サキシマスオウノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サキシマスオウノキ
Sakishimasuo 200708.jpg
サキシマスオウノキ
西表島仲間川上流・2007年8月、樹齢約400年[1]1982年に発見された。)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : 真正バラ類 eurosids
: アオイ目 Malvales
: アオイ科 Malvaceae
: サキシマスオウノキ属 Heritiera
: サキシマスオウノキ H. littoralis
学名
Heritiera littoralis Dryand.
和名
サキシマスオウノキ(先島蘇芳木)
果実

サキシマスオウノキ(先島蘇芳木、Heritiera littoralis)は、アオイ科(従来の分類ではアオギリ科)の常緑高木。日本では特によく板根を発達させる木として有名である。

特徴[編集]

常緑性高木で5-15mになる。葉は長さ10-20cmで、長楕円状卵形から楕円状卵形。先端はとがっている場合も丸まる場合もあるが、基部は円脚(丸っこい形)をあいている。葉質は硬く、表は緑色でつやがあって無毛、裏面は銀色や多少色づく円形の鱗状の毛が密生する。

円錐花序は7-15cmになり、多数の花をつける。

板根が特徴。板根を持つ樹木は熱帯域に多い。日本ではこの他に、イヌビワオキナワウラジロガシなどが形成することがあるが、本種のそれが群を抜いて立派で、高さは2mくらいになる例もある。

分布[編集]

熱帯アジア台湾ポリネシア、熱帯アフリカに分布。マングローブのある湿地内陸側に多く生育する。

日本での生育地は、奄美大島沖縄島石垣島西表島が知られる。このうち石垣島(沖縄県石垣市)の桴海於茂登岳山麓の「ンタナーラのサキシマスオウノキ群落」[2]、及び、西表島(沖縄県八重山郡竹富町古見の「古見のサキシマスオウノキ群落」[3]天然記念物に指定されている。また、西表島の仲間川上流には樹齢400年と推定されるサキシマスオウノキの巨木があり、森の巨人たち百選に選定されている[1]

利用[編集]

サキシマスオウノキの舵(沖縄県竹富島喜宝院蒐集館蔵)

沖縄県では、かつてこの板根を切り出してそのままサバニ)のとして使用した[1]。樹皮は染料用として利用される。和名の「サキシマスオウノキ」(先島蘇芳木) の「スオウ」は、染料として利用されるスオウ(蘇芳木、マメ科の落葉小高木)に由来する。また、「サキシマ」は先島諸島宮古列島八重山列島の総称)のことである。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 沖縄の名木百選 仲間川のサキシマスオウノキ”. おきなわ 緑と花のひろば. 沖縄県環境部環境再生課. 2018年3月21日閲覧。
  2. ^ ンタナーラのサキシマスオウノキ群落 - 文化遺産オンライン(文化庁
  3. ^ 古見のサキシマスオウノキ群落 - 文化遺産オンライン(文化庁

参考文献[編集]

  • 初島住彦『琉球植物誌(追加・訂正版)』,(1975),沖縄生物教育研究会

関連項目[編集]