Piaキャロットへようこそ!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pia♥キャロットへようこそ!!
対応機種 PC-9801
MS-DOS
PC-9821MS-DOS
Windows 3.1/95
PC-FX*1
セガサターン
Windows 95/98(1・2・TB)
Windows 98SE/Me/2000/XP/Vista(Vista対応版)
発売元 カクテル・ソフト(DOS/Win/PC-FX)
KID(SS)
ジャンル 恋愛アドベンチャーゲーム
恋愛シミュレーションゲーム
発売日 1996年7月26日(PC9801VM・DOS)
1996年9月20日(PC9821・DOS)
1996年10月18日(Win)
1997年5月23日(PC-FX)
1998年3月12日(SS)
1999年8月12日(1・2・TB)
2007年7月(Vista対応版)
レイティング 18禁(SS以外)
18歳以上推奨(SS)
キャラクター名設定 不可(PC)
可(FX/SS)
エンディング数 10(SS以外)
11(SS)
セーブファイル数 5
セーブファイル容量 システムデータ160ブロック+セーブデータ640ブロック(個別) (FX)
システムデータ・セーブデータ(個別)各43ブロック(SS)
ゲームエンジン F&C ADVWin16(Win、1・2・TB)
F&C Overture(Vista対応版)
メディア フロッピーディスク?枚(9801)
CD-ROM1枚+FD1枚(9821)
CD-ROM1枚(Win,FX,SS,Vista対応版)
画面サイズ 640×400 4bit(DOS)
640×480 8bit(Win,1・2・TB,Vista対応版)
BGMフォーマット CD-DA(Win,1・2・TB)
キャラクターボイス なし(PC)
主人公以外(PC-FX)
主要女性キャラのみ(SS)
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード なし
メッセージスキップ 全文(FX,Vista対応版)*2 なし(SS)
オートモード あり(FX)
なし(FX以外)
備考
  • 1 『きゃんきゃんバニーエキストラDX』とのセットもあり。
    *2 マニュアルにも記載されていない。
    Vista対応版は『ぴあきゃろG.O. TOYBOX』『ぴあきゃろG.O. TOYBOX 2』セット購入特典。

Pia♥キャロットへようこそ!!』は、1996年7月26日カクテル・ソフトより発売された18禁恋愛アドベンチャーゲーム+恋愛シミュレーションゲームである。『Pia♥キャロットへようこそ!!シリーズ』で本作品のみをさす場合はPia1及びPiaキャロ1と略する場合もある。

概要[編集]

PC-9800シリーズMS-DOS用ソフトとして発売、同年9月20日にPC-9821シリーズMS-DOS用、10月18日Windows版も発売された。家庭用ゲーム機版は1997年5月23日PC-FX版が18禁ソフトとして[1]1998年3月12日セガサターン版がKIDより18歳以上推奨ソフトとして発売されている。また、1999年8月12日には『Pia♥キャロットへようこそ!!』『Pia♥キャロットへようこそ!!2』『ぴあきゃろTOYBOX』の3タイトルをWindows98対応にした上で1つのパッケージにリパッケージした『Pia♥キャロットへようこそ!!1・2・TB』が発売されている。また2007年4月27日の『ぴあきゃろG.O. TOYBOX2 〜スプリングフェア〜』の発売に伴い、同日より『ぴあきゃろG.O. TOYBOX 〜サマーフェア〜』との2本で本作のVista対応版がプレゼントされるキャンペーンが行われた。

タイトルロゴは本作のみ、明らかにデザインの異なる2つが存在する(パッケージで使われているタイプのロゴがゲーム中でも使われていたのはPC-FX版のみ)。

ピンクパイナップルから本作を原作とした18禁OVA(全3巻)も発売された。

ストーリー[編集]

Piaキャロット創業者・木ノ下泰夫の息子である祐介は、夏休みに悪友の江口大介とナンパ旅行に行く約束をしていた。しかし、それに対し父は『次の期末テストで赤点がなかったら旅行の費用を出してやる。だが赤点があった場合は、夏休みずっとPiaキャロットでバイトをしてもらう』という条件を提示した。そして、赤点はあったのだ。

こうしてナンパ旅行の計画は頓挫、彼は夏休みをPiaキャロットのバイトで使うことになったのだが、幼なじみの稲葉翔子が一緒にバイトをすると言いだし、そしてもう一人の幼なじみ森原さとみも翔子に誘われてバイトを始めることになる。

登場人物[編集]

スタッフ[編集]

  • シナリオ:jane稲村(サターン版では表記が稲村竜一となっているが同一人物)
  • 原画
    • 甘露樹 (さとみ、志保、留美、他)
    • CHARM (翔子、麗香、佐織、他)
    • NAK村 (雪子、清美、ゆかり、男性キャラ)
    • 松尾幸洋(アイリ、他)
  • 音楽:高塚ともひろ(サターン版を除く)、後藤樹里(サターン版のみ)
    • FX版OP:KO・KU・HA・KU
      • 作詞:菅原幸枝 / 作曲:菅原幸枝 / 歌:森原さとみ
    • サターン版挿入歌:ミラクル・サンシャイン
      • 作詞:後藤樹里 / 作曲:後藤樹里 / 歌:みづき恵

関連商品[編集]

OVA[編集]

OVA各巻タイトル
  1. キレイなお姉さんはいかがですか?(発売日:1997年10月24日)
  2. オトナの恋はいかがですか?(発売日:1998年1月23日)
  3. 素顔のカノジョはいかがですか?(発売日:1998年4月24日)
OVA版スタッフ
主題歌
エンディングテーマ「星の数ほどキスしよう」
作詞 - 中島えりな / 作曲 - 斎藤かんじ / 歌 - 安達まり

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 後にきゃんきゃんバニーエキストラDXとのセットも発売
  2. ^ アスキー刊『Pia・キャロットへようこそ!!2 ビジュアルファンブック』のスタッフインタビュー。セガサターン版「2」の発表会がアンナミラーズで行われているが、同店との打ち合わせで「『そちら(アンナミラーズ)の衣装に似ている』とは言えなかった」と言及している

外部リンク[編集]