万座毛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
盛夏の万座毛

万座毛(まんざもう、Cape Manza)は、沖縄県国頭郡恩納村にある景勝地海岸の絶壁に、の鼻の形のが付いているのが特徴。東シナ海に面し、沖縄海岸国定公園に属する。

名前の由来[編集]

琉球王朝の時の王である尚敬王が、「万毛(毛は原っぱのこと)」(言い換えると「一万人が座れる広い原っぱ」)と評したことに由来していると言われている。

観光[編集]

自然[編集]

岩の上面のシバ草原は主としてコウライシバから構成され、これにナハエボシグサシオカゼテンツキなどが混じる。周辺にはモンパノキクサトベラなどの海岸性の低木が群落を作っている。

沖縄の隆起珊瑚礁には天然のシバ草原が稀ではないが、ここはその最大規模のものである。多くの海岸性植物が見られるが、この地域の海岸崖地には、イソノギクをはじめ、沖縄島でもここだけに見られる特殊な植物がいくつか生育することが知られており、万座毛石灰岩植物群落として沖縄県指定天然記念物に指定されている。

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯26度30分18秒 東経127度51分1秒 / 北緯26.50500度 東経127.85028度 / 26.50500; 127.85028