A KITE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

A KITE』(ア カイト)は、1998年2月25日グリーンバニーより発売された全2巻のアダルトアニメ

後にアダルトシーンを削除し、アクション要素を強めたR指定のインターナショナルバージョンも発売された。

なお、本項では続編『KITE LIBERATOR』(カイト リベレイター)や実写版『カイト/KITE』についても記述する。

概要[編集]

両親を殺された少女が、その犯人のもとで殺し屋として育てられ、運命に翻弄される姿を描いた作品。『A KITE』という題名は、主人公である殺し屋・砂羽と依頼主である赤井の間にある見えない糸を凧に見立ててつけられたものである[1]おたぽるのレビューによれば、1998年のアダルトアニメとしては予算が高くなかったはずなのに一定のクオリティが保たれていることや、殺し屋が主人公であるがゆえのゴアシーンにおける血液の重みのある描写も、評価の一因となっている[2]

物語の舞台は日本だが、赤井たちのアジトが欧米スラム街にしか見えない場所にあるなど、洋画を意識した無国籍風の作風とガンアクションをはじめ映像クオリティの高さから、日本国内はもとよりハリウッドで多大な支持を得たため、現地での実写映画化が決定した[3]。詳細については#実写版を参照。

なお、実写版日本公式サイトによれば、上記の要素にエロティシズムが絡む過激さから、多くの国では上映禁止か検閲上映となった模様である。

2002年、『トリプルX』のプロモーションで来日したロブ・コーエン監督は「最近の日本の映画で好きな作品、監督を教えて下さい」という質問に「アニメーションだが、ミスター梅津の『KITE』、彼の作品の世界観は素晴らしい」と答えた[4]

制作[編集]

おたぽるのインタビューによれば、梅津は少女による復讐を題材としたオリジナルアニメの企画を考えていたが、一般向けの作品としては通りにくいため、性的なシーンを入れることで購買層を確保できると考え、18禁向けの企画として『A KITE』の企画を提出したそうである[1]。また、「『A KITE』は自分が子供だった1970年代の時代劇や刑事ドラマを核としているが、自分の映画の嗜好や当時のアニメ業界の決まり事や演出に対するアンチテーゼも入れて制作した」と述べている[1]

あらすじ[編集]

女子高生と殺人請負人、2つの顔を持つ美少女・砂羽。表と裏の世界を巧みに使い分ける大人たちの淫靡な呪縛から逃れられず、泥沼の世界に生きる砂羽が唯一心を許せる存在は、同じ世界に生きる謎の少年・音不利のみだった。2人は互いに同じ性分を感じながら惹かれ合うが、ある日を境に砂羽は組織との決別に走った音不利の始末を命じられ、彼へ銃口を向けることとなる。儚いと知りながらも愛情を育むか、それとも殺し屋の掟を優先するか。やがて、物語は冷酷なクライマックスを迎える。砂羽はすべてを終わらせると、どこへともなく去っていった。

登場人物[編集]

砂羽(さわ)
- 鳴瀬琴美
本作の主人公。12歳の時、赤井に両親を惨殺され、彼のもとへ引き取られた。仇が赤井であることを知らないふりをしながら、彼への復讐のためにあえて手解きを受け、殺人請負人となる。赤井には彼の作成した赤い銃「レッドクラブ」(着弾して少し経ってからその箇所が爆発するという描写は、おたぽるのレビューによれば後年のテレビアニメ『PSYCHO-PASS』に登場する銃・ドミネーターに例えられている[2])による射殺などの殺人術を仕込まれる一方で女としても開発されており、夜な夜な性欲の捌け口として扱われては赤井の好む反応を返しているが、前述の理由から内心では耐え続けている。
音不利(おぶり)
声 - 小山田慎吾
謎の殺人請負人の少年。一刻も早く自由の身になれる日を待っている。砂羽をして「手ごわい」と言わしめる腕前。
赤井(あかい)
声 - 渋沢五郎
殺人依頼人の1人で、表の顔は警察の鑑識課職員。かつて砂羽の両親を惨殺して彼女を引き取り、殺人術を仕込むと共に女として開発した。現在では、砂羽に殺人を行なわせる一方で夜な夜な性欲の捌け口として扱ったり、彼女に足が付かないように自らの立場を利用して現場を細工するなど、さらなる非道の限りを尽くす。そのため、クライマックスには決起した砂羽によってレッドクラブで射殺されるという、因果応報の最期を迎えることとなる。
なお、砂羽を性欲の捌け口として扱う際の一方的な描写から、続編『KITE LIBERATOR』では彼女の子供の父に当たることがうかがえるが、同作の公式サイトでは後付けの設定によって匂わせる程度にとどまっている。詳細は#登場人物 (KITE LIBERATOR)を参照。
蟹江(かにえ)
声 - 的場辰夫
赤井の仲間で、砂羽と音不利に殺害依頼を伝える斜視の男。ファーストフード好き。赤井と同じく、女性を性欲の捌け口としか見ていない。

スタッフ[編集]

作品リスト[編集]

特記の無いものは18禁。

  • A KITE VOL.1(VHS:1998年2月25日発売 / DVD:1998年7月25日発売)[5]
  • A KITE VOL.2(VHS:1998年10月25日発売 / DVD:1998年12月18日発売)[6]
  • A KITE INTERNATIONAL VERSION(VHS/DVD:2000年7月25日発売)[7]
    • VOL.1とVOL.2を合わせて再編集したインターナショナル版。セックスシーンが削除されてR指定となったほか、英語吹き替えとなっている。
  • A KITE PREMIUM COLLECTORS VERSION(DVD:2007年12月21日発売)[8]
    • 『KITE LIBERATOR』の製作を記念し、VOL.1とVOL.2とINTERNATIONAL VERSIONを1パッケージに収録した廉価版。『KITE LIBERATOR』の先行プロモーション映像が収録されている。
  • A KITE Special Edition(BD/DVD:2015年4月3日発売)[9]
    • 実写版の公開を記念し、VOL.1とVOL.2を1パッケージに収録した廉価版。陰部モザイク処理は、極小モザイクにリニューアルされている。実写版のメイキング映像(約15分)と予告編(1分版)に加え、同年4月24日に発売予定の『MEZZO FORTE Special Edition』の予告編(1分半)が収録されている。

備考[編集]

MEZZO FORTE』にも、砂羽と赤井が登場している。本作との間に世界観や設定のつながりは存在しないため、梅津監督の遊び心による登場である。なお、『MEZZO FORTE』での赤井は、DSAの黒川と浅からぬ因縁にある模様である。

ノー・ダウトの楽曲『エックス・ガールフレンド英語版』のPVは、本作を基にしている。

KITE LIBERATOR[編集]

概要 (KITE LIBERATOR)[編集]

KITE LIBERATOR』(カイト リベレイター)は、2008年3月21日に発売された一般向けのOVAであり、『A KITE』の続編にあたる。本編57分。

2007年9月27日には、コミックヴァルキリー誌上にて漫画版が連載開始。その単行本は2008年9月30日に発売。また、2007年10月25日には、第20回東京国際映画祭自主企画「animecs TIFF 2007」にてダイジェスト版(20分)が上映された。

主人公が前作に登場した特殊な銃を使う、砂羽が正体を隠して偽名で登場するなど、前作の世界観や設定を引き継いだ続編である一方、主人公の父が宇宙ステーション内で薬物によって怪物化してしまうなど、前作には無かったSFホラー要素なども盛り込まれている。

もともと40分の尺で制作する予定だったが、それに収まりきらないとの判断で57分になった[10]。そのために当初から続編の構想があり、アメリカではDVDの好評を受けてオファーもあった模様[11]だが、その後も続編に関する具体的な発表はなされていない。

あらすじ (KITE LIBERATOR)[編集]

両親の復讐を遂げた砂羽が行方知れずになってから、数年後。都会の闇には、鮮やかな手口でターゲットを抹殺する死の天使が舞うようになっていた。それは、ごく普通の高校生活を送る少女・野口百南花の裏の顔だった。百南花はかつての砂羽のように、淡々と裏の仕事を遂行していく。一方、宇宙ステーション「クドリャフカ」では、百南花の裏の顔を知らないまま働く父・野口折外が、薬物によって怪物と化してしまう。

登場人物 (KITE LIBERATOR)[編集]

名前の多くは、野口聡一土井隆雄若田光一ユーリイ・ガガーリン向井千秋など、宇宙飛行士に由来している。

野口 百南花(のぐち もなか)
声 - 井上麻里奈
本作の主人公。普段は成績優秀だがドジで地味な眼鏡っ子の女子高生で、レストランのアポロ11で深夜までアルバイトをしている。宇宙ステーションで働く父の折外に想いを馳せる毎日を過ごす。抹茶バニラアイスが好物で、「彼氏はいるのか?」と聞かれただけで顔を真っ赤にするほどうぶな一面もある。また、右肩甲骨の下に謎の大きな傷跡がある。しかし、裏の世界ではカラーコンタクトレンズを着用して髪形も変え、「死の天使」と称される凄腕の殺し屋として活動している。
なお、公式サイトの作品紹介の「赤井との因果」とは、百南花が好んで使っている銃はかつて砂羽の持っていたレッドクラブと同一であるという意味である。
野口 折外(のぐち おるど)
声 - 小山力也
百南花の実父で宇宙飛行士。宇宙ステーション「クドリャフカ」で船外活動などをしている。勤務は数年間にも及ぶため、愛娘であり唯一の家族でもある百南花を弟の一象に預け、養育費と誕生日プレゼントを贈り続けていた。物語終盤、カルシウムを多く摂取する薬物と放射線の作用により、怪物と化してしまう。
土井 光一(どい こういち)
声 - 佐藤せつじ
食品大手の巨大企業「デファイ・フード」の宇宙食開発センターチーフ。気弱な男。光一の持ち込んだ、非正規の成分が入っているカレーと放射線により、折外が怪物と化してしまうこととなる。
野口 一象(のぐち いちぞう)
声 - 乃村健次
折外の実弟でタクシー運転手。百南花がアポロ11でウェイトレスのアルバイトをしていることや、裏の仕事については気付いていない。
野口 愛月(のぐち あづき)
声 - 真堂圭
一象の一人娘で、百南花とは従姉妹かつ親友の陽気な女子高生。一象同様、百南花の裏の仕事には気付いていない。
我賀 倫(がが りん)
声 - 森田成一
署轄の生活安全部保安課の若き熱血刑事。行き付けのアポロ11で働く百南花に想いを寄せる。ある日、百南花が未成年であることを知るもそれにかこつけ、デートの約束をする。百南花が死の天使であることには気付いていない。
雨津 都呂九郎(あむづ とろくろう)
声 - 麦人
アポロ11の経営者兼店長。普段は百南花を未成年と知りながら雇っている、右目に眼帯をしたスケベな男であるが、裏の顔は不法銃器の密売や製造ビジネス業を営む商人である。貴知の要望で何やら武器を作っていたらしい。
なお、作中では言及されていないが、赤井の死亡後にレッドクラブを入手して百南花に譲ったという経緯を持つ。
向井 万夏(むかい まなつ)
声 - 岡村明美
アポロ11の従業員で、シングルマザーの強気な美女。人には言えない辛い過去を持つ。
公式サイトの開設当初は正体が砂羽であることや、子供は赤井か音不利の血を引いていることが記述されていたが、それらはすぐに削除された。なお、前作に砂羽と音不利の仲が砂羽と赤井のように肉体関係にまで至ったことを明示する描写は存在しないため、音不利の血を引いている可能性については後付けで設定されたことが示唆されている。
追音 貴知(ついん きち) / 追音 香衣(ついん かい)
声 - ヤスヒロ
世間を震撼させている双子の連続殺人犯。両名とも百南花により殺害される。

スタッフ (KITE LIBERATOR)[編集]

漫画版 (KITE LIBERATOR)[編集]

2008年9月30日発売。作画は小宮利公。ストーリーは漫画オリジナルで、OVA本編よりも前作の世界観に準じた内容となっており、薬物やそれによる怪物化などのエピソードは描かれていない。ISBN 4860326415

実写版[編集]

カイト/KITE
Kite
監督 ラルフ・ジマン
脚本 ブライアン・コックス
原作 梅津泰臣
製作 アナント・シン
ブライアン・コックス
モイセス・コジオ
出演者 インディア・アイズリー
カラン・マッコーリフ
サミュエル・L・ジャクソン
音楽 ポール・ヘプカー
撮影 ランス・ギューワー
編集 ミーガン・ギル
製作会社 Videovision Entertainment
Distant Horizon
Detalle Films
配給 アメリカ合衆国の旗 Anchor Bay Entertainment
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年8月28日
日本の旗 2015年4月11日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
メキシコの旗 メキシコ
言語 英語
興行収入 1400万円[12] 日本の旗
テンプレートを表示

概要(実写版)[編集]

カイト/KITE』(原題: Kite)は、2014年アメリカ合衆国メキシコで共同製作されたアクション映画。監督はラルフ・ジマン。出演はインディア・アイズリーカラン・マッコーリフサミュエル・L・ジャクソン

製作(実写版)[編集]

2011年9月5日梅津泰臣の大ファンを公言しているデヴィッド・エリス監督による実写映画化が進行中であることが報じられた[13]2012年12月18日には、サミュエル・L・ジャクソンが出演することや、撮影南アフリカ共和国ヨハネスブルクで行われることが報じられた[14]

しかし、2013年1月8日には、エリスがヨハネスブルクで急死したことが報じられた[15]。梅津によれば、原作とは別物へ改変された脚本をエリスが元に戻して撮影に入る直前となっていた[16]

同年2月4日にはラルフ・ジマンがエリスの代役に就くこと、インディア・アイズリーが主演であること、カラン・マッコーリフが共演すること、そしてジャクソンが引き続き出演することが報じられた[17]。引き続き出演することに際し、ジャクソンはエリスへの敬意も表している[18]

2013年5月6日には、クランクアップしたことが梅津によって伝えられた[19]。同年5月10日には、アメリカでの配給はワインスタイン・カンパニーが担当することがDeadline.comによって報じられた[20]。また、梅津によれば同年5月15日から5月26日まで開催された第66回カンヌ国際映画祭では予告編が初披露され、日本での配給会社も決定したとのこと[21]

2013年11月2日には、コミカゼ・エキスポ英語版でキャストとスタッフによる特別プロモーションイベントが開催された[22]

2014年4月20日には、アメリカとカナダでの配給のほかソフト化や配信をアンカー・ベイ・フィルムズ英語版が、それ以外での配給をワインスタイン・カンパニーが担当することがDeadline.comなどによって報じられた[23]。その後、同年7月18日ファンタジア国際映画祭でのイベント上映[24][25]を経て、8月28日にアメリカでの公開となった[26]。梅津によれば、日本では同年10月3日IMAGICAで試写が行われた[27]。また、劇場公開は2015年4月11日を予定しており、R15+指定ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーとのこと[28][29][30][31][32][33]

2015年2月12日には、日本公開版の予告編が公開された。過激なシーンが多かったために映画倫理委員会に注意され、大幅な修正を経たものとなっている[34][35][36][37]

2015年3月13日には、実写版の公開を記念して梅津の描き下ろしによるサワのオリジナルイラストが公開された。これをあしらったステッカーが、全国上映劇場の来場者先着3,000人にプレゼントされる予定[38]

2015年3月27日には、大阪市浪速区でんでんタウンで開催された「日本橋ストリートフェスタ2015」に実写版が参加し、サワとアカイに扮したコスプレイヤーが宣伝を行った[39]

2015年4月4日には、JCOMの映画紹介番組『キネマのDAIGO☆味』で実写版が紹介され、梅津がゲスト出演する予定[40]

2015年4月6日には、公開記念イベントが大阪市浪速区の通天閣STUDIO210で開催され、お笑い芸人とにかく明るい安村が登壇する予定[41]

2015年4月8日には、試写会が東京都千代田区よみうりホールで開催される予定[42]

2015年4月10日には、実写版の公開を記念してOVA版『A KITE INTERNATIONAL VERSION』と『MEZZO FORTE International Version』が東京都豊島区新文芸坐で上映される予定[43][44]

評価(実写版)[編集]

漫画家奥浩哉は「多少不安があったが、むこうのスタッフの原作に対する深いリスペクトを感じた」、桂正和は「とてつもなく愛らしく、残酷で儚い」、士郎正宗は「『原作アニメを踏襲した部分』と『実写映画ならではの独自要素』のブレンドバランスも破綻無く馴染んでおり、邪道好きな僕が言うのも変だが、日本原産作品の正道な進行方向だと思う」、ヤスダスズヒトは「幸せな実写化だと思います」、声優井上麻里奈は「原作を意識した作品作りを映画を通して感じられて面白かったです」とそれぞれ評している[45][46][47]

キャスト(実写版)[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ(実写版)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ハリウッドでついに18禁アニメ『A KITE』が実写化! 原作者・梅津泰臣が語る『A KITE』の裏側”. おたぽる (2015年4月3日). 2017年4月9日閲覧。
  2. ^ a b ハリウッドも認めたエロアニメ『A KITE』 吹き上がる血飛沫と噴煙、薬莢…OVAの枠を超えたハードボイルドの大傑作!”. おたぽる (2017年4月9日). 2017年4月21日閲覧。
  3. ^ 「MEZZO」DVD化に梅津泰臣監督が記者会見
  4. ^ 『KITE』ハリウッドで実写化決定!
  5. ^ グリーンバニー公式サイトの『A KITE VOL.1』紹介ページのインターネットアーカイブ2006年7月15日分キャッシュ
  6. ^ グリーンバニー公式サイトの『A KITE VOL.2』紹介ページのインターネットアーカイブ2006年7月15日分キャッシュ
  7. ^ グリーンバニー公式サイトの『A KITE INTERNATIONAL VERSION』紹介ページのインターネットアーカイブ2006年6月23日分キャッシュ
  8. ^ Getchu.com公式サイトの『A KITE PREMIUM COLLECTORS VERSION』紹介ページ
  9. ^ 原作アニメ「A KITE」 Blu-ray&DVD 再リリース決定! 「A KITE/カイト...
  10. ^ 『KITE LIBERATOR』公式サイトのコラム・第20回(インターネットアーカイブ2010年9月1日分キャッシュ)
  11. ^ 『KITE LIBERATOR』公式サイトのコラム・第24回(インターネットアーカイブ2010年8月7日分キャッシュ)
  12. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 83頁
  13. ^ 日本の18禁アニメ「カイト」がハリウッドで実写化!『ファイナル・デスティネーション』シリーズの監督がメガホンを取る! - シネマトゥデイ
  14. ^ 日本の18禁アニメ実写化、サミュエル・L・ジャクソンが出演! - シネマトゥデイ
  15. ^ 『スネークフライト』デヴィッド・R・エリス監督死去 享年60歳 日本アニメ実写化を企画中だった… - シネマトゥデイ
  16. ^ 梅座流星群 安らかにデヴィッド監督
  17. ^ 日本の18禁アニメ「カイト」ハリウッド実写化のヒロイン砂羽役が決定! - シネマトゥデイ
  18. ^ 実写版「A KITE」急逝したデヴィッド・R・エリス監督の後任決定 - 映画 - ニュース - クランクイン!
  19. ^ 梅座流星群 カイト実写ハリウッド映画・続報
  20. ^ Cannes: Weinstein Co. Flies With 'Kite' - Deadline.com
  21. ^ 梅座流星群 カイト・実写ハリウッド映画予告編、続報
  22. ^ アームス 制作関連情報 実写映画「KITE」プロモーションイベント
  23. ^ アニメ「カイト」の実写化作品の米配給会社が決定、アメリカでも本格的に公開! - シネマトゥデイ
  24. ^ Mamoru Oshii to Receive Lifetime Achievement Award at Montreal's Fantasia Fest - News - Anime News Network
  25. ^ Kite - Ztélé Presents Fantasia 2014
  26. ^ New Trailer For Anime Adaptation Kite
  27. ^ 梅座流星群 カイト・実写映画の試写
  28. ^ 梅座流星群 カイト 実写映画の日本公開日決定!
  29. ^ 日本発R18指定カルトアニメ「A KITE」がハリウッド実写映画化! | シネマカフェ cinemacafe.net
  30. ^ 梅津泰臣「A KITE」がハリウッドで実写映画化!4月11日公開 : 映画ニュース - 映画.com
  31. ^ 日本発の18禁アニメがハリウッドで衝撃の映画化!『カイト/KITE』が、4月公開決定 シネマトリビューン
  32. ^ 梅津泰臣の18禁アニメ『A KITE』実写版が日本公開、近未来を舞台に少女の復讐描く - movieニュース : CINRA.NET
  33. ^ 日本の18禁アニメをハリウッドが実写化!『カイト』日本公開が決定! - シネマトゥデイ
  34. ^ 【予告編】ポスト“クロエ・G・モレッツ”? 新星女優が大暴れ…映画『カイト/KITE』 | シネマカフェ cinemacafe.net
  35. ^ 過激すぎて修正に…18禁カルトアニメ実写映画化『カイト/KITE』予告編が到着 シネマトリビューン
  36. ^ これが日本発18禁アニメのハリウッド版!過激でスタリッシュな映像公開! - シネマトゥデイ
  37. ^ 梅津泰臣『A KITE』実写版から予告編、少女による暗殺シーンやS・L・ジャクソンの姿も - movieニュース : CINRA.NET
  38. ^ 原作・梅津泰臣 描き下ろし! イラストステッカーを劇場来場者先着3,000人にプレゼント
  39. ^ 大阪にサワとアカイが来日!?第11回日本橋ストリートフェスタ2015に参戦!!
  40. ^ キネマのDAIGO☆味 | 制作番組 | テレビマンユニオン | TV MAN UNION
  41. ^ R-1決勝出場・いま最も熱い芸人“とにかく明るい安村” 映画公開記念イベント@通天閣 開催決定!!
  42. ^ 【ご招待】『カイト/KITE』試写会に10組20名様 | シネマカフェ cinemacafe.net
  43. ^ 4/10(金)レイトショー<梅津泰臣の世界>梅津監督来館 | 新文芸坐
  44. ^ 梅津泰臣監督作品の特別上映が決定!
  45. ^ アニメ「A KITE」が原作のハリウッド映画に奥浩哉や桂正和らが応援コメント - コミックナタリー
  46. ^ 映画『カイト KITE』漫画界、声優界の著名人から応援コメントが続々!- CINEMA TOPICS ONLINE
  47. ^ 映画ナビ最新ニュース : 漫画界、声優界の著名人から『カイト/KITE』へ応援コメントが続々到着

関連項目[編集]

外部リンク[編集]