淡谷悠蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

淡谷 悠蔵(あわや ゆうぞう、1897年3月22日 - 1995年8月8日)は、日本政治家衆議院議員。歌手・淡谷のり子の叔父にあたる。

人物[編集]

青森市出身。家業は老舗の呉服店で、義務教育修了後、家業を継ぐが 旧家の因習を嫌い農業を始める。 この頃、盛んに文学同人誌に投稿する。1928年全国農民組合県連合会委員長となる。この頃より特高警察の監視下におかれはじめる。

1946年日本農民組合県連合会会長。秋田雨雀主宰の政治学校で講師を務める。農民運動、社会主義の啓蒙活動を進める一方、文学活動にも精力的に取り組む。同年、東亜聯盟に加盟していたことを理由に公職追放となる[1]

追放解除後の1952年10月日本社会党左派社会党)公認で衆議院議員選挙に立候補し落選。翌年の総選挙で初当選。 1961年(昭和36年)2月の予算委員会で所得倍増計画を標榜した池田勇人に対し、「農民にも所得倍増はあり得るのか」と質問し首相を絶句させた。

社会党機関紙局長、県連合会長などを務めた。

1969年の衆議院選で落選。政界引退。1971年青森県文芸協会理事。1975年11月棟方志功記念館初代理事長。勲二等旭日重光章を受章。 

『野の記録』(全7巻、北の街社)は、淡谷悠蔵の自伝的大河小説である。

脚注[編集]

  1. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年335頁。NDLJP:1276156 

外部リンク[編集]