
次代:
ヘンリー・キッシンジャー