心気症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
心気症
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
精神医学, 心理学
ICD-10 F45.2
ICD-9-CM 300.7
MeSH D006998

心気症(しんきしょう、: hypochondriasis)とは、身体の徴候や症状の誤った解釈のため、病気にかかるあるいはかかっているとの思い込みが6か月以上持続しており、それが著しい苦痛や機能の障害を呈している精神障害である[1]。病気に関する不安に著しくとらわれ、正常を逸脱している。『精神障害の診断と統計マニュアル』第4版のDSM-IVの診断名である。第5版のDSM-5では病気不安症(英:Illness Anxiety Disorder)である。

特にADHDアスペルガー症候群などの精神疾患をもった患者に多いが大半は、思い込みによる状態が多く、悪化する心配はない。成人してその症状が出た場合は、両親などに原因があることが多い。

DSM-IVにおける診断基準の1つは身体醜形障害ではないことを要求している。

DSM-5では医療を求める型と、避ける型を特定するよう記載されている。

頭痛や胃痛といった、些細な心身の不調を誤って解釈し、「がんなどの重篤な病気にかかっているのではないか」と思い込んでいるものである。いくら検査などで身体に異常がないと指摘されても、容易に考えを変えることができず、病院を転々とすることもしばしばある。たとえば、バルザックの『谷間の百合』に出てくるモロソフ伯爵がこれにあたる[2]

治療[編集]

心気症は、不安障害の一種であり、認知行動療法が有効である[3]

まず治療者は、個々の身体感覚についての認知モデルを示しながら、別の安心できる説明・解釈(事実に基づいている)を提示し、患者が苦痛・恐怖の少ない解釈を採用できるよう支援する[4]。その際、従来の解釈と別の解釈、それぞれのメリットと証拠についての再調査と議論を行ったり、それぞれの妥当性を検証するための行動実験(治療者のサポートのもと、従来の解釈・別の解釈の妥当性を、実際の行動を伴って検証すること。身体感覚は、従来考えていた原因以外の要素に影響されるということを知ることができる)を行ったりすることを通じて、患者が安心できる解釈のほうを採用できるようサポートする[5]

出典[編集]

  1. ^ 『DSM-IV-TR』§心気症。
  2. ^ 中外医学社『コメディカルのための専門基礎分野テキスト 精神医学』171ページ
  3. ^ Clark, D. M., & Fairburn, C. G. 伊豫雅臣(監訳) (2003).認知行動療法の科学と実践 星和書店,219頁.
  4. ^ Clark, D. M., & Fairburn, C. G. 伊豫雅臣(監訳) (2003).認知行動療法の科学と実践 星和書店,227-228頁.
  5. ^ Clark, D. M., & Fairburn, C. G. 伊豫雅臣(監訳) (2003).認知行動療法の科学と実践 星和書店,227-228,236,240-241頁.

関連項目[編集]