すしお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

すしお(本名:石崎 寿夫(いしざき としお)、1976年11月5日 - )は、トリガーに所属する男性アニメーターイラストレーター埼玉県和光市出身[要出典]。血液型はB型。埼玉県立朝霞西高卒業。

人物[編集]

代々木アニメーション学院を経てガイナックスに入社。初動画作品は『新世紀エヴァンゲリオン』。同社作品の『まほろまてぃっく』で初の作画監督を担当し、同年には『サクラ大戦 活動写真』にて連名ながら劇場アニメの作画監督も務めた。劇場版『ONE PIECE』や『おジャ魔女どれみ』シリーズなど東映アニメーション作品にも多く参加している。『キスダム -ENGAGE planet-』では自身初のテレビアニメ作品のキャラクターデザインを務めた。

長らく、ガイナックスの主要スタッフの一人として在籍していたが、2011年に師のような存在である今石洋之らが新たにアニメ制作会社トリガーを設立したのに合わせて退社。トリガー所属アニメーターとなり、トリガー制作としては初のTVシリーズ作品「キルラキル」のキャラクターデザインを手がける事になる。

作画ではアクションやエフェクトなどを得意とし、その画力は業界内でも注目されている[1]

逸話[編集]

  • 影響を受けたアニメーターとして吉成曜今石洋之森久司等を挙げている。特に吉成曜は自らが最も敬愛するアニメーターであると公言しており、その影響も大きい。
  • 好きなアニメには『AKIRA』を挙げ、子供の頃から繰り返し模写したという。あまりにもAKIRAを何度も観るので母親から「AKIRA禁止令」が出たほどである。
  • 今ではアクションシーンなどを数多く手がけるアニメーターだが、ガイナックス入社当初は、動きに興味は無く、可愛い女の子を描きたいと思っていた。しかし、ミクロマンでの今石洋之の作画を直に見た事により感銘を受け、動きに興味を持つようになったとのことである。
  • ONE PIECEに強くハマっていた時期もあり、初作監を務めた「まほろまてぃっく」4話において、モブキャラの不良がその影響で「ワンピっぽくなってる。」とのこと。
  • ONE PIECE ねじまき島の冒険に参加した際には、絵柄がTV版と違い過ぎる事からスタッフと揉めたとのこと。しかし、その件を聞いた細田守は、どんなことがあってもすしおをONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島の作画監督にしようと決めたという。細田守は「すしおさんの絵の方が原作に似ていると思ったし、スタッフともめるくらい原作に愛情を持っていると思ったから。僕はどうしてもすしおさんの『ONE PIECE』を観たかったんだよね。」とも発言している。[2]
  • 天元突破グレンラガンでは、キャラクターの死亡シーンを数多く担当した。TV版ではカミナ、チミルフ、ジョーガン、バリンボー、キタン、ロージェノムの最期のシーンの原画を手掛け、劇場版でも、シトマンドラ、ロージェノム、アンチスパイラルの最期を新たに描いている。他にも、グレンラガンではロージェノムと、彼の機体ラゼンガンの活躍するシーンの多くを手掛け、他のスタッフからは「ロージェノムアニメーター、ラゼンガンアニメーターの名を欲しいままにしている。」と言われた。[3]
  • 近年はももいろクローバーZに傾倒しており、自身のツイッター上で、イラストを多数投稿し、公式でも衣装デザインを手がけるなどしている。
  • 同人活動も行っており、主に自身のイラストや、原画などを掲載している。
  • 過去に別名義で本名を名乗るときと石崎すしおがあったが、現在はすしお名義で統一。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「Newtype」2006年2月号参照。
  2. ^ [http://www.style.fm/as/13_special/mini_050817.shtml 『ONE PIECE ―オマツリ男爵と秘密の島―』 細田守インタビュー(3)
  3. ^ 「天元突破グレンラガン」15話のDVD特典のコメンタリーより。

外部リンク[編集]