KConfig XT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

KConfig XTアプリケーションの設定を保存したり取得するためのフレームワークである。

概要[編集]

KConfig XT は KDE 3.2 で導入された[1]フレームワークであり、主に KDE アプリケーションで利用されている。

開発者は XML 形式の .kcfg ファイルと ini に似た形式の .kcfgc ファイルを作成し、.kcfg ファイルと .kcfgc ファイルを引数として kconfig_compiler を実行する。kconfig_compiler が生成した C++ のソースファイル内では KConfigSkeleton クラス継承するクラスが宣言されている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]