沖縄県指定文化財一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

沖縄県指定文化財一覧(おきなわけんしていぶんかざいいちらん)は、沖縄県文化財保護条例1972年(昭和47年)5月15日沖縄県条例第25号)に基づき、沖縄県が指定、認定、選定又は選択した文化財の一覧である。

2014年5月1日現在、272件の文化財が指定されている[1]

また、記録作成等の措置を講ずべき無形文化財として、3件が選択されている[1]

有形文化財[編集]

2014年5月1日現在、116件の有形文化財が指定されている[1][2]

建造物[編集]

無形文化財[編集]

2014年5月1日現在、14件の無形文化財が指定されている[1][3]

芸能[編集]

音楽、舞踊、演劇その他の芸能

  • 沖縄伝統舞踊 (沖縄伝統舞踊保存会員)
  • 沖縄伝統音楽野村流 (沖縄伝統音楽野村流保存会)
  • 沖縄伝統音楽安冨祖流 (沖縄伝統音楽安冨祖流保存会)
  • 沖縄伝統音楽湛水流 (沖縄伝統音楽湛水流保存会)
  • 沖縄伝統音楽筝曲 (沖縄伝統音楽筝曲保存会)
  • 八重山伝統舞踊
  • 八重山古典民謡 (八重山古典民謡保存会)
  • 「王府おもろ」五曲六節
  • 琉球歌劇 (琉球歌劇保存会)

工芸美術[編集]

陶芸、染織、漆芸、金工その他の工芸技術

  • 沖縄陶器
  • 芭蕉布 (喜如嘉の芭蕉布保存会)
  • びん型 (沖縄伝統びん型保存会)
  • 本場首里の織物 (沖縄伝統本場首里織物保存会)
  • 久米島紬 (久米島紬保持団体)
  • 宮古上布 (宮古上布保持団体)
  • 八重山上布 (八重山上布保存会)
  • 読谷山花織
  • 壷屋の荒焼 (沖縄陶器保存会)
  • 琉球漆器 (琉球漆器保存会)

空手・古武術[編集]

  1. 沖縄の空手・古武術

民俗文化財[編集]

2014年5月1日現在、25件の民俗文化財が指定されている[1][4]

有形民俗文化財[編集]

  • 城辺町の友利のあま井
  • ウイピャームトゥの祭場
  • 伊是名村諸見の神アサギ附拝所
  • 伊是名村仲田の神アサギ附宅地
  • 伊是名村伊是名の神アサギ附拝所
  • 安里のテラ

無形民俗文化財[編集]

  • 泡瀬の京太郎
  • 宜野座の京太郎
  • 伊集の打花鼓
  • 屋部の八月踊り
  • 湧川の道次楽
  • 謝名のアヤーチ(操り)獅子

記念物[編集]

2014年5月1日現在、117件の記念物が指定されている[1][5]

史跡[編集]

2014年5月1日現在、54件の史跡が指定されている[1][6]

名勝[編集]

2014年5月1日現在、10件の名勝が指定されている[1][7]

  1. 斎場御嶽 - 1955年(昭和30年)1月25日指定(南城市字久手堅サヤハ原)
  2. 中城城跡 - 1955年(昭和30年)1月25日指定(中城村字泊)
  3. 今帰仁城跡 - 1955年(昭和30年)1月25日指定(今帰仁村字今泊)
  4. 轟の滝 - 1956年(昭和31年)2月22日指定(名護市字数久田)
  5. 首里金城町石畳道 - 1964年(昭和39年)5月1日指定(那覇市首里金城町)
  6. 伊江村の城山 - 1967年(昭和42年)4月11日指定(伊江村字東江上グスク原)
  7. 宜野湾市森の川 - 1967年(昭和42年)4月11日指定、2000年(平成12年)5月19日追加指定(宜野湾市真志喜)
  8. 万座毛 - 1972年(昭和47年)5月12日指定(恩納村字恩納)
  9. サンニヌ台 - 1974年(昭和49年)4月25日指定(与那国町字阿佗尼花)
  10. ティンダバナ - 1974年(昭和49年)4月25日指定、1991年(平成3年)12月27日追加指定(与那国町字野武原)[注 1]

天然記念物[編集]

2014年5月1日現在、53件の天然記念物が指定されている[1][8]

動物 - 17件指定[1][8]
  1. フタオチョウ - 1969年(昭和44年)8月26日指定(所在地、地域を定めず指定)
  2. コノハチョウ - 1969年(昭和44年)8月26日指定(所在地、地域を定めず)
  3. アサヒナキマダラセセリ - 1978年(昭和53年)4月1日指定(石垣島西表島
  4. イボイモリ - 1978年(昭和53年)11月9日指定(所在地、地域を定めず指定)
  5. クロイワトカゲモドキ(マダラトカゲモドキも含む) - 1978年(昭和53年)11月9日指定(所在地、地域を定めず指定)
  6. ヨナグニサン - 1985年(昭和60年)3月29日指定(所在地、地域を定めず指定)
  7. キクザトサワヘビ - 1985年(昭和60年)3月29日指定(所在地、地域を定めず指定)
  8. ホルストガエル - 1985年(昭和60年)3月29日指定(所在地、地域を定めず指定)
  9. ナミエガエル - 1985年(昭和60年)3月29日指定(所在地、地域を定めず指定)
  10. イシカワガエル - 1985年(昭和60年)3月29日指定(所在地、地域を定めず指定)
  11. 与那国島宇良部岳ヨナグニサン生息地 - 1985年(昭和60年)3月29日指定(与那国町字与那国宇良部2983-1)
  12. 宮古馬 - 1991年(平成3年)1月16日指定(宮古島市平良字西里240-2)
  13. チャーン - 1991年(平成3年)1月16日指定(うるま市高江洲)
  14. アマミヤマシギ - 1994年(平成6年)2月4日指定(所在地、地域を定めず指定)
  15. クメジマボタル - 1994年(平成6年)2月4日指定(所在地、地域を定めず指定)
  16. 琉球犬 - 1995年(平成7年)12月22日指定(南風原町字与那覇)
  17. ミヤコサワガニ - 2010年(平成22年)9月28日指定(所在地、地域を定めず指定)
植物 - 28件指定[1][8]
  1. 天底のシマチスジノリ - 1955年(昭和30年)1月25日指定(今帰仁村字天底)
  2. 今泊のコバテイシ - 1956年(昭和31年)10月19日指定(今帰仁村字今泊)
  3. 田名のクバ山 - 1958年(昭和33年)1月17日指定(伊平屋村字田名)
  4. 念頭平松 - 1958年(昭和33年)1月17日指定(伊平屋村字田名)
  5. 伊是名城跡イワヒバ群落 - 1958年(昭和33年)1月17日指定(伊平屋村字伊是名)
  6. 船浮ヤエヤマハマゴウ - 1959年(昭和34年)12月16日指定(竹富町字船浮)
  7. 宮鳥御嶽のリュウキュウチシャノキ - 1959年(昭和34年)12月16日指定(石垣市字石垣)
  8. 宇根の大ソテツ - 1959年(昭和34年)12月16日指定(久米島町字宇根)
  9. 安波のサキシマスオウノキ - 1959年(昭和34年)12月16日指定(国頭村字安波)
  10. 佐敷町冨祖崎海岸のハマジンチョウ群落 - 1961年(昭和36年)6月15日指定(南城市佐敷字冨祖崎)
  11. 真謝のチュラフクギ - 1970年(昭和45年)5月19日指定(久米島町字真謝)
  12. 万座毛石灰岩植物群落 - 1972年(昭和47年)5月12日指定(恩納村字恩納)
  13. 仲筋村ネバル御嶽の亜熱帯海岸林 - 1972年(昭和47年)5月12日指定(石垣市字川平ヒウッタ原)
  14. 宮里前の御嶽のハスノハギリ群落 - 1973年(昭和48年)3月29日指定(名護市字宮里兼久原)
  15. 名護番所跡のフクギ群 - 1974年(昭和49年)2月22日指定(名護市字名護)
  16. 大宜味御嶽のビロウ群落 - 1974年(昭和49年)2月22日指定(大宜味村字大宜味)
  17. 国仲御嶽の植物群落 - 1974年(昭和49年)2月22日指定(宮古島市伊良部字国仲)
  18. 塩川御嶽の植物群落並びにフクギ並木 - 1974年(昭和49年)10月3日指定(多良間村字塩川)
  19. 運城御嶽のフクギ群落 - 1974年(昭和49年)10月3日指定(多良間村字仲筋)
  20. 多良間島の土原御嶽の植物群落 - 1974年(昭和49年)12月26日指定(多良間村字仲筋)
  21. 多良間島の嶺原の植物群落 - 1974年(昭和49年)12月26日指定(多良間村字仲筋)
  22. 多良間島の抱護林 - 1974年(昭和49年)12月26日指定(多良間村字仲筋、字塩川)
  23. アカラ御嶽のウバメガシ及びリュウキュウマツ等の植物群落 - 1977年(昭和52年)5月9日指定(伊是名村字伊是名)
  24. 東平安名岬隆起珊瑚礁海岸風衝植物群落 - 1980年(昭和55年)4月30日指定(宮古島市城辺字平安名)
  25. 粟国村字西の御願の植物群落 - 1980年(昭和55年)4月30日指定(粟国村字西土倉原)
  26. 比地の小玉森の植物群落 - 1991年(平成3年)4月2日指定(国頭村字比地)
  27. 久高島伊敷浜の海岸植物群落 - 1995年(平成7年)12月22日指定(南城市知念字久高)
  28. 久高島カベールの海岸植物群落 - 1995年(平成7年)12月22日指定(南城市知念字久高)
地質 - 6件指定[1][8]
  1. くまや洞窟 - 1958年(昭和33年)1月17日指定(伊平屋村字田名)
  2. 仲島の大石 - 1958年(昭和33年)3月14日指定(那覇市泉崎)
  3. 久米島町奥武島畳石 - 1967年(昭和42年)4月11日指定(久米島町奥武島の東海岸)
  4. 喜如嘉板敷海岸の板干瀬 - 1974年(昭和49年)2月22日指定(大宜味村字喜如嘉)
  5. 本部町大石原のアンモナイト化石 - 1974年(昭和49年)12月26日指定(本部町字山川)
  6. 北大東村字中野の北泉洞 - 1985年(昭和60年)3月29日指定(北大東村字中野58、59)
天然保護区域 - 2件指定[1][8]
  1. 嘉津宇岳安和岳八重岳自然保護区 - 1972年(昭和47年)3月14日指定(名護市本部町
  2. 与那国島久部良岳天然保護区域 - 1985年(昭和60年)3月29日(与那国町字与那国満田原)

選択文化財[編集]

2014年5月1日現在、3件の記録作成等の措置を講ずべき無形文化財が選択されている[1][9]

  1. 首里王府の路次楽 - 1978年(昭和53年)3月24日選択(沖縄民俗芸能保存会)
  2. 津堅島の唐踊 - 1978年(昭和53年)3月24日選択(津堅民俗芸能保存会)
  3. 池間島のミャークヅツ - 1981年(昭和56年)1月26日選択(池間島民謡保存会)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ティンダバナについては、2014年(平成26年)10月6日付けで、国の名勝に指定された。国指定文化財等データベース - ティンダバナ(2015年5月2日閲覧)。ここでは、沖縄県教育庁文化財課(2014)に合わせて掲載しているが、沖縄県指定の名勝からは除外されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 沖縄県教育庁文化財課(2014、89頁)
  2. ^ 沖縄県教育庁文化財課(2014、100-104頁)
  3. ^ 沖縄県教育庁文化財課(2014、104-105頁)
  4. ^ 沖縄県教育庁文化財課(2014、105頁)
  5. ^ 沖縄県教育庁文化財課(2014、106-109頁)
  6. ^ 沖縄県教育庁文化財課(2014、106-107頁)
  7. ^ 沖縄県教育庁文化財課(2014、107頁)
  8. ^ a b c d e 沖縄県教育庁文化財課(2014、108-109頁)
  9. ^ 沖縄県教育庁文化財課(2014、109頁)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]