Soprano (KDE)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Soprano
開発元 Mandriva から後援を受けた Daniele Galdi と Sebastian Trueg
対応OS クロスプラットフォーム
種別 RDF フレームワーク
ライセンス GNU Lesser General Public License
公式サイト http://soprano.sourceforge.net/
テンプレートを表示

SopranoRDF データに対するオブジェクト指向の C++/Qt4 フレームワークを提供するソフトウェアライブラリである。Soprano は NEPOMUK プロジェクト下のサブプロジェクトとして作成され、KDE 4 におけるセマンティックデスクトップの一部を形成することになる[1]。Soprano は(格付け、タグやコメントのような)NEPOMUK サーバによって生成された情報を保存するリポジトリとして機能し、よりよい検索結果を出すために Strigi によってそれに索引が付けられる[2]

特徴[編集]

  • 五つの異なる種類のプラグインと、そのシンプルなプラグインの設計
  • リモートで RDF ストレージを走らせることができるサーバ/クライアントアーキテクチャ。TCPUnix ソケットD-Bus 越しのコミュニケーションに対するインターフェイスが提供されている。
  • Doxygen を使って API が完全に文書化されている

 脚注[編集]