新世紀 淫魔聖伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新世紀
淫魔聖伝
OVA
原作 金澤勝眞
監督 ふくもとかん
脚本 金澤勝眞
キャラクターデザイン りんしん
アニメーション制作 ARMS
製作 GREEN BUNNY
発表期間 2001年3月25日 - 2002年10月25日
話数 全6話
その他 (C)2001 金澤勝眞/『淫魔聖伝』製作委員会
テンプレート - ノート

新世紀 淫魔聖伝』(しんせいき いんませいでん)は、2001年アダルトアニメレーベルであるGREEN BUNNYから発売されたアダルトアニメ。アダルトアニメの監督業で知られた金澤勝眞が原作・脚本を手掛けた完全オリジナル作品。全6話で、各話約30分。

ストーリー[編集]

第一章[編集]

先祖を同じくする大鳥家と亀山家はある学院をめぐって長年にわたり対立を続けてきた。 その学院で女子生徒を狙った事件が事件が頻発し、鉄仮面という人物が犯人ではないかと目されていた。 ある日、水泳部の瀬名が触手に襲われた末に強姦されるという事件が発生する。 瀬名の友人である大鳥真緒の前に鉄仮面が現れ、窮地に立たされる。 その時、亀山家の一人娘・瞳が真緒を窮地を救った。

第二章[編集]

鉄仮面が真緒を手にかけようとしたその時、真緒の身体が光り輝き、鉄仮面は消滅させられる。

友の敵討ちを誓い、真相の究明を目指す真緒の前に佐川の操る大元帥明王が立ちはだかる。

第三章[編集]

香が火巫女の策略を探る間、真緒の周囲の少女たちもまた真相に近づこうとしていた。

第四章[編集]

火巫女は学院の人々を手にかけ、全ての神将に武具をいきわたらせるための策を進め、しもべである高志を綾乃へと近づけた。

第五章[編集]

理香子の依代にされたことを知った香は、目撃者である綾乃を殺そうとして真緒の反感を買ってしまう。 真緒は事件の真相を探るべく直接亀山家を訪れるが、彼女の前に瞳が現れる。

第六章[編集]

香は火巫女の悪事の償いを瞳にさせるべく、瞳を結界の中に閉じ込め、操った生徒たちに襲わせる。見過ごせなくなった真緒は瞳を助けるべく結界の中へ入る。

登場人物[編集]

大鳥真緒
本作品の主人公である16歳ほどの少女で、地元を霊的に守護をする家柄の宗家である大鳥家の次女。
学院では弓道部に所属している。
第二話で佐川の操る大元帥明王の触手に犯されて、暫くは何も手が付かなくなってしまう。
最終的には母親たる理香子の依代として降霊させ、強引に物語の決着が着く。
亀山 瞳
大鳥家の分家筋である亀山火巫女の娘として育てられている、真緒と同年代の少女。実は火巫女の夫が強引に理香子を犯した結果、真緒の妹として生まれたため、火巫女とは血縁関係がない。真緒の妹にしては貧乳。
火巫女の役に立ちたいという気持ちと、姉の真緒への複雑な気持ちが相俟って真緒へ辛辣に当たる。
普段は封印されて小型化したボンノを肩に乗せている。
第六話で操られた生徒に男女含めて輪姦された後、触手により真緒と一緒に犯されてしまう。
山本瀬名
真緒の友人。火巫女の計画により「鞘」として選ばれた少女の一人であり、鉄仮面の生贄の儀式の最初の犠牲者となり、真緒の目の前で魂を抜かれ死亡する。
古賀玲子
「鞘」の一人であり、二人目の犠牲者となる。
高須寿々音
真緒の後輩。退魔師として萌夏・綾乃と共に活動し弓矢を武器にしている。「鞘」の一人でもあり三人目の犠牲者となり、その死がきっかけで萌夏が真緒に対して冷たく接するようになる。
豊田萌夏
真緒の友人で、顕に思いを寄せている。退魔師であり武器は薙刀である。高志が綾乃に接近するのを見て「近寄るな」と直談判に行くが、逆につけこまれて犯され「鞘」と判明し四人目の犠牲者となる。
今わの際に冷たく接したことを真緒に詫びながら、息絶えた。
小沢綾乃
三年生のテニス部員。
退魔師で、お札を武器としている。萌夏の死で感情が爆発し力を暴走させた真緒が理香子の霊を呼び出したことを香に話し、口封じに殺されそうになる。
真緒が駆けつけたことで難を逃れたかに見えたが、連れ出した瞳の手引きによって高志に犯され「鞘」(綾乃自身、自慰をした際に鳩尾に梵字が浮かび上がり狙われると気づいていた)と分かり、五人目の犠牲者となるが尺の問題からか唐突に抱かれている。
なお、彼女のみ本編で鉄仮面の儀式のシーンが描かれていない(高志とのシーンの後で登場した際には先の四人の儀式後と同じく全裸で息絶えた姿になっている)。
大鳥 香
真緒の姉で、大鳥家の現当主でもある。
大麻
式神は降三世明王。
身の丈に合わない野望を持っていたらしく、佐川と組んで色々としていたみたいだが香に利用され、蜘蛛の式を憑依させられて瞳を襲い、火巫女によって抹殺された殺られ役。
夜叉神 顕
真緒の護衛だが、本当にいざという時には傷を癒していて役に立たなかった。
基本的には真緒以外には眼中に無く、萌夏から想いを寄せられていても全く相手にはしていない。
亀山火巫女
瞳の義母で、理香子の妹でもある。
式神の金剛夜叉明王を使う。
お姉ちゃんを生き返らせたいという欲望、それこそが今作品の始まりであり、即ち火巫女がラスボス。
鉄仮面
文字通りの鉄仮面で顔を隠し、赤いマントを羽織っている人物。火巫女の計画の為の儀式を行い、触手を操って「鞘」の少女たちを凌辱し快感を与えて鳩尾に「鞘」の証しである梵字を浮かび上がらせた後、魂を抜き取り生贄として武将像に捧げる役目を担っている。
大鳥理香子
真緒の母で、瞳から見れば生みの母でもある。
不二夫に犯されるわ火巫女に毒を盛られるわ、挙げ句の果てにはボンノに喰われた哀れな役処。
火巫女とは姉妹レズ関係だったらしい。
佐川
式神は大元帥明王。
御大層な野望を持っていた割には、真緒を犯した後に瞳も犯そうとしてボンノに殺られ、早々とリタイアしてしまった小者。
最期の台詞は『ゲハァ』という締まらなさ。
志村高志
式神は軍荼利明王。
火巫女の寵童で「鞘」の少女を探す彼女の命を受け、寿々音・萌夏・綾乃を凌辱し彼女たちが「鞘」であることを突き止める役目を果たし、鉄仮面に彼女たちを引き渡す。
瞳が香の操る生徒達に凌辱されている時に助けようと向かうが、メラニーによって殺害される。
ボンノ
実際の書き方は漢字なのか片仮名なのか不明。
瞳の傍に小型化した状態で侍る使い魔だが、本来は魔獣らしく瞳を犯す事を夢見ている
瞳が火巫女の封印を解くと本来の姿に戻れるけど、そうなれば欲望の侭に瞳を犯しに来る為、基本的には封印した侭で解いたとしてもまたすぐに封印する。
皮肉にも、第六話では目の前で瞳が生徒達に輪姦されるのを見せ付けられた。
火巫女から毒を盛られた理香子を喰い殺した犯人。
名前の由来は『煩悩』だろうと思われる。
ボダイ
青い毛玉みたいな式神であり、本性は魚を思わせる姿をしている香の従者。
香が術を使って淫靡な気分になった際、『お相手しましょうか?』と訊ねた辺りそんな役割も持つらしいと判明している。
後半で火巫女に制御権を奪われてしまった。
名前の由来は菩提であると思われる。
亀山不二夫
地下座敷で前養護教諭や松本を『理香子、理香子!』と叫びながら犯す男で、火巫女の夫として亀山家に入り婿となったが、理香子を愛する余りにレイプした過去を持つ。
正気を取り戻して瞳に警告をしたが、実は鉄仮面の依代でもあったらしい。
松本
養護教諭として派遣されてきた特命教師で、役割は大鳥家や亀山家の監視。
メラニー・クール
松本の後任としてやって来た特命教師。顕と戦闘をした際に敗れ、絶命した。

スタッフ[編集]

  • 企画 - 金木怪男、天地悠太
  • プロデューサー - 雅太郎、山田太郎、越中おさむ
  • 監督・演出 - ふくもとかん
  • 原作・脚本 - 金澤勝眞
  • モンスターデザイン - 武藤技闇、中野鷺男
  • レイアウト監修 - 武藤技闇
  • 絵コンテ - 武藤技闇[1]、ふくもとかん/金澤勝眞[2]、中野鷺男[3]、ふくもとかん[4・6]、金澤勝眞[5]
  • キャラクターデザイン - りんしん
  • 作画監督 - りんしん[1・2・4・6]、朧月夜[3]、服部憲知/赤城輝[5]
  • 美術監督 - 常盤庄司
  • 色彩設計・色指定・検査 - 宮川はれみ
  • 撮影監督 - 森口洋輔
  • 音響監督 - 高橋剛
  • 音楽 - 修羅徹
  • 特殊効果 - 霧吹太
  • 現像/テレシネ - 東京現像所
  • 制作進行 - 小越康之
  • 制作担当 - 三沢大地
  • 制作 - ARMS
  • 製作 - 『新世紀淫魔聖伝』製作委員会

パッケージ[編集]

  • 『新世紀 淫魔聖伝』第一章 2001年3月25日発売 GBBH-1051
  • 『新世紀 淫魔聖伝』第二章 2001年7月25日発売 GBBH-1052
  • 『新世紀 淫魔聖伝』第三章 2001年11月25日発売 GBBH-1053
  • 『新世紀 淫魔聖伝』第四章 2002年3月25日発売 GBBH-1054
  • 『新世紀 淫魔聖伝』第五章 2002年6月25日発売 GBBH-1055
  • 『新世紀 淫魔聖伝』第六章 2002年10月25日発売 GBBH-1056
  • 『新世紀 淫魔聖伝』 PREMIUM COLLECTORS VERSION 2009年11月20日発売 GBBH-9213
  • 『新世紀 淫魔聖伝』 Special Edition 淫の章 2013年11月25日発売 WRLD-003
  • 『新世紀 淫魔聖伝』 Special Edition 魔の章 2013年12月25日発売 WRLD-004

出典[編集]