LibTIFF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LibTIFF
開発元 Sam Leffler, Frank Warmerdam et al.
最新版 4.0.3 / 2013年9月22日
対応OS Unix系Microsoft Windows
種別 グラフィックスライブラリ
ライセンス LibTIFF Software License
公式サイト http://www.remotesensing.org/libtiff/
テンプレートを表示

LibTIFFは、TIFF形式のファイルを扱うために作成されたフリーのソフトウェアライブラリである。ソース、バイナリ、ツールが一つにまとめられて配布されている。32ビット、64ビット環境で利用できる(設定すれば16ビット環境でも可)。C言語環境を必要とする。

LibTIFFを用いることによってTIFF画像を複数の抽象化されたレイヤーにおいて扱うことが可能となり、TIFFイメージを圧縮スキーマや色空間によらずABGRカラーの8ビット画像として読み込めるようになる。また、画像の走査線やタイル、もしくは帯志向のインターフェイスを用いて解凍されたデータを返したり、単純な例だと、圧縮されていない帯またはタイルを読み込み、ファイルに含まれているそのままのデータを返したりすることができる。

関連項目[編集]

  • Okular:LibTIFFを用いた文書ビューア。KDE 4に搭載されている。
  • TIFF

外部リンク[編集]