UEFA EURO 2016決勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UEFA欧州選手権 > UEFA EURO 2016 > UEFA EURO 2016決勝
UEFA EURO 2016決勝
大会名 UEFA EURO 2016
延長戦
開催日 2016年7月10日
会場 スタッド・ド・フランス(サン=ドニ)
最優秀選手 ポルトガルの旗 ペペ
主審 イングランドの旗 マーク・クラッテンバーグ[1]
観客数 75,868人[2]
天気 晴れ
気温:28℃
湿度:38%[3]
2012
2020

UEFA EURO 2016決勝は2016年7月10日(中央ヨーロッパ夏時間)にフランスサン=ドニスタッド・ド・フランスで開催された、UEFA EURO 2016の決勝戦である。

試合前[編集]

ジネディーヌ・ジダンを擁し、決勝で延長ゴールデンゴール方式により劇的な逆転勝利を収めた2000年大会以来4大会ぶり3度目の優勝を狙う開催国フランスと、開催国として出場し準優勝に終わった2004年大会以来2度目となる決勝進出を果たしたポルトガルのマッチアップになった。両者は過去24回対戦したことがあり、通算成績はフランスの18勝1分け5敗である。

決勝までの道のり[編集]

開催国フランスはグループAで開幕2連勝を飾り、早々と決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメントはドイツイタリアスペインイングランドといった強豪国がひしめく「死の山」だったが、イングランドがアイスランドに敗れる波乱、イタリア・スペイン・ドイツによる潰しあい[注 1]もあり、強豪国との対戦は準決勝のドイツ戦のみ。その準決勝はエースのアントワーヌ・グリーズマンの2ゴールによって2-0で勝利するなど難なく勝ち進み、満を持して決勝に駒を進めた。

一方のポルトガルはグループステージから苦戦。格下とみられていたアイスランド、オーストリアを相手に引き分けて、負ければグループステージ敗退となる最終節のハンガリー戦で3度リードを許したがエースのクリスティアーノ・ロナウドの2ゴール1アシストの活躍で3度追いつき3-3の引き分け。3分けでグループF3位となり、各組3位チーム同士の比較が3位[注 2]でなんとか決勝トーナメント進出を決めた。さらにラウンド16のクロアチア戦は相手に倍のシュートを打たれるも延長後半14分のリカルド・クアレズマのゴールで勝利。続くポーランド戦はPK戦の末勝利。続く準決勝のウェールズ戦こそ2-0で完勝したものの90分で勝利した試合はこの1試合のみ、6試合およそ600分を戦って相手をリードしていた時間はわずか62分[注 3]という状況で決勝に進出した。

ポルトガル 試合 フランス
対戦相手 結果 グループステージ 対戦相手 結果
アイスランドの旗 アイスランド 1 - 1 第1節 ルーマニアの旗 ルーマニア 2 - 1
オーストリアの旗 オーストリア 0 - 0 第2節 アルバニアの旗 アルバニア 2 - 0
ハンガリーの旗 ハンガリー 3 - 3 第3節 スイスの旗 スイス 0 - 0
グループF 3位
チーム
 ハンガリー 3 1 2 0 6 4 +2 5
 アイスランド 3 1 2 0 4 3 +1 5
 ポルトガル 3 0 3 0 4 4 0 3
 オーストリア 3 0 1 2 1 4 −3 1
順位表
グループA 1位
チーム
 フランス 3 2 1 0 4 1 +3 7
 スイス 3 1 2 0 2 1 +1 5
 アルバニア 3 1 0 2 1 3 -2 3
 ルーマニア 3 0 1 2 2 4 -2 1
対戦相手 結果 決勝トーナメント 対戦相手 結果
クロアチアの旗 クロアチア 1 - 0 (延長) ラウンド16 アイルランドの旗 アイルランド 2 - 1
ポーランドの旗 ポーランド 1 - 1 (延長) (5–3 PK) 準々決勝 アイスランドの旗 アイスランド 5 - 2
ウェールズの旗 ウェールズ 2 - 0 準決勝 ドイツの旗 ドイツ 2 - 0

試合[編集]

詳細[編集]

ポルトガル
フランス
GK 1 ルイ・パトリシオ 120+3分に警告 120+3分
RB 21 セドリック・ソアレス 34分に警告 34分
CB 3 ペペ
CB 4 ジョゼ・フォンテ 119分に警告 119分
LB 5 ラファエル・ゲレイロ 95分に警告 95分
DM 14 ウィリアム・カルヴァーリョ 98分に警告 98分
RW 16 レナト・サンチェス 79分に交代退場 79分
AM 23 アドリエン・シウバ 66分に交代退場 66分
LW 10 ジョアン・マリオ 62分に警告 62分
CF 17 ナニ
CF 7 クリスティアーノ・ロナウド キャプテン 25分に交代退場 25分
控え
FW 20 リカルド・クアレスマ 25分に交代出場 25分
MF 8 ジョアン・モウティーニョ 66分に交代出場 66分
FW 9 エデル 79分に交代出場 79分
監督:
フェルナンド・サントス
POR-FRA 2016-07-10.svg
GK 1 ウーゴ・ロリス キャプテン
RB 19 バカリ・サニャ
CB 21 ローラン・コシールニー 107分に警告 107分
CB 22 サミュエル・ユムティティ 80分に警告 80分
LB 3 パトリス・エヴラ
RM 18 ムサ・シソコ 110分に交代退場 110分
CM 15 ポール・ポグバ 115分に警告 115分
CM 14 ブレーズ・マテュイディ 97分に警告 97分
LM 8 ディミトリ・パイェ 58分に交代退場 58分
SS 7 アントワーヌ・グリーズマン
CF 9 オリヴィエ・ジルー 78分に交代退場 78分
控え
MF 20 キングスレイ・コマン 58分に交代出場 58分
FW 10 アンドレ=ピエール・ジニャック 78分に交代出場 78分
FW 11 アントニー・マルシャル 110分に交代出場 110分
監督:
ディディエ・デシャン

MVP:
ポルトガルの旗 ペペ
副審[1]:
イングランドの旗 サイモン・ベック
イングランドの旗 ジェイク・コリン
第4審判[1]:
ハンガリーの旗 カッシャイ・ヴィクトル
追加副審[1]:
イングランドの旗 アンソニー・テイラー
イングランドの旗 アンドレ・マリナー
予備審判[1]:
ハンガリーの旗 リング・ジョルジュ

脚注[編集]

  1. ^ ラウンド16でイタリアとスペインが、準々決勝でイタリアとドイツがそれぞれ直接対決。
  2. ^ 上位4チームまでが決勝トーナメントへ進出できる
  3. ^ フランスは6試合およそ540分のうち167分相手をリードしていた

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f クラッテンバーグ氏がEURO決勝の主審に”. UEFA (2016年7月8日). 2016年7月9日閲覧。
  2. ^ a b Full Time Report - Portugal v France (PDF)”. UEFA. Union of European Football Associations (2016年7月10日). 2016年7月11日閲覧。
  3. ^ Tactical Line-ups (PDF)”. UEFA. Union of European Football Associations (2016年7月10日). 2016年7月11日閲覧。

外部リンク[編集]