張韶涵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
張 韶涵(アンジェラ・チャン)
ANGELA TAIPEI 5TH SEASON.JPG
2009年10月11日、台湾台北のライブハウス河岸留言でのアルバム発売キャンペーン。
基本情報
繁体字 張韶涵
簡体字 张韶涵
漢語拼音 zhāng sháo hán
注音符号 ㄓㄤ ㄕㄠˊ ㄏㄢˊ
生誕 (1982-01-19) 1982年1月19日(35歳)
台湾の旗 台湾桃園県 (現:桃園市)
英語名 Angela Chang
職業 歌手女優
ジャンル C-POP
レーベル

福茂唱片 [Linfair Records]
(2001 - 2011)
美妙音楽 [Wonderful Music]
(発行契約 / 2012 - 2015)

海蝶音楽 [Ocean Butterflies]
(発行契約 / 2016 - 現在)
活動期間 2002年 - 現在
公式サイト 張韶涵 Facebook

張 韶涵(チャン・シャオハン、英語名アンジェラ・チャン、1982年1月19日-)は台湾歌手女優。2008年以降は主に歌手活動がメイン。歌手デビュー時のキャッチコピーは「小さな体、巨大な声のエネルギー」で、その後の彼女の紹介文にもしばしば使われている[1]。2012年には独立レーベル「ANG MUZIK」を起ち上げ、自らアルバムのプロデュースも行っている。また、女性向けシューズブランドを経営するなど事業家としての一面も持っている。

プロフィール[編集]

バイオグラフィー[編集]

台湾桃園県(現在の桃園市)でウイグル族クォーターとして生まれる。

小学校6年生の卒業間際に家族でカナダバンクーバーへ移住。中学生の時に聖歌隊に入隊し、歌うことの楽しさを覚える。高校に入学後は歌のコンテストに多数参加し、やがて台湾のラジオ局主催のコンテスト「中廣流行之星」カナダ地区大会で優勝したことをきっかけに、プロの歌手になることを決意する。その後同大会の台湾の本戦に参加し8強に選ばれるも、学業のために決勝を放棄してカナダへ帰っている。しかしその時のVTRを見た歌手の林隆璇 (ケビン・リン) の誘いを受け、高校卒業後に台湾に帰国。林隆璇によるボーカルレッスンを受けながら一年に渡る各レコード会社への売り込み活動の末、2001年福茂唱片 (Linfair Records) と契約した。

2002年、歌手デビューを願う彼女の意に反してドラマMVP情人』の主役に抜擢される。翌年のドラマ『イルカ湾の恋人』でも主役を演じ、アイドル女優として脚光を浴びることとなる。『イルカ湾の恋人』ではエンディングテーマ曲「遺失的美好」と挿入歌「Journey」を歌い、特に前者は彼女のその後の代表曲の一つとなる。

2004年1月、アルバム『Over The Rainbow』の発表で本格的に念願の歌手デビューを果たす。そのヒットを受けて同じ年の年末には2作目のアルバム『歐若拉 Aurora』がリリースされる。

翌年2005年には、台湾の第16回金曲奨(日本のレコード大賞に相当)において、新人賞ではなく2作目のアルバムを対象に最優秀女性歌手賞(最佳國語女演唱人獎)にノミネートされる[5]

女優としても、ドラマ「愛殺17」では性格の異なる双子姉妹を演じ分け、2006年第41回金鐘奨(台湾のエミー賞と表現される)でドラマ番組最優秀主演女優賞(戲劇節目最佳女主角獎)にノミネートされている[6]

2006年にリリースされたアルバム『潘朶拉』に収録された楽曲「香水百合」が、NHK教育テレビ(現Eテレ)の番組「中国語会話」の2007年度テーマ曲に採用される。

また、同アルバム収録の「隱形的翅膀 (見えない翼)」はその後の彼女の定番曲となるほど中華圏で大ヒットし、2009年の北京地区の大学入試問題ではこの曲の歌詞が引用され、「自分にとっての見えない翼とはなにか作文せよ」という作文問題が出されている[7]

2008年2月先天性心臓疾患が悪化。しばらくカナダのバンクーバーで療養する[8][9][10]。同年4月に復帰した時には、今後はドラマへの出演は控え目にして歌手活動に力を入れることを語った[11]

2009年12月、中華圏の女性歌手ではイベント1回あたりの平均出演料がこの年最も高額であったことが報じられる[12]

2011年7月、10年にも及ぶ福茂唱片との契約が満了する。2011年中は契約期間中の残務的な仕事をこなすのみで、2012年に入ると上半期はほとんど芸能活動を行なっておらず、事実上この間は活動休止期間となる。

2012年7月、台湾の美妙音楽 (Wonderful Music) との契約が発表される[13]。同月中に自身の初プロデュースによるシングル曲「That Girl」を発表。

その頃、音楽製作及びマネージメントを行なう個人レーベル「ANG MUZIK (天涵有限公司)」を起ち上げ、彼女の1歳下の妹がマネージャーを務め、独立プロダクションとして稼働を始める (会社として正式に成立したのは2013年12月[14])。美妙音楽との契約はCDの販売契約のみで所属歌手のリストには入っておらず、その後の移籍レーベルでも同じ形をとっている。

2013年1月、1年の準備期間を経て女性向けシューズブランド「Temptation Styles」を起ち上げ、自身でデザインしたシューズの販売をネット通販により開始[15]。8月には台北市内に店舗をオープンし[16]、翌年には二軒目をオープンしている[17]。また、2014年のアルバム『張韶涵』には「Temptation Styles」がスポンサーとしてクレジットされている。

ディスコグラフィー[編集]

※各楽曲は、一部のシングル曲を除いて日本のiTunes StoreまたはKKBOXでネット配信されている。

アルバム[編集]

シングル曲[編集]

  • 娃娃(2004年12月 / 韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い台湾版主題歌 / シングルCD[18]
  • 絕不2007年1月 / アイドル発掘番組『加油好男兒』主題歌 / ネット配信)
  • 藍眼睛(2007年4月 / ロックバンドソーダグリーン (蘇打緑) とのコラボレーション / ネット配信)
  • 控制不了(2007年8月 / 台湾ロッテCMソング / ライブDVD『百変張韶涵』の特典映像としてミュージックビデオが収録され、その後ネット配信)
  • 非常完美(2009年7月 / 中国映画『ソフィーの復讐 (原題: 非常完美)』主題歌 / 庾澄慶 (ハーレム・ユー) とのデュエット / ネット配信)
  • 城市之窗(2010年5月 / 上海万博内同名ミュージカル主題歌 / ネット配信)
  • 海宝来了(2010年 / 同名アニメ主題歌)
  • 瞬間移動(2010年8月 / ネット配信)
  • 傷日快樂(2011年2月 / ドラマ『晴れのちボクらは恋をする (原題: 幸福最晴天)』エンディング曲 / ネット配信)
  • 誰的烏托邦(2011年4月 / ドラマ『烏托邦辦公室』主題歌)
  • That Girl(2012年7月 / フィンランドユーフォリアOK「I'M THAT GIRL」の中国語カバー曲 / ネット配信)
  • OK蹦(2014年1月 / アルバム『張韶涵』からの先行リリース / ネット配信)
  • 為愛而活(2014年2月 / アルバム『張韶涵』からの先行リリース / ネット配信)
  • 還記得嗎(2015年12月 / 「Live ギター版」「深情弦楽版」「青春ロック版」の3バージョンをリリース / ネット配信)
  • 把你信仰(2016年2月 / 中国ドラマ『尋找愛的冒険』エンディング主題歌 / ネット配信)
  • 再見之前(2016年7月 / アルバム『全面淪陷』からの先行リリース / ネット配信)
  • 不害怕(2016年7月 / アルバム『全面淪陷』からの先行リリース / ネット配信)

他のレコーディングへの参加[編集]

コンピレーション・アルバム[編集]

  • イルカ湾の恋人 オリジナル・サウンドトラック(海豚灣戀人電視原聲帶 / 2003年5月28日 / 福茂唱片 /「遺失的美好」と「Journey」を初収録)※日本版CDもリリース。

ライブDVD[編集]

  • 百変張韶涵 2007世界巡迴演唱会(2007年8月3日 / 福茂唱片)※オーディオ版がネット配信されている。

フィルモグラフィー[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 短信一月追(中国 / 2005年)主演 雪薇 役(香港公開タイトル: 愛情短訊)
  • 10+10 [256巷14號5樓之1](台湾 / 2011年)[20][21]
  • 7日間の恋人(原題: 影子愛人 / 香港 / 2012年)[22]

映画のアフレコ[編集]

コンサート[編集]

大規模ツアー[編集]

百変新勢力 世界巡迴演唱会

潘朵拉星球 世界巡迴演唱会

純粋 世界巡迴演唱会

小規模ソロライブ[編集]

  • 2009年8月27日 台北ライブハウス河岸留言(匿名の“搖擺A”名義で行なう[23]

ゲスト参加したコンサート[編集]

  • 2008年12月20日 任賢齊 (リッチー・レン) の『2008 Love&Beloved 世界巡迴演唱会』(杭州黃龍体育館 / デュエットで「広島之恋」、ソロで「隱形的翅膀」を歌う[24][25]

著書[編集]

  • 奇蹟の安琪拉(2004年 / タイトルに平仮名の「の」が使われているが、中華圏の多くのwebページでは「之」が代用されている)
  • 美麗的游離(2011年)

脚注・出典[編集]

  1. ^ G-Music『Over The Rainbow』紹介ページ(繁体字中国語)
  2. ^ a b G-Music 藝人介紹 張韶涵個人情報(繁体字中国語)
  3. ^ 張韶涵的歷年專輯與介紹”. KKBOX TAIWAN. 2013年5月9日閲覧。(繁体字中国語)
  4. ^ 女優デビュー当時マスコミによって付けられた呼び名で、名前の枕詞として芸能報道でしばしば使われる。意訳は「しびれるような眼のお人形」。
  5. ^ 第16回金曲獎ノミネートリスト - 台湾文化部影視及流行音楽産業局(繁体字中国語)
  6. ^ 民国95年テレビ金鐘奨ノミネートリスト 大紀元2006/10/26 - 「(二)戲劇節目最佳女主角獎」を参照。(繁体字中国語)
  7. ^ 張韶涵《隱形的翅膀》 成北京高考作文題|中時電子報2009/06/08(繁体字中国語)
  8. ^ 张韶涵压力过大伤身体 获公司准假回加拿大静养 - 新浪網(中国語)
  9. ^ 张韶涵回加拿大就医 - 新浪網(中国語)
  10. ^ 张韶涵病情稳定不需开刀 体重恢复即将复工 - 新浪網(中国語)
  11. ^ 张韶涵病愈复出 - 新浪網(中国語)
  12. ^ 台湾蘋果日報2009/12/02(繁体字中国語)
  13. ^ 美妙音楽Facebookより。(繁体字中国語)
  14. ^ ANG MUZIK 微博 - 会社紹介文「天涵娛樂 Angmuzik」参照(繁体字中国語)
  15. ^ temptationstyles.com “About TEMPTATION”(繁体字中国語)
  16. ^ Temptation Styles Facebookより 店舗グランドオープンの記事と動画。
  17. ^ Temptation Styles Facebookより 第二店舗オープンの記事と画像
  18. ^ アルバム『歐若拉』台湾初回版に予約特典で付けられたもの。『歐若拉』中国版、香港初回版、シンガポール初回版、台湾3rdバージョンにはボーナストラックとして収録されている。
  19. ^ 藤田和子原作のコミック『ろまんす五段活用』からのドラマ化。
  20. ^ 20人の監督がそれぞれ5分の作品を製作したオムニバス映画『10+10』の中の1エピソード「256巷14號5樓之1」に、張孝全と夫婦役で出演。台湾の映画祭「2011金馬影展」で先行公開された。2011金馬影展《10+10》開幕記者会見: アジアンパラダイス 同年12月に一般公開されている。
  21. ^ 张孝全张韶涵金马短片饰爱侣 雨天搬家斗嘴 - 新浪網(中国語)
  22. ^ 映画.com > 7日間の恋人
  23. ^ 台湾蘋果日報2009/08/04(繁体字中国語) - ライブハウスによる匿名ライブ告知直後にファンによって張韶涵だと見抜かれたことなどが書かれてある。
  24. ^ 任贤齐昨晚黄龙开唱 "好男人"玩转"百变星君" | 浙江新聞2008/12/21(中国語)
  25. ^ 小齐多情,眉来眼去一整夜 | 杭州日報2008/12/21(中国語)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]