根岸 (相撲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
根岸部屋から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

根岸(ねぎし)とは、日本相撲協会年寄名跡のひとつ。

番付版元であった「三河屋治右衛門」に対して相撲会所から認められた年寄名跡で根岸家が世襲し代々「治右衛門」が通り名として使われた。

1951年(昭和26年)に10代目が相撲協会へ番付の版権とともに名跡を返上した。その折の要望で力士への譲渡は行われず、止め名として実質的に廃止された状態になっている。

番付に使われる書体の根岸流に名前を残している。

根岸の代々[編集]

代目 襲名期間 備考
初代 三河屋治右衛門 -1765年9月(死去) 初代出来山の次男 宝暦7年10月場所(初めての縦一枚番付の場所)

に板元として記載

2代目 三河屋治右衛門 1766年10月- 2代出来山が短期間兼務か
3代目 三河屋治右衛門 1770年7月-1776年10月(死去) 初代か2代目の息子か
4代目 三河屋治右衛門 1776年10月-1812年11月 3代出来山に名跡変更
5代目 三河屋治右衛門 1812年11月-1846年11月(死去) 4代目の手代・安治郎。1800年より4代目と連記、三河屋治兵衛から襲名。 

『相撲起顕』を著す

6代目 三河屋治右衛門 1847年-1849年11月(死去) 5代目の手代・鉄治郎。1830年より5代目と連記 

巡業番付で根岸鉄二郎と名乗る

7代目 三河屋治右衛門 1850年頃-1862年4月(死去) 5代目の息子 年寄間垣から襲名と推定
8代目 三河屋治右衛門

(根岸治三郎)

1862年頃-1886年8月(死去) 正式に年寄となる。根岸部屋を経営。1882年頃年寄根岸に。

年寄のトップとして取締編輯人を務める。

9代目 根岸治右衛門 1886年8月-1889年3月(死去) 8代目の息子か。早逝。
10代目 根岸治右衛門 1889年3月-1921年5月(隠居) 8代目の息子。1876年4月22日生まれ。根岸部屋を経営、東京市議も務める。

1920年政界疑獄事件で入獄し、全ての公職を辞職、1945年12月69歳で没。

11代目 根岸治右衛門 1921年-1951年5月(返上) 10代目の弟の息子。1910年4月17日生まれ。1921年11歳で襲名。

木戸部長、会長秘書を務める。2005年12月18日95歳で没。

根岸部屋[編集]

根岸親方が師匠を務めた相撲部屋。

所属した主な力士[編集]

伊勢ノ濱慶太郎八幡山定吉初春吉五郎高ノ戸大五郎海山太郎

関連項目[編集]