遺作 (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
遺作
対応機種 PC-9801 MS-DOS
Windows 95/98
Windows 95/98/Me/XP(Winリニューアル版)
Macintosh
発売元 エルフ
開発元 エルフ
ジャンル アドベンチャーゲーム
発売日 1995年8月25日(DOS)
1997年5月30日(Win)
1999年2月26日(Winリニューアル版)
2000年3月31日(Mac)
2007年5月1日(DMM)
レイティング 18禁
エンディング数 5
画面サイズ 640×480 8bit(DOS)
640×480 High Color(Win)
800×600 32000色以上(Mac)
BGMフォーマット FM音源(DOS)
PCM音源(Win)
?(Mac)
キャラクターボイス 無(DOS)
主人公以外フルボイス(Win/Mac)
CGモード
音楽モード ?
回想モード Hシーンのみ有
メッセージスキップ
オートモード
備考 DOS版とWin版(リニューアル版を除く)はロットアップ

遺作』(いさく)は、1995年8月25日エルフより発売された18禁アドベンチャーゲーム。及び、それを原作としてピンクパイナップルより発売された18禁OVAである。

伊頭家シリーズ(またはおやぢシリーズ)の第1作で、伊頭家の長男遺作が登場する、鬼畜系アドベンチャーゲームの先駆け的作品。ただし本作はシリーズの後の作品とは異なり、タイトルにもなっている人物「遺作」は主人公ではなく、いわゆる敵キャラクターとしての登場である。

基本システム[編集]

プレイヤーは主人公の小暮健太となり、仲間達との会話や校舎内の散策で入手したアイテムを使うことによって行動範囲を広げ、桜蘭学園の旧校舎に閉じ込められた状況からの脱出を目指す。薄暗い校舎の中を移動するホラーゲームや、アイテムを探しながら校舎から脱出する脱出ゲームに分類される。

途中の会話の内容や行動によっては仲間が行方不明になることがあり、その場合は通常発見するアイテムの他に遺作が行方不明になったヒロインを陵辱しているシーンを収めたビデオテープが落ちていることがある。全員揃っての脱出を目指す他に、陵辱シーンのテープを集めるという楽しみ方も存在する。

途中、手がかりとして「メモ」を読む場面があり、その時に読むための「紙のメモ」がパッケージ内に同梱されていた[1]。手がかりをわざわざ紙媒体で添付する点には、PC-9801版発売当時に盛んだったソフトのレンタル/擬似レンタルへの対抗策が反映されている。

ストーリー[編集]

桜蘭学園が夏休みを迎えた8月のある日、小暮健太の所に1通のラブレターが届いた。しかし、待ち合わせ場所になっていた旧校舎5階の音楽室に行くと、他にも数人がやってきた。健太は悪戯でラブレターを送ったと皆から疑われるが、その間に出入口は施錠され、彼らは旧校舎に閉じ込められてしまう。そして、その一室には伊頭遺作が潜んでいた。取り壊しを待つだけの旧校舎は以前から窓も全て板貼りにされていたため、出入口を施錠されてしまった今となっては、外への連絡手段すら無い。健太達はこの状況から脱出するため、そして1年前の事件の真相を明らかにするため、外への道を模索し始める。

登場人物[編集]

声優名は全て非公開。

小暮健太(こぐれ けんた)
主人公。勇敢さと頭の回転の良さを併せ持つ。
浅川琴未(あさかわ ことみ)
健太の憧れの人。お嬢様で宗光とは幼馴染
榊美由紀(さかき みゆき)
透き通るような美人で健太のクラスメイトだが、男性不信。1年前に妹が殺されており、その犯人を捜している。
赤川里香(あかがわ りか)
健太のクラスメイト。健太のことが好きだが、なかなか告白できないいじらしいタイプ。容姿も性格も言動も幼く、それゆえに周囲をイライラさせてしまいがち。
幹原明美(みきはら あけみ)
健太のクラスメイトでテニス部部長。テニス部顧問教師と交際している。担任の高島に挑戦的な態度を取る。
芹沢美緒(せりざわ みお)
健太のクラスメイトで、明美の親友。ボーイッシュで怒りっぽい性格。
高島久美(たかしま くみ)
健太の学級担任。明美に嫌われている様子。
島田陣八(しまだ じんぱち)
健太の親友。新聞部の部員で、いつもカメラを手放さない。
蘇我宗光(そが むねみつ)
学園理事長の息子。高飛車な性格で、健太と激しく対立している。
伊頭遺作(いず いさく)
桜蘭学園用務員。悪い噂が絶えない。美由紀の妹が殺された時にも真っ先に疑われた。ボサボサ頭に無精ヒゲ、ジャージ姿という外見。

スタッフ[編集]

盗作[編集]

『盗作』は、パッケージに封入されている申込用紙を通じてメーカー通販で入手できた、本作のファンディスク。本編では琴未と美由紀にしか存在しないハッピーエンドが全ヒロイン分追加された他、パロディなどが収録されている。なお、Windowsリニューアル版とMacintosh版には、コンテンツの1つとして収録されている。

18禁OVA版[編集]

  • 遺作(1997年、ピンクパイナップル)
    • 遺作 惨劇一「里香」
    • 遺作 惨劇二「琴未」
    • 遺作 惨劇三「美由紀」
    • 遺作 終劇「罪と罰」
  • 遺作 〜Respect〜‎(2001年、ピンクパイナップル)
    • 遺作 〜Respect〜 第一幕「耻辱の牢獄」
    • 遺作 〜Respect〜 第二幕「牝の芳香」
    • 遺作 〜Respect〜 第三幕「快楽の果て」
    • 遺作 〜Respect〜 総集編「蔵出し 〜純白パンティーの一番絞り〜」

小説[編集]

ケイエスエスより麻田卵人による小説「遺作」が出された。全3巻。

  • 「遺作〈第壱幕〉淫虐の旧校舎」
  • 「遺作〈第弐幕〉凌虐のビデオテープ」
  • 「遺作〈第参幕〉苛虐の火炎」

備考[編集]

  • タイトルとなっている『遺作』は、「エルフの社屋移転前最後の作品」という意味で命名されたが、雑誌にタイトルだけ大書きされた広告が掲載された際に「エルフが倒産(もしくは解散)したのでは?」という憶測が流れ、その意味でも話題となった作品である。イメージイラストにタイトルだけの広告は、この後もエルフの新作が出るたびに行われる定番となり、ゲーム内容を詳細に伝えようとする他社の広告と比べて異彩を放つこととなる。
  • 原画を担当した横田守は本作でエルフの仕事から手を引くことになり、皮肉にも横田にとってもエルフにおける遺作となった。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

全て18歳未満閲覧禁止。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 初回生産分は不手際で同梱されておらず、後日発送されている。