宮沢トシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮沢 トシ(みやざわ トシ、正字:宮澤トシ、1898年11月5日 - 1922年11月27日)は、詩人・童話作家宮沢賢治の妹。日本女子大学校(当時は旧制専門学校の扱い)を卒業後、岩手県立花巻高等女学校(現・岩手県立花巻南高等学校)で教員を務めていたが、結核により24歳で死去した。彼女の臨終の模様は『永訣の朝』等の賢治の詩に描写され[1]、またその死去は賢治の創作活動に大きな影響を与えたとされる[2]

なお、名前の「トシ」は戸籍名であるが、賢治の創作や書簡においては「とし子」「敏」といった表記も用いられている[2]

生涯[編集]

1898年11月5日、父・宮沢政次郎と母・イチとの間に宮沢家の長女として、2歳離れた長男の賢治の次に誕生した[3]。トシの下には妹・シゲ(1901年生)、弟・清六(1904年生)、妹・クニ(1907年生)が生まれている[3]。宮沢家は岩手県稗貫郡花巻川口町(現・花巻市豊沢町)にあった。

賢治とは2歳違いのすぐ下の妹であったことから、兄弟の中では最も親しかった[4]。賢治5歳・トシ3歳の小正月に写された二人の写真(伯父が撮影)が現存している[5]。尋常小学校の頃から成績は優秀で4年生では「模範生」に選ばれ[6]、花巻高等女学校に進学する。高等女学校でも学年トップに近い成績を残していたとされる[6][2]2014年(大正3年)5月、4年生になって、3年生との6日間の合同修学旅行先が東京で、開催中の大正博覧会を見学、訪問先は上野東京音楽学校[7]。しかし、最終学年だった1915年に音楽教師との恋愛が地元の新聞に(変名で)3日間掲載されるという事件が起きる[2]。卒業式で総代として答辞を読み、卒業後に東京の日本女子大学校に進学する[2]

日本女子大学校では、創立者の成瀬仁蔵の薫陶を受けた[2]。在学最終年の1918年12月に高熱を発して東京帝国大学医科大学附属医院分院(通称:永楽病院)に入院する[8]。母のイチと賢治が看病のために上京し、賢治は翌年2月まで下宿しながら看病をした[6]。主治医は二木謙三だった[9]。病状は当初チフスが疑われたが、結局風邪(肺炎になる寸前)であった[6]。日本女子大学校では本来なら出席日数不足となるところ、入学以来トップの成績を維持したことが評価されて卒業が認められた[6]

卒業後は帰郷し、1920年9月29日より母校で教諭心得となり、英語を担当する[10]。しかし、1年と経たない1921年夏(8月中旬とされる)に再び病に倒れる[11]。この病気の知らせは、当時父親と宗教上の対立を理由に出京していた賢治が帰郷するきっかけとなった[11]。帰郷した賢治は稗貫農学校(のち、岩手県立花巻農学校、現・岩手県立花巻農業高等学校)に教員として務める傍ら、トシの看病に当たった。トシは1921年9月12日付で女学校を退職した[12]。1922年7月には、下根子桜(現・花巻市桜町)にあった別宅に移って療養を続けた[12][13]。1922年11月19日に再度豊沢町の実家に戻る[12]。その8日後の夜8時半すぎにトシは死去した[14]

賢治の詩「青森挽歌」においては、

とし子はみんなが死ぬとなづける
そのやりかたを通つて行き
それからさきどこへ行つたかわからない
それはおれたちの空間の方向ではかられない
感ぜられない方向を感じようとするときは
たれだつてみんなぐるぐるする
((耳ごうど鳴つてさつぱり聞けなぐなつたんちやい))
さう甘えるやうに言つてから
たしかにあいつはじぶんのまはりの
眼にははつきりみえてゐる
なつかしいひとたちの声をきかなかつた
にはかに呼吸がとまり脈がうたなくなり
それからわたくしがはしつて行つたとき
あのきれいな眼が
なにかを索めるやうに空しくうごいてゐた
それはもうわたくしたちの空間を二度と見なかつた

という、トシの臨終についての記述がある(ただし、これが文学作品である点には留意が必要)。

末の妹のクニの息子で甥の宮沢惇郎が、所持している『自省録』と発見して名付けられた、作者の名前とタイトルもない、1920年(大正9年)2月9日に、細字の万年筆で細かく書かれた約30枚のノート用紙の遺品にこれまでの出来事を、彼女の死と失恋に共感した後の宮沢賢治の文芸作品を影を落とすようになった。惇郎はトシの遺書を、著書の『伯父は賢治』に全文公開する[15]

人物[編集]

秀才さと相まって、真面目で淑やかな性格をしていた[16]。しかし、好奇心旺盛な進学意欲が故郷を追われる羽目となった[17]。父・政次郎からバイオリンを購入してもらい、音楽に対する熱意な恋と、大胆な好意を寄せている東京音楽学校を卒業した新任の音楽教師の指導を受けた。夕顔のような声で人形を抱き、彼を慕っていた[18]。しかし、危ない一線を越えておらず、不快に思った同級生や友達から非難冷笑に言いふらされたことを『自省録』に記した[19]

関連作品[編集]

宮沢トシを演じた人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 堀尾、1991年、p.207
  2. ^ a b c d e f “「永訣の朝」宮沢賢治とトシ―岩手・花巻”. asahi.comトラベル. (2006年12月20日). http://www.asahi.com/travel/traveler/TKY200612020129.html 2020年1月16日閲覧。 
  3. ^ a b 堀尾、1991年、p.21
  4. ^ 堀尾、1991年、p.135
  5. ^ 堀尾、1991年の口絵に掲載。
  6. ^ a b c d e 堀尾、1991年、pp.102 - 109、135 - 136
  7. ^ 今野、2017年、p.74-p.75
  8. ^ 堀尾、1991年、p.192
  9. ^ 秋田人物史第十八回 医学者二木謙三 - 美の国あきたネット
  10. ^ 堀尾、1991年、p.113
  11. ^ a b 堀尾、1991年、p.120、186
  12. ^ a b c 堀尾、1991年、p.205
  13. ^ この別宅はトシの死後、賢治が羅須地人協会として使用した。
  14. ^ 堀尾、1991年、p.208
  15. ^ 今野、2017年、p.69
  16. ^ 今野、2017年、p.69
  17. ^ 今野、2017年、p.70
  18. ^ 今野、2017年、p.74-p.79
  19. ^ 今野、2017年、p.80、p.81

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 堀尾青史「未発表資料 宮沢トシ書簡集」「宮沢トシその生涯と書簡」『ユリイカ』1970年7月号
  • 宮沢淳郎『伯父は賢治』八重岳書房、1989年  - 「宮沢トシ自省録」を収録(初出)
  • 山根知子『宮沢賢治 妹トシの拓いた道―「銀河鉄道の夜」へむかって』朝文社、2007年