日奈久温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg日奈久温泉
Banpeiyu-Furo-Hinagu-Kumamoto.jpg
温泉情報
所在地 熊本県八代市
交通 肥薩おれんじ鉄道日奈久温泉駅下車
泉質 弱アルカリ単純泉
外部リンク 日奈久温泉旅館組合
日奈久温泉 路地裏ツーリズム
テンプレートを表示

日奈久温泉(ひなぐおんせん)は、熊本県八代市(旧国肥後国)にある温泉。詩人・種田山頭火が愛好したことで知られる。

アクセス[編集]

泉質[編集]

温泉街[編集]

天草諸島を望む不知火海(八代海)の海岸沿いに旅館街がある。木造三階建てが点在し往時の名残をとどめており、細い路地に懐かしい雰囲気が漂う。海の幸も豊富で、とりわけタチウオハモワタリガニが有名。

合計16の泉源が集中しているが、現在は温泉協同組合を作り、一部の温泉を除いて共同管理している。湧出量は毎時140トン、ほとんどの旅館がかけ流しである。日奈久の名産として高田焼竹細工、日奈久ちくわが知られる。

歴史[編集]

1409年応永16年)、刀傷を負った父(甲斐重村の家臣だった浜田右近)の平癒を祈願した浜田六郎左衛門が、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)のお告げにより干潟から湯を掘り当てた伝説が残る[1]。六郎左衛門が掘ったとされる湯元には、記念碑が建っている[1]

1540年天文9年)8月11日から27日にかけて龍造寺氏1586年天正14年)9月10日に上井覚兼が、それぞれ湯治した記録が残っている[1]江戸時代には熊本藩細川氏の藩営温泉となった。藩主・細川綱利の命によって大浴場が設けられ、身分に応じて入浴が許可された[1]八代城主・松井氏参勤交代途上の島津氏もよく利用した。

明治に入ると宿も増え、名士たちも「どこよりも日奈久」とやってきたという。薩摩街道筋を中心に明治・大正・昭和の町の区割りや建物、路地が残っている。

金波楼

特に、明治末期から昭和初期に相次いで建てられた木造三階建て、二階建て旅館群は、九州内では最も多く密集しており、細部に至る数奇屋細工や和小屋・洋小屋掛け、浴場の変遷などを見ることができ、随所に建築的価値の高い建物が残る。国の登録有形文化財に登録されている金波楼のほか、泉屋、柳屋旅館、新湯旅館などが代表的で、いずれも現在でも宿泊可。

1967年に開業した市営日奈久温泉センターの老朽化が進み利用客も低迷していたことから、八代市はこれを解体し、熊本藩の奥座敷で藩営の湯となり、明治時代には観光施設であった「本湯」をイメージした和風の新施設を建設。開湯600年に当たる2009年7月の「丑の湯祭」に合わせ、完成(丑の湯祭りとは土用の丑の日に毎年開催され、一度入浴すると1000回入浴した効果が出ると言われる祭り)。 2009年7月21日13時より、日奈久温泉センター「ばんぺい湯」の営業を再開した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 日奈久温泉の由来(ひなぐおんせんのゆらい) 八代市”. 熊本県庁. 2014年1月8日閲覧。