Okular

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Okular
Breezeicons-apps-48-okular.svg
Okularkde4.png
KDE 4上でPDFファイルを表示しているOkular
開発元 Okular Team
最新版 1.4 - 2018年4月19日(6か月前) (2018-04-19[1][±]
リポジトリ anongit.kde.org/okular
プログラミング言語 C++ (Qt)
対応OS LinuxUnix系WindowsmacOS
プラットフォーム クロスプラットフォーム (KDE)
サポート状況 開発中
種別 汎用ドキュメントビューア
ライセンス GNU General Public License
公式サイト Okular Homepage
テンプレートを表示

Okular(オクラー)とは、KDE SC 4に搭載されているドキュメントビューアである。KPDFをベースとし、KPDF、KGhostViewKFaxKFaxviewKDVIを統合して置き換えたソフトウェアである。他のソフトウェアに機能を移植することが可能。

Okularは2005年に開催されたGoogle Summer of Codeに向けて始められ、Piotr Szymanskiがソフトウェアの開発を行った[2][3]

サポートするフォーマットを以下に挙げる[4]

脚注[編集]

  1. ^ Okular - more than a reader - Development News”. 2018年4月27日閲覧。
  2. ^ KDE Developer's Corner - Google Summer of Code 2005 Projects
  3. ^ KDE Developer's Corner - oKular
  4. ^ Okular - more than a reader - document format handlers status
  5. ^ KDE Applications 17.12.0 Full Log Page”. KDE. 2018年6月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]