イケア・カタログ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イケア・カタログ (: IKEA Catalogue, : IKEA Catalog) は、スウェーデンに拠点を置く小売業者、イケアによって毎年発刊されるカタログである。1951年に、スウェーデン語で最初に発行され[1]、カタログは、会社のマーケティングにおいて重要だと考えられており、2004年時点ではその年のマーケティング予算のうち、70%が費やされている[2]。2013年度には、世界中で、約2億800万冊が印刷され、同じ年に印刷されると予想されるベストセラー本の2倍以上である[3]。2013年度では、43カ国で、62版のカタログが作成された[3]。2010年度版は、30言語で発行されている[4]

約12,000の製品を載せ、300ページ以上のカタログは、メールや店内で配布される[5]。各カタログの版は、コンセプトから最後の生産までに約10ヶ月の期間を要する[3]。カタログのほとんどは、スウェーデンのイケア第1号店があるエルムフルトのイケア・コミュニケーションズABで生産される。イケア・コミュニケーションズには、8,000㎡の大きさの、北欧最大のフォトスタジオがある[1]。2012年時点で、スタジオでは、写真撮影でフルタイムで働く、写真家、大工、インテリア・デザイナーなど、285人の人材を雇用している[3]。カタログは、10〜15%が再生紙の塩素フリーペーパーに印刷されている[6]

イケアは、2006年版カタログの小さな木製の椅子の単一のコンピュータイメージを置き、2005年にComputer Generated Imageryで実験を始めた。IKEAの写真家長、アンネリ・シェーグレンによれば、顧客は椅子がインターネットで作成されていることに気づかなかったという。2013年版では、イケアのカタログ、パンフレット及びウェブサイトの画像の12%をコンピュータにより作成している。このような画像は、翌年には25%にもなると予想される[3]拡張現実は、2013年版カタログに導入された。携帯機器でカタログをスキャンすることにより、家具コンパートメント、ビデオ、ガイド及び他のインタラクティブなコンテンツの「X線」にアクセスできる[7]

カナダの放送局、CTVによれば、「イケアの出版物は、オンラインに続きカルト的な発展を遂げてきた。読者は、神秘的な猫の絵、ミッキーマウスと思われる言及、カタログを乱す多くの棚の不思議な本を見つけ、奇妙な種類の1つとしている」[8]。2012年10月、イケアは、2013年版のサウジアラビアのカタログから、女性の写真を除き、非難された[9][10]

イケアはさらに、定期的にスタイルマガジンを発行して売り、「イケア・ファミリー・ライブ」というタイトルで、カタログの補足として、13言語版がある。イギリスの英語版は、2007年2月に、500,000以上の予約があった[11]

発行言語版一覧[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b IKEA Catalogue printable facts”. IKEA United Kingdom (2003年9月). 2012年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月29日閲覧。
  2. ^ IKEA student info”. IKEA United Kingdom. 2004年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e Hansegard, Jens (2012年8月23日). “IKEA's New Catalogs: Less Pine, More Pixels”. The Wall Street Journal. オリジナル2012年9月2日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6ANWGZaii 2012年9月2日閲覧。 
  4. ^ Sustainability Report 2011”. IKEA (2011年). 2012年9月2日閲覧。
  5. ^ IKEA Q&A section, on the Swedish language site”. 2013年3月29日閲覧。
  6. ^ FAQ”. IKEA. 2012年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月2日閲覧。
  7. ^ Ikea's Augmented Reality Catalog Will Let You Peek Inside Furniture”. 2012年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月24日閲覧。
  8. ^ “'Unfortunate' photo wasn't tampered with: IKEA”. CTV. (2006年8月25日). オリジナル2011年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110629093238/http://www.ctv.ca/CTVNews/World/20060825/ikea_photo_060825/ 2007年8月29日閲覧。 
  9. ^ Molin, Anna (2012年10月1日). “IKEA Regrets Cutting Women From Saudi Ad”. The Wall Street Journal. オリジナル2012年10月6日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6BDGNCjVj 2012年10月6日閲覧。 
  10. ^ “Ikea criticised for airbrushing women out of Saudi catalogue”. The Daily Telegraph. (2012年10月1日). オリジナル2012年10月6日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6BDGA0H7K 2012年10月6日閲覧。 
  11. ^ Farey-Jones, Daniel (2006年7月5日). “Ikea to introduce UK magazine in February”. Brand Republic. Haymarket Business Media. 2012年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月2日閲覧。

外部リンク[編集]