KDEディスプレイマネージャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KDE ディスプレイマネージャ(KDM)
Screenshot of the KDE Display Manager.jpg
KDM のスクリーンショット
開発元 KDE
最新版 4.5
対応OS Unix系
種別 Xディスプレイマネージャ
ライセンス GPL
公式サイト www.kde.org
テンプレートを表示

KDE ディスプレイマネージャ(ケーディーイーディスプレイマネージャ、KDM、ケーディーエム)は Unix系 OS を使っている コンピュータ のグラフィカルログインインターフェイスである。

機能[編集]

KDM は、X Window System に標準装備のXディスプレイマネージャ XDM を KDE SC において置き換えるものである。KDM によりユーザはログイン毎にセッションの種類を選べる。KDE SC と同じく、Qt ツールキットが利用されており、KDE 3KDE コントロールセンターまたは KDE SC 4KDE システム設定から設定できる。テーマやユーザの写真を設定することも可能。

シンプルな KDE ログインダイアログボックスには左側にユーザのリストが表示され、そこにはユーザ名、オプションで「実名」やユーザか管理者が選んだ小さな写真も含まれる。リストの右側はあいさつの言葉と写真である。これらの項目は KDEコントロールセンター を使ってカスタマイズできる。ユーザはこの写真をアナログ時計に置き換えることもできる。写真/時計の下はユーザ名パスワードテキストボックスである。一部のシステムでは、パスワード入力領域の下でセッション選択箇所があり、そこでは KDEGNOME あるいはシンプルな端末などユーザの使いたいセッションの種類を選択できる。一番下には、コンピュータのシャットダウンや再起動、Xサーバの再起動あるいはユーザを管理するツールの起動を行う命令を提供するボタンが並んでいる。

KDM にはオプションの自動ログイン機能がある。これは本質的に危険なものだが、一部のユーザが求めるため実装された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]