月夜のでんしんばしら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

月夜のでんしんばしら」(つきよのでんしんばしら)は、宮沢賢治童話のひとつ。童話集『注文の多い料理店』に収録されている。

どこまでも続く電信柱の列を軍隊行進になぞらえ、また電気・通信の黎明期らしいエピソードが興味深い寓話である。21世紀になって、石川啄木の短歌「かぞえたる子なし一列驀地(ましぐら)に北に走れる電柱の数」や、執筆当時のシベリア出兵との関連が指摘されている[1]

あらすじ[編集]

ある夜、恭一少年は鉄道線路の横を歩いていた。すると彼は信じられない光景に出くわす。「ドッテテ、ドッテテ、ドッテテド」というリズミカルな歌が聞こえたきたかと思うと、線路に沿って立つ何千本と並ぶ電信柱が一斉に行進を始めたのだ。様々な姿形の電信柱が通り過ぎる中、やがて彼らに号令をかける老人が歩いてくる。それは「電気総長」と名乗る人物だった。

登場人物[編集]

恭一
本編の主人公。ある夜、行進する電信柱たちを目撃する
電気総長
電信柱たちの大将。背が低く顔は黄色、ぼろぼろの灰色のコートを着ている。

作者による関連作品[編集]

賢治自身が本作を題材にした創作を複数残している[1]

水彩画
月をバックに歩く1本の擬人化された電信柱を描いた水彩画。童話集『注文の多い料理店』に菊池武雄の描いた本作の挿絵とはかなり趣を異にしている。菊池は賢治の生前にはその絵を見せられることはなく、後に「もしそれを見ていたら絶対さしえなんかかかなかったろう」という感想を抱いたという[2]
楽曲
作中で歌われる軍歌について、賢治自身が作曲した歌が存在する。

脚注[編集]

  1. ^ a b 米地文夫宮沢賢治「月夜のでんしんばしら」とシベリア出兵『総合政策』第14巻2号、岩手県立大学総合政策学部、2013年
  2. ^ 堀尾青史『年譜 宮沢賢治伝』中央公論社中公文庫>、1991年、P.237

外部リンク[編集]