淡谷清蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

5代淡谷 清蔵(あわや せいぞう、1846年11月11日(弘化3年9月23日[1]) - 1923年大正12年)7月10日[2])は、日本の政治家実業家衆議院議員青森市長。幼名・清作[3]

経歴[編集]

陸奥国津軽郡青森(現青森県青森市)で呉服商の家に生まれる[3]。成人となり5代・清蔵を襲名して家業に従事し、安方町組頭となる[2][3]1891年銀行に類似した「盛融会」(ため講)を創立[3]。その後、商業会議所会頭、農工銀行取締役、青森電燈会社取締役、青森倉庫会社社長、青森貯蓄銀行専務取締役、青森銀行頭取、第五十九銀行取締役などを務めた[2]

政界では、町連合会議員、同議長、所得税調査委員、青森市会議員、同議長、青森県会議員を務めた[2]1903年3月、第8回衆議院議員総選挙で青森県青森市から出馬して当選し、衆議院議員を一期務めた[2]

1908年12月7日、青森市長に就任して1910年3月31日まで在任し、青森築港期成同盟会の発足などの功績を残して政界を引退した[3]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第十八回帝国議会衆議院議員名簿』(第十八回帝国議会衆議院公報第一号附録)〔1903年〕、17頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』31頁。
  3. ^ a b c d e 『日本の歴代市長』第1巻、191頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。