西鉄バス宗像・本社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西鉄グループ > 西鉄バス > 西鉄バス宗像 > 西鉄バス宗像・本社
かつて採用されていた専用塗装時代の赤間(急行)福岡線(専用車)

西鉄バス宗像・本社(にしてつバスむなかた・ほんしゃ)は、福岡県宗像市陵厳寺4丁目7番1号にある西鉄バス宗像の本社であり、バス営業所を併設している。

概要[編集]

主に宗像市中心部・東部と遠賀郡岡垣町のローカル路線、および福岡市と宗像市を結ぶ路線を担当している。営業所は宗像市の北東部に位置しており、県道69号線を挟んで反対側には鹿児島本線教育大前駅が所在している。近隣には福岡教育大学が立地する。

1991年4月1日に玄海交通(当時、現西鉄バス宗像)が設立され、のちに同社の赤間支社を併設。2001年10月1日までに宗像市・岡垣町内の路線がすべて西日本鉄道から西鉄バス宗像に譲渡された。2003年7月1日に実施された西鉄グループのバス事業再編により、それまで宗像市北部の鐘崎にあった西鉄バス宗像の本社が当営業所内に移されるとともに、福岡市と宗像市を結ぶ路線は西鉄バス宗像への管理委託となった。なお、鐘崎のもと西鉄バス宗像本社は本社移転とともに西鉄バス宗像鐘崎支社となり、2010年7月1日をもって廃止されている(路線はすべて新宮支社・赤間本社に移管された)。

バス車体に記載される営業所記号は、西鉄本体から管理委託されている車両は「○赤」(○の中に「赤」)、西鉄バス宗像の自社保有車両が「●宗」(●の中に「宗」、白抜き文字)となっている。

歴史[編集]

もとは宗像地区でバス事業を行っていた舞鶴自動車の本社であった。同社は1936年に九州電気軌道の子会社である九州合同バスに統合されている。1942年に同社が九州電気軌道に吸収合併されたのち、同年9月の西鉄成立によって西日本鉄道赤間自動車営業所となった。

  • 197x年: 福岡〜門司線、赤間営業所で系統分割。
  • 1993年4月? : 赤間第二自動車営業所および玄海交通赤間支社発足。
  • 2001年10月: この月までに宗像市・岡垣町内路線が西鉄バス宗像に譲渡される。
  • 2003年7月1日: 赤間(急行)福岡線、福岡〜赤間線が西日本鉄道から西鉄バス宗像への管理委託となる。
  • 2009年1月18日: 担当する一般路線バス(コミュニティバスなどは除く)でnimocaが使用可能になる。
  • 2010年7月1日: 西鉄バス宗像の鐘崎支社を廃止し赤間に統合。路線は本社及び新宮支社に移管される。
  • 2011年: 赤間急行が運行開始から30周年を迎える。
  • 2015年3月21日:太宰府ライナーバス旅人の一部便の共同運行(西鉄バス二日市甘木支社)を開始。

担当路線[編集]

  • 2017年3月25日現在の路線(太字は終点・始発停留所)
  • 赤間(急行)福岡線、福岡〜赤間線は西日本鉄道が西鉄バス宗像に管理委託しており、車両は西日本鉄道が保有し、西鉄バス宗像の乗務員で運行する。それ以外の路線は西鉄バス宗像が直接管理する路線となり、車両・乗務員ともに西鉄バス宗像に所属する。

赤間(急行)福岡線[編集]

赤間(急行)福岡線(高速路線からの転用車両)

通称「赤間急行」。1981年5月1日に運行を開始した。福岡市の中心部天神と宗像市内各地を都市高速国道3号香椎バイパス宗像バイパス)経由で結ぶ路線。全便がトップドア車(4列シート・トイレ無し)で運行される。高速バスとは異なり立席乗車も可能。特急むなかた号と太宰府ライナー旅人で使用する便(送り込みの急行も含む)はバックカメラ搭載車が限定で使用される[1]

都心部においてはクローズドドアシステムを採用しているため、天神日銀前から蔵本の間では、森林都市方面行きは乗車のみ、天神行きは降車のみの取扱いとなる。天神での乗り場は2011年4月1日改正以前は郵便局前であったが、同日改正以降は天神日銀前となっている。旧天神バスセンター時代は森林都市・赤間方面のみ始発となっており、天神行きは天神郵便局前が終点で中央自動車営業所が待機所になっていたが、現在の天神バスセンターになってから、天神バスセンター終点(待機所)となっていた。しかし、2015年3月21日より天神バスセンター発着を天神中央郵便局前着(降車は従来の高速バス用降車場から大濠公園方面が使用するバス停に変更)・天神日銀前発へと変更され、同時に折り返しまでの待機場所が那の津口駐車場もしくは西鉄高速バス福岡支社(那の津四丁目)待機に変更された(次便が太宰府ライナー旅人に入る場合は博多営業所まで回送[2])。

定期券の扱いについては一般路線バスに準じるため、急行ではエコルカードなどのフリー定期券も使用できる(特急での扱いは各定期券によって異なる)。また、近年では当路線に限定した割引運賃なども採用されている(後述)。

西日本鉄道からの管理委託路線である。過去には和白営業所(現新宮営業所)と共同運行していた時期もあった。また、かつては博多駅発着も設定されていた。

いずれの系統も都市高速を利用する(呉服町ランプ - 香椎東ランプ間)。香椎東ランプができる前は香椎ランプを経由していた。

2012年4月21日よりイオンモール福津前を経由する便が誕生した(西行きの森林都市方面行きは全便停車)。天神行きについては上西郷(3号線)経由とともに運転され、イオンモール福津開店時間に併せて朝9時過ぎから運転される。この場合一度3号線から外れる。ジェイアール九州バスが使用する貴舟(上西郷(宮城病院)~イオンモール福津にあるバス停)には停車しない。 2014年4月1日~同年9月30日でイオンモール福津 パーク・アンド・ライドの社会実験が行われたのに併せ、2014年4月1日のダイヤ改正で朝6時~8時台の天神行き急行の一部便がイオンモール福津経由に変更された。なお、社会実験終了後もダイヤは変更されていない。ダイヤ改正ごとにイオン経由の割合が増加傾向にあり、2015年3月改正以降はラッシュ時を除く日中の便は全便イオン経由で運行されている。

運行経路[編集]

一般路線バスとしては比較的長距離を走行する路線だが、高速バスと異なり停車停留所数が多いため、停車停留所は絞り込んで記載する。

急行

種別は「急行」とされているが、通過停留所は福岡市都心部にのみ設定され、九州産業大学南口以東は各停留所に停車する。自由ヶ丘南三丁目、青葉台入口、広陵台児童公園前発着のうち、一部は自由ヶ丘折返場または日赤看護大学まで回送されて折り返しまで待機する便もある。

  • 天神地区天神日銀前→ / 天神中央郵便局前←) - 中洲 - 蔵本 - 福岡都市高速 - 九州産業大学南口 - 三代 - 上の府太郎丸 - 鹿部 - 花鶴ヶ丘団地 - 千鳥パークタウン入口 - 千鳥パークタウン - 若木台団地 - 日の里団地入口 - 南郷朝野団地入口 - 森林都市 - 赤間営業所
基幹系統。特急、深夜バスの設定あり(後述)。
  • 天神地区 - 中洲 - 蔵本 - 福岡都市高速 - 九州産業大学南口 - 三代 - 上の府太郎丸 - 鹿部 - 花鶴ヶ丘団地 - 千鳥パークタウン入口 - 千鳥パークタウン - 若木台団地 - 日の里団地入口 - 南郷朝野団地入口 - 森林都市 - 自由ヶ丘南二丁目 - 自由ヶ丘南三丁目 - 公園前 - 青葉台 - 青葉台入口
自由ヶ丘南三丁目発着便の設定あり。自由ヶ丘南三丁目 - 青葉台入口間は2011年9月17日改正で延伸。
  • 天神地区 - 中洲 - 蔵本 - 福岡都市高速 - 九州産業大学南口 - 三代 - 上の府太郎丸 - 鹿部 - 花鶴ヶ丘団地 - 千鳥パークタウン入口 - 千鳥パークタウン - 若木台団地 - 日の里団地入口 - 南郷朝野団地入口 - 森林都市 - 広陵台中央公園前 - 広陵台児童公園前 - 日赤看護大学
広陵台児童公園前発着便の設定あり。日赤看護大学発のうち平日は天神行きのみ運転。
  • 天神日銀前→中洲→蔵本→福岡都市高速→九州産業大学南口→三代→上の府太郎丸→鹿部→花鶴ヶ丘団地→千鳥パークタウン入口→千鳥パークタウン→若木台団地→日の里団地入口→南郷朝野団地入口→森林都市→広陵台中央公園前→日赤看護大学
上述系統と異なり広陵台児童公園前を経由しない。平日天神発のみの設定。
  • 天神地区 - 中洲 - 蔵本 - 福岡都市高速 - 九州産業大学南口 - 三代 - 上の府太郎丸 - 鹿部 - 花鶴ヶ丘団地 - 千鳥パークタウン入口 - 千鳥パークタウン - 舞の里三丁目 - 舞の里
1990年代後半以降は毎日朝1往復のみの運行だったが、2015年3月21日のダイヤ改正からは平日のみ朝3往復に増便された。舞の里三丁目 - 舞の里間は千鳥パークタウン入口・千鳥パークタウン停留所から徒歩圏内にあるためか、本数が少ない。舞の里行きの方向幕には「千鳥パークタウン(舞の里)」と表記される。
特急

2006年3月18日改正で設定。平日朝に天神行のみの運行で、現在は全便が赤間営業所始発である。2011年9月17日改正で自由ヶ丘南三丁目・広陵台児童公園前発が設定されたが、2012年3月17日改正で消滅している。また、2012年3月17日改正で停車停留所が大幅に削られた。しかし、2012年10月1日改正で南郷朝野団地入口・日の里団地入口・若木台団地にも停車するようになった。

特急であるため一日乗車券・フリー定期券の利用には他の特急バスと同様の制限があり、運賃の半額を支払う必要があるもの(グランドパス65など)、利用できないもの(エコルカード、FUKUOKA 1DAY PASSなど)もある。赤間急行きっぷ・区間定期券は急行・特急問わず使用でき、運賃・割引制度も急行と同様。

  • 天神中央郵便局前←中洲←蔵本←福岡都市高速←九州産業大学南口←鹿部←千鳥パークタウン←若木台団地←日の里団地入口←南郷朝野団地入口←森林都市←赤間営業所 ※全停留所記載
2012年10月1日改正からの停車停留所。
むなかた号
特急むなかた号
  • 天神地区 - 中洲 - 蔵本 - 福岡都市高速 - 九州産業大学南口 - 鹿部 - 千鳥パークタウン - 若木台団地 - 日の里団地入口 - 東郷駅日の里口 - 宗像大社前 - 道の駅むなかた - 神湊波止場 ※全停留所記載

2015年3月21日改正で道の駅むなかた発着便が新設された。道の駅むなかた発着は毎日3往復運行される。1990年代にも同名の特急バスが運行されていたが、直接の関連性はない。2016年7月23日のダイヤ改正より土曜・休日のみ一部が神湊波止場まで延伸された。

深夜 急行
平日深夜に天神発赤間営業所行き1本のみ運行。深夜バスのため運賃倍額(定期券の扱いは各定期券のページを参照)。
  • 天神日銀前→中洲→蔵本→福岡都市高速→九州産業大学南口→三代→上の府太郎丸→鹿部→花鶴ヶ丘団地→千鳥パークタウン入口→千鳥パークタウン→若木台団地→日の里団地入口→南郷朝野団地入口→森林都市→赤間営業所
□ 75

平日朝に赤間営業所行きのみ運行。泉ヶ丘→希望ヶ丘入口間はこの路線・系統のみ運行で、現在は逆向きの運行はない(一部区間はコミュニティバスが代替している)。 平成12年頃までは宗像ネオポリス発着便とともに直方または高六まで通しで運転していたが、赤間営業所で分断された(当時はグローバルアリーナを経由せず)。当時は西鉄バス筑豊直方支社と共同で担当していた。その名残で行先番号が直通運行時代と同じ75番となっている。2010年7月のダイヤ改正までは鐘崎支社が担当していたが、鐘崎支社の廃止に伴い赤間本社の担当に変更された。2011年4月1日で泉ヶ丘行きが廃止、路線所属も津屋崎〜鐘崎線から赤間(急行)福岡線になった。以前は泉ヶ丘行き、2011年5月のダイヤ改正までは土曜の赤間営業所行きも担当していた。

  • 泉ヶ丘→希望ヶ丘入口→くりえいと一丁目→赤間駅前→赤間営業所

運行形態[編集]

日中は赤間営業所系統2 - 3本、広陵台中央公園前・日赤看護大学があわせて1本・自由ヶ丘南三丁目・青葉台入口系統が各1本が運行され、天神~森林都市地区までは概ね平日15分、日祝20分間隔となっている。ラッシュ時には特急、朝は日赤看護大学直行なども運行され、平日朝の天神方面は合計10本/h程度が運行されている。広陵台中央公園前は昼間のみ日赤看護大学まで延伸される。2010年以降はそれまで比較的高頻度で運行されてきた同線であるが、減便の傾向が顕著に見られるようになりダイヤ改正ごとに運行本数の減便を繰り返している。

75番(泉ヶ丘発)は当路線に所属する。そのため運用も統合されており、実質的には間合い運行となっている。現在は泉ヶ丘→赤間営業所系統を平日朝に極少数のみ運行。

割引運賃・乗車券[編集]

現行
赤間急行きっぷ
当路線の急行・特急全区間で使用できる回数券。5枚綴りのものが3090円で発売されている。当初は2012年4月1日から2013年3月31日までの期間限定だった[3]が、2013年4月1日から同一形態で改めて通年発売されている[4]。2017年10月より7枚綴りで5,000円になり販売される。
廃止
土日祝日限定nimoca割引
2009年7月4日からの土曜日・日祝日ダイヤで、nimocaの入金残額で乗車する場合に限り割引運賃が適用されていた。利用区間に関係なく、乗車区間の運賃が610円以上800円以下の場合600円に、810円以上980円以下の場合700円に割引されていた[5]。また、臨時で博多駅発着が設定された際にも適用されていた[6]。2012年3月17日改正と同時に廃止。

廃止系統[編集]

特急
  • 西鉄天神バスセンター←天神郵便局前←中洲←蔵本←福岡都市高速←産業大学南口←東部青果市場前←三代←上の府太郎丸←鹿部←花鶴ヶ丘団地←千鳥パークタウン入口←千鳥パークタウン←若木台団地←日の里団地入口←南郷朝野団地入口←森林都市←赤間営業所
2006年3月18日改正で設定。2012年3月17日改正で停車停留所が大幅に削減され、現行系統の形となった。
  • 西鉄天神バスセンター←天神郵便局前←中洲←蔵本←福岡都市高速←産業大学南口←東部青果市場前←三代←上の府太郎丸←鹿部←花鶴ヶ丘団地←千鳥パークタウン入口←千鳥パークタウン←若木台団地←日の里団地入口←南郷朝野団地入口←森林都市←自由ヶ丘南二丁目←自由ヶ丘南三丁目
2011年9月17日改正で設定。森林都市←自由ヶ丘南三丁目の停車停留所は急行と同一。2012年3月17日で設定消滅。
  • 西鉄天神バスセンター←天神郵便局前←中洲←蔵本←福岡都市高速←産業大学南口←東部青果市場前←三代←上の府太郎丸←鹿部←花鶴ヶ丘団地←千鳥パークタウン入口←千鳥パークタウン←若木台団地←日の里団地入口←南郷朝野団地入口←森林都市←広陵台中央公園前←広陵台児童公園前
2011年9月17日改正で設定。森林都市←広陵台児童公園前の停車停留所は急行と同一。2012年3月17日で設定消滅。

太宰府ライナーバス旅人[編集]

2015年3月21日より一部便の運行を担当。詳細は太宰府ライナーバス「旅人」を参照。

運用上は福岡(急行)赤間線の間合い運用となっている。またその前に、正月臨時運用で4日間だけ臨時運用されたこともある。 通常のピンク高速だけでなくむなかた号の車両で運行することも稀にある。

赤間(委託)線[編集]

福岡〜赤間線
平成8年の天神行き時刻表。26Aの便数が多くなってきた。

福岡市中央区の天神から昭和通り・都市高速(一般道経由は国道3号)・国道495号県道97号県道69号(いわゆる「旧3号」)を経由して赤間営業所に至る路線。全便がワンステップ車で運行される。西日本鉄道からの管理委託路線である。

同じ26番・26Aとして新宮・緑ヶ浜および津屋崎発着もあるが、それらの系統は全便新宮営業所が担当、香椎線として扱われる。赤間営業所・光陽台六丁目発着便は全便赤間営業所担当。2000年代前半までは双方向26.26Aが日中40分ヘッドずつで交互に運行されていたが現在は早朝の天神発を除き26Aに置き換えられた。旧西鉄天神バスセンター時代は、赤間急行と同様に天神バスセンター1番乗り場が赤間営業所行きの始発で、天神行きは天神郵便局前、後に天神三丁目が終点だった。天神終点後は、中央自動車営業所が待機所になっていた。また当時は中央営業所と共同運行だった。中央営業所が廃止になってからは、博多営業所と共同運行していたが、2000年代後半に赤間本社の単独運行になった。1980年後半頃には福間発着の便もあったが、短期間で廃止となった。その後、2016年6月18日改正で平日のみ光陽台六丁目発着系統が設定され、約30年ぶりに福間地区発着系統が復活することになった。

  • 26
    • 天神地区天神中央郵便局前→天神四丁目)→中洲→蔵本→石堂大橋→千鳥橋→馬出三丁目→箱崎松原→箱崎浜・東区役所→貝塚→高須磨町→名島→御幸町→香椎→福岡女子大前→唐の原→和白→和白丘→福工大前→福工大前駅入口→新宮・緑ヶ浜→古賀→東花見→福間駅前→東福間→東郷駅東口→宗像市役所前→赤間駅前→赤間営業所
毎日朝の天神発赤間営業所行き26Aを置き換える形で運行。赤間営業所発天神行きが運行されていた頃は、千鳥橋から蔵本→中洲→天神へ向かい、石堂大橋、博多五町は停車しない路線であった。色幕になる前は、天神の行先表示は『福岡(天神)』となっていた。
  • 深夜
    • 天神地区天神高速バスターミナル→天神中央郵便局前→天神四丁目)→中洲→蔵本→石堂大橋→千鳥橋→馬出三丁目→箱崎松原→箱崎浜・東区役所→貝塚→高須磨町→名島→御幸町→香椎→福岡女子大前→唐の原→和白→和白丘→福工大前→福工大前駅入口→新宮・緑ヶ浜→古賀→東花見→福間駅前→東福間→東郷駅東口→宗像市役所前→赤間駅前→赤間営業所
平日深夜に天神発赤間営業所行きのみを運行。深夜バスのため運賃倍額(定期券の扱いは各定期券のページを参照)。朝の便とは異なり天神高速バスターミナル前始発である。
  • 都市高26A(福岡都市高速 呉服町 - 香椎)
    • 天神地区((天神三丁目←/天神中央郵便局前→) - 天神四丁目) - 中洲 - 蔵本 - 福岡都市高速 - 福岡女子大前 - 唐の原 - 和白 - 和白丘 - 福工大前 - 福工大前駅入口 - 新宮・緑ヶ浜 - 古賀 - 東花見 - 福間駅前 - 東福間 - 東郷駅東口 - 宗像市役所前 - 赤間駅前 - 赤間営業所
    • 天神地区((天神三丁目←/天神中央郵便局前→) - 天神四丁目) - 中洲 - 蔵本 - 福岡都市高速 - 福岡女子大前 - 唐の原 - 和白 - 和白丘 - 福工大前 - 福工大前駅入口 - 新宮・緑ヶ浜 - 古賀 - 東花見 - 福間駅前 - 光陽台六丁目
この路線の基幹系統。26番と異なり都市高速を経由する。1時間あたり3本程度運行。普段の天神行きは天神三丁目終点だが、平日の深夜は天神中央郵便局前終点になる。なお、天神三丁目行きは天神中央郵便局前に停車しない。
翌朝の天神発に使用する便があるため、博多営業所および福岡高速営業所に夜間滞泊する運用がある。
光陽台六丁目系統は2016年6月18日のダイヤ改正で新設。当初は平日夜3本の運行で、光陽台六丁目到着後は26A天神行きで折り返す形であった。2017年3月25日のダイヤ改正で赤間営業所系統が一部、光陽台六丁目系統へ振り替えとなり平日日中及び土日祝にも運行されるようになった。
運賃はJRとの競合のためかJR駅最寄のバス停まで運賃を上げず、駅を超えるたびに大きく運賃が異なるのが特徴。
福岡女子大前(26番は名島)~赤間営業所はJRに並行しており、JR不通時の代替輸送も兼ねている。接続する鉄道駅も多くあり、該当する接続駅は、九産大前駅(唐の原)・福工大前駅(福工大前駅入口)・新宮中央駅(特別支援学校前より徒歩数分)・ししぶ駅(新宮・緑ヶ浜およびゴルフ場入口)・古賀駅(古賀)・福間駅(福間駅前)・東福間駅(東福間)・東郷駅(東郷駅西口および東郷駅東口)・赤間駅(赤間駅前)・教育大前駅(赤間営業所)である。千鳥駅に関しては最寄バス停から離れているが、東花見もしくは名糖前が最寄となる。

宗像地区ローカル路線[編集]

津屋崎〜鐘崎線[編集]

2016年6月18日改正まで新宮支社と共同運行していたが、同改正から新宮支社の運用を移管し、赤間本社単独運行となった。

  • 1
  • 赤間営業所 - 赤間駅前 - 東郷橋 - 東郷駅前
  • 東郷駅前 - 大井橋 - 宗像大社前 - 神湊 - 神湊波止場
  • 東郷駅前 - 大井橋 - 宗像大社前 - 道の駅むなかた - 神湊 - 神湊波止場
一部の便は道の駅むなかた経由である。赤間営業所発着は本数が少なく、東郷駅前行きは平日のみ運転。
  • 1-1(福間駅前折返便は無番として運行)
  • 光陽台六丁目 - 福間駅前
  • 光陽台六丁目 - 福間駅前 - 太郎丸・津屋崎 - 宮司団地前 - 津屋崎中学校 - 津屋崎 - 津屋崎浜 - 津屋崎橋←津屋崎浜←津屋崎←塩浜口←勝浦局前←神湊波止場
  • 1-2
  • 光陽台六丁目 - 福間駅前 - 太郎丸・津屋崎 - 消防会館 - 津屋崎浜 - 津屋崎橋
  • 光陽台六丁目 - 福間駅前 - 太郎丸・津屋崎 - 消防会館 - 津屋崎 - 塩浜口 - 勝浦局前 - 神湊波止場
  • 光陽台六丁目 - 福間駅前 - 太郎丸・津屋崎 - 消防会館 - 津屋崎 - 塩浜口 - 勝浦局前 - 神湊波止場 - 神湊 - 宗像大社前 - 大井橋 - 東郷駅前
  • 光陽台六丁目 - 福間駅前 - 太郎丸・津屋崎 - 消防会館 - 津屋崎 - 塩浜口 - 勝浦局前 - 神湊波止場 - 神湊 - 道の駅むなかた - 宗像大社前 - 大井橋 - 東郷駅前
1番同様、一部の便は道の駅むなかた経由である。一部、西鉄本体新宮営業所担当の津屋崎〜新宮線の間合いとして運行される便がある。
  • 2
  • 東郷駅前 - 東郷橋 - ひかりケ丘 - 公園通り二丁目 - 池野支所前 - 元末 - 鐘崎車庫京泊
  • 3
  • 赤間営業所 - 赤間駅前 - くりえいと1丁目 - ネオポリス一丁目 - 公園通り二丁目 - 池野支所前 - 元末 - 鐘崎車庫京泊
  • 赤間営業所 - 赤間駅前 - 宗寿園前 - ネオポリス一丁目 - 公園通り二丁目 - 池野支所前 - 元末 - 鐘崎車庫
  • くりえいと経由は2011年10月1日からくりえいと経由・宗寿園前経由となった。なお京泊発は全便くりえいと経由である。

波津線[編集]

  • 6
  • 赤間営業所 - JR海老津駅 - 野間 - 岡垣町役場 - おかがき病院 - 波津
  • JR海老津駅 - サンリーアイ - 岡垣町役場 - おかがき病院 - 波津
  • 時間帯によってはサンリーアイか野間を経由し、おかがき病院を通過する便やおかがき病院発着がある。赤間営業所発着便は出入庫時のみ運転され、野間経由・おかがき病院通過となる。
  • 7
  • JR海老津駅 - サンリーアイ - 岡垣町役場 - 松ヶ台 - JR海老津駅
  • 20
  • 赤間営業所 - JR海老津駅
    • もともとは赤間 - 海老津 - 折尾 - 黒崎 - 小倉というルートで運行されていた路線で、1970年代までは福岡 - 赤間 - 黒崎 - 門司という大都市圏間を結ぶ長距離路線が運行されていたが、競合するJRの本数増やモータリゼーションの影響で少しずつ運行範囲が狭められて現在に至る。

なお、1970年代には今川橋 - 波津の直通便も20番として運行されていた。1980年後半から90年代に赤間、海老津 - 黒崎を結んでいた頃は、八幡営業所と共同運行していた。

森林都市線[編集]

  • 8
  • 赤間駅南口 - 田久 - 森林都市 - 赤間小学校 - 赤間営業所
    • 森林都市線の出入便として運行されているが、赤間営業所発着の8-3・8-4番も同ルートで運転している。土曜朝1本のみ赤間営業所行きは26番の間合いで使用される。
  • 8
  • 赤間駅南口 - 田久 - 森林都市 - 自由ヶ丘九丁目 - 青葉台入口 
  • ※急行線とは違って、自由ヶ丘南3丁目・公園前は経由しない。
  • 8-1
  • 赤間駅南口 - 田久 - 森林都市 - 自由ヶ丘九丁目 - 自由ヶ丘南二丁目 - 自由ヶ丘南西通り - 自由ヶ丘九丁目 - 森林都市 - 田久 - 赤間駅南口
    • 基本的には自由ヶ丘循環で運転されるが、早朝には出庫便として自由ヶ丘南二丁目発、夜には入庫便として自由ヶ丘南西通り止めといった循環しない便もある。赤間駅南口行きに関しては8番で運行される。平日朝1本の8-1番赤間駅南口行きのみ赤間急行の間合いがある。
  • 8-2
  • 赤間駅南口 - 田久 - 森林都市 - 広陵台中央公園前 - 広陵台児童公園前 - 日赤看護大学
  • 8-2
  • 赤間駅南口 - 田久 - 森林都市 - 広陵台中央公園前 - 日赤看護大学
    • 当初は葉山二丁目までだったが、後に広陵台児童公園前、日赤看護大学まで延長されている。日赤看護大学発着については時間帯によって広陵台児童公園前付近を経由しない便がある。赤間駅南口行きに関しては8番で運行される。広陵台児童公園前発赤間駅南口行きのうち平日朝1本に赤間急行、土曜朝1本に26番の間合いで使用される。
  • 8-3
  • 赤間営業所 - 赤間小学校 - 田久 - 赤間駅南口 - 田久 - 自由ヶ丘七丁目 - 南郷朝野団地入口 - 朝野第二
    • 赤間駅南口発着がほとんどであるが、一部は出入便として赤間営業所発着がある(赤間営業所 - 赤間駅南口は8番と同ルート)。田久ー自由ヶ丘6丁目間にある約75‰の坂を通るため、基本的には中型車が使用される。
  • 8-4
  • 赤間営業所→赤間小学校→赤間駅南口→田久→3号線バイパス→南郷朝野団地入口→朝野第二
    • 8-3番と違ってこちらは3号線を経由する直行便である。朝の朝野団地第二行きのみ運行。なお森林都市は経由しない。

廃止路線[編集]

  • 2宗像コモン - 大王寺 - 桜町団地
  • 3宗像コモン - 大王寺 - 桜町団地
    • 途中の大王寺経由があり2011年10月1日のダイヤ改正で廃止となった。
  • 5:赤間営業所 - 赤間駅前 - 来迎寺 - 平原 - 畑
    • 終点は「畑」だが、行き先表示幕には「山田」あるいは「山田(畑)」と表示されていた。
  • 10:赤間営業所 - 赤間小学校 - 宗像ユリックス
  • 11:東郷駅日の里口 - 日の里三丁目 - 日の里五丁目 - 第一公団住宅 - 東郷駅日の里口(東廻り)
    • 日中はあまり運転されなかったが、赤字削減のため2010年4月1日のダイヤ改正で大幅に減便されて土曜・休日の日中1本のみとなった。2011年3月27日で廃止
  • 12:東郷駅日の里口 - 第一公団住宅 - 日の里九丁目 - 東郷駅日の里口(西廻り)
    • 日の里循環の1路線だったが、11番の東廻りと違って第一公団住宅先回り経由だった。赤字削減のため2010年4月1日の減便ダイヤ改正で廃止された。
  • 13:赤間営業所 - 冨士原 - 六畝田 - 赤木峠 - トヨタ九州正門前 - 宮田役場(現・宮若市役所)
  • 17:東郷駅日の里口 - 宗像ユリックス - 森林都市 - 赤間小学校 - 赤間営業所
  • 17:東郷駅日の里口 - 宗像ユリックス - 森林都市 - 田久 - 赤間駅南口
    • 日の里地区から宗像ユリックスや森林都市へ向う路線。赤間営業所発着は出入便で8・8-3・8-4番とほぼ同ルートであるが、赤間駅南口には寄らない。赤間駅南口発着は本数が少ない。2011年4月1日で廃止
  • 20:JR海老津駅 - 遠賀川駅前
  • 60:JR海老津駅 - 海老津バスセンター - 糠塚 - 松原口 - 岡垣役場 - 野間 - JR海老津駅(前述の65に代替された。)
  • 65:JR海老津駅 - 糠塚 - 松原口 - いこいの里 - サンリーアイ - JR海老津駅現在は岡垣町コミュニティバスが運行している。
  • 75:(直方方面 - )赤間営業所 - 赤間駅前 - 希望ヶ丘入口 - 泉ヶ丘
かつてはネオポリス発着便とともに直方まで通しで運転していたが、赤間営業所で分断された(当時はグローバルアリーナを経由せず)。当時は西鉄バス筑豊直方支社と共同で担当していた。2011年4月1日で泉ヶ丘行きが廃止され、現在は赤間(急行)福岡線として運行されている。

移管路線[編集]

日の里循環線[編集]

2015年6月1日より日の里循環線路線及び車両を宗像西鉄タクシーへ移管した。路線そのものは運行中。

営業所所属記号は○宗タと表記している。

  • 15
  • 東郷駅日の里口→日の里三丁目→日の里五丁目→日の里九丁目→東郷駅日の里口(東大廻り)
  • 16
  • 東郷駅日の里口→日の里九丁目→日の里五丁目→日の里三丁目→東郷駅日の里口(西大廻り)
  • 18
  • 赤間営業所→赤間駅前→東郷橋→東郷駅東口→東郷駅日の里口
    • 日の里団地循環の出庫便として朝の1本のみ東郷駅日の里口行きが運転される。17番と違って赤間駅前を経由する。
  • 19
  • 東郷駅日の里口 - 1丁目大通り - 公団アパート前 - 四丁目公園前 - 宗像ユリックス
    • 2013年4月1日のダイヤ改正で登場した路線。

コミュニティバス[編集]

  • 宗像市コミュニティバス「ふれあいバス」(メイトム線)
  • 第1系統(吉武、赤間、赤間西、河東、東郷系統)
    • 赤間営業所 - 泉ヶ丘 - 赤間駅北口 - 稲元 - サンリブ - ゆめタウン
    • 朝のみ赤間営業所から赤間駅北口の出庫便がある
  • 第2系統 宗像市役所 - 用山 - 日の里団地 - 宗像ユリックス・宗像市役所
  • 第3系統 ゆめタウン - 赤間駅南口 - 宗像ユリックス - 朝野団地 - 自由ヶ丘南 - 自由ヶ丘 - 赤間駅南口 - ゆめタウン
    • 朝のみ赤間駅南口止めがある。
  • 岡垣町コミュニティバス(糠塚循環線・岡垣町コミュニティバス線)
    • 糠塚・元松原循環線と戸切循環線の運行を受託している。

車両[編集]

赤間(急行)福岡線では日野製のシャーシに西工E型ボディを架装した専用車を使用していたが、1993年以降は専用車の新規投入は途絶し、1998年からは他の近距離高速路線から転用した車両を投入している。

福岡 - 赤間線に使用される西鉄の管理委託車両は大型一般路線車(日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)日野)。宗像市・福津市・岡垣町内路線では大型車・中型車(日産ディーゼル・日野)を使用する。

宗像市コミュニティバス「ふれあいバス」では三菱ローザ日野リエッセを運行していたが、2011年10月のダイヤ改正からは専用塗装の日野ポンチョを使用している。岡垣町コミュニティバスでは専用塗装の日野ポンチョを使用している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 内訳は3716・3725号車(特急むなかた号ラッピング車)および3717・3901~3904・3930・3931・3932号車の10台。
  2. ^ 国道3号線などの渋滞で遅延した場合はそのまま博多バスターミナルまで回送されて太宰府行きとなる。
  3. ^ 超得!!『赤間急行きっぷ』を発売します!”. 西日本鉄道 (2012年3月14日). 2012年4月7日閲覧。
  4. ^ 【お知らせ】 「赤間急行きっぷ」通年販売!プレゼントキャンペーンも実施します (PDF)”. 西日本鉄道 (2013年3月15日). 2013年4月20日閲覧。
  5. ^ 赤間(急行)天神線で 限定バス運賃割引サービス開始! (PDF)”. 西日本鉄道 (2009年6月11日). 2012年4月7日閲覧。
  6. ^ 「キャナルシティ博多」・「博多駅」行き直行臨時バス運行開始! (PDF)”. 西日本鉄道 (2011年9月21日). 2012年4月7日閲覧。

関連項目[編集]