暁烏敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

暁烏 敏(あけがらす はや、1877年明治10年〉7月12日 - 1954年昭和29年〉8月27日)は、真宗大谷派僧侶宗教家である。院号は「香草院」。法名は「釈彰敏」。愛称は「念仏総長」。

真宗大学在学時から俳句を作り、号は「非無」。高浜虚子に師事し、や俳句も多く残した。

同じ加賀の藤原鉄乗高光大船と暁烏敏を合わせて加賀の三羽烏という。

経歴[編集]

  • 1877年(明治10年)、石川県石川郡出城村字北安田(現白山市北安田)真宗大谷派の明達寺に長男としてに生まれる。父の暁烏依念(えねん)は説教使として知られた人物であった。母の千代野も、清貧に甘んじた夫に尽くし、敏の教育に熱心な母であった。
  • 1887年(明治20年)、父 依念と死別。
  • 松任高等小学校を卒業した後、金沢にあった共立尋常中学校(東本願寺と石川県が出資し設立した学校)に進学。
  • 1893年(明治26年)、共立尋常中学校を退学(日本語を世界に広めれば良いとの理由で、英語の試験をボイコットし落第したことが原因)。同年9月、京都の大谷尋常中学校に編入。清沢満之に出会い、以降師事する。
  • 1896年(明治29年)、真宗大学本科に入学。
  • 1897年(明治30年)、20歳で『歎異抄』に出会う。清沢の宗門革新運動に参加、退学になるも、翌年に復学する。
  • 1900年(明治33年)、真宗大学を卒業、東本願寺留学生として東京外国語学校露語別科に入学し、二葉亭四迷に教わるが中退。同年9月、親鸞の思想を近代哲学の観点から見直していた清沢満之が、近角常観の留守宅に主宰した私塾浩々洞に入洞する。佐々木月樵多田鼎とともに浩々洞三羽烏と呼ばれる。
  • 1901年(明治34年)、浩々洞において『精神界』の刊行を発案し、浩々洞の同人らと共に発刊。
  • 1902年(明治35年)、佐々木月樵の妹である山田房子と結婚。
  • 1903年(明治36年)1月より、『精神界』の誌上にて「『歎異抄』を読む」という記事を、8年間55回にわたり連載し、世に『歎異抄』の存在を広める(「『歎異抄』を読む」を再編集したのが『歎異抄講話』)。同年6月6日、師 清沢満之が死去。浩々洞代表となる。
  • 1911年(明治44年)、その熱い情熱から異安心(浄土真宗における異端)扱いを受ける。
  • 1913年(大正2年)、妻 房子と死別。
  • 1914年(大正3年)、共立尋常中学校校長であった今川覚神と多(金沢常福寺娘)の長女 総子と再婚。
  • 1915年(大正4年)、浩々洞代表を辞し、自坊の明達寺に戻る。各地で講演を行い、そのカリスマ性によって多くの信者を獲得する[1][2]。同年、『中外日報』誌上において、複雑な女性関係が問題視され「信界の強盗」と、再三にわたり非難されている。
  • 1924年(大正13年)、母 千代野と死別。
  • 1927年(昭和2年)、インド・欧州旅行[3]
  • 1935年(昭和10年)、眼病を患う[3]
  • 1950年(昭和25年)、蔵書を金沢大学に寄贈、暁烏文庫と名付けられる[4]
  • 1951年(昭和26年)1月、真宗大谷派の宗務総長に就任。窮地に追い詰められていた宗派の財政を回復させる。
  • 1952年(昭和27年)1月、宗務総長を辞任。自ら喜寿を迎えるに当たって、自坊の明達寺に清沢満之の像と、脇侍として合掌する自身の像を安置した臘扇堂を建立を計画する。
  • 1954年(昭和29年)8月20日、臘扇堂が完成、落慶法要を営む。27日、死去、77歳(数え 78歳)歿。

著書[編集]

  • 『吾人の宗教』文明堂 1902  
  • 『宗教清話』法蔵館 1903 
  • 『心霊夜話』編 法蔵館 1903 
  • 『死の問題』文明堂 1904  
  • 『求道録』浩々洞出版部 1907 
  • 恵空語録』編 無我山房 1909 
  • 『清沢先生の信仰 「我信念」講話』無我山房 1909 
  • 『歎異鈔講話』無我山房 1911 
  • 『人々の死』無我山房 1912 
  • 『凋落』無我山房 1913 
  • 『触光手記』法文館 1919 
  • 『更生の前後』護法館 1920 
  • 『温かき大地』香草舎 1921 にほひくさ
  • 『生くる日』香草舎 1921 にほひくさ
  • 『諸行無常』香草舎 1921 にほひくさ
  • 『親鸞聖人論』香草舎 1921 にほひくさ
  • 『前進する者』丁子屋書店 1921 
  • 『父乃印象』香草舎 1921 にほひくさ
  • 『独立者の宣言』丁子屋書店 1921 
  • 『華厳三昧の中より』香草舎 1922 にほひくさ
  • 『常倫を超出する者』香草舎 1922 にほひくさ
  • 『沈黙の自殺者』香草舎 1923 にほひくさ
  • 『不可説転の記』香草舎 1923 にほひくさ
  • 蓮如上人論』香草舎 1923 
  • 『常倫を超出する者』香草舎 1924 にほひくさ
  • 『仏説無量寿経五悪段講話』香草舎 1924 
  • 『仏説無量寿経三誓偈講話』香草舎 1924 
  • 『阿弥陀仏の生るゝまで』香草社 1925 
  • 『死の国々』香草舎 1925 にほひくさ
  • 『楕円と円 附・一から多へ、真について』香草舎 1925 にほひぐさ叢書
  • 『母の死』香草舎 1925 にほひぐさ叢書
  • 『阿弥陀仏とその師との問答』香草舎 1926 仏説無量寿経叢書
  • 『阿弥陀仏の修行とその浄土』香草舎 1926 仏説無量寿経叢書
  • 『内省せられたる自己』香草舎 1926 にほひぐさ叢書
  • 『仏教の根本精神』香草舎 1926 北安田パンフレット
  • 『釈迦基督その他』春秋社 1927 
  • 『尊厳なる存在の認識』香草舎 1927 北安田パンフレット
  • 『肉体の彼岸』香草舎 1927 北安田パンフレット
  • 『老境の黎明』香草舎 1927 にほひぐさ叢書
  • 『印度仏跡巡拝記』暉峻康範共著 香草舎 1928 
  • 『国土の摂取と荘厳』香草舎 1928 北安田パンフレット
  • 『信心生活の種々相』香草舎 1928 仏説無量寿経叢書
  • 『新日本の進路』香草舎 1928 北安田パンフレット
  • 『信の提唱』香草舎 1928 北安田パンフレット
  • 『自治の精神』香草舎 1928 北安田パンフレット
  • 『無罪の宣言』香草舎 1928 北安田パンフレット
  • 『阿弥陀仏の本願』香草舎 1929 仏説無量寿経叢書
  • 『この師とこの弟子』香草舎 1929 北安田パンフレット
  • 『主観的信念の客観的妥当性』香草舎 1929 北安田パンフレット
  • 『真実信について』香草舎 1929 北安田パンフレット
  • 『生活中心の決定』香草舎 1929 北安田パンフレット
  • 『誠の心』香草社 1929
  • 『地球をめぐりて』香草舎 1930 にほひぐさ叢書
  • 『忠義について 大石良雄の復讐事件の批判』香草舎 1930 北安田パンフレット
  • 『日本精神』香草舎 1930 北安田パンフレット
  • 『本願成就の信心』香草舎 1930 仏説無量寿経叢書
  • 『アメリカの印象』香草舎 1931 北安田パンフレット
  • 『古事記の世界』香草舎 1931 北安田パンフレット
  • 『聖徳太子奉讃』香草舎 1931 北安田パンフレット
  • 『闘争を超えて』香草舎 1931 北安田パンフレット
  • 『仏説無量寿経聖行段講話』香草舎 1931 仏説無量寿経叢書
  • 『報恩講式文講話』香草舎 1931 北安田パンフレット
  • 『横川法語講話』香草舎 1931 北安田パンフレット
  • 『自由の考察』香草舎 1932 北安田パンフレット
  • 『戦争の哲学 須佐之男命の御事』香草舎 1932 
  • 『歎異鈔 校定』編 香草舎 1932 
  • 『日本仏教の特質』香草舎 1932 北安田パンフレット
  • 『親鸞聖人の信念の底に流るゝ神ながらの道 仏教研究叢書』大東出版社 1932
  • 『仏説無量寿経三毒講話』香草舎 1932 仏説無量寿経叢書
  • 『改悔文講話』香草舎 1933 北安田パンフレット
  • 『神代の女性』香草舎 1933 北安田パンフレット
  • 『孝子聖徳太子』香草舎 1933 北安田パンフレット
  • 『宿業の超越 歎異鈔下篇第四節講話』香草舎 1933 
  • 『聖徳太子の浄土観』香草舎 1933 北安田パンフレット
  • 『水火中間の白道』香草舎 1933 
  • 『菩薩道』香草舎 1933 仏説無量寿経叢書
  • 『雪の夜の法話』香草舎 1933 北安田パンフレット
  • 『皇太子殿下御誕生の年末年始の法話』香草舎 1934 北安田パンフレット  
  • 『讃仏の伽陀』香草舎 1934 北安田パンフレット
  • 『親鸞聖人の信念の底に流るる神ながらの道』香草舎 1934
  • 『聴法の釈尊』香草舎 1934 仏説無量寿経叢書
  • 『働ける女性へ』一生堂書店 1934 仏教婦人文庫
  • 『ハワイの印象』香草舎 1934 
  • 『暁烏敏先生講話集』東方書院 1935 
  • 阿弥陀経講話』香草舎 1935 
  • 『聖徳太子十七条憲法講話』日本放送出版協会関西支社 1935 
  • 『聖徳太子奉讃講話』東方書院 1935
  • 『神道と仏道』香草舎 1935 北安田パンフレット  
  • 『人生の調和』香草舎 1935 北安田パンフレット
  • 『勇猛精進 男子のために』日立評論社 1935 日立パンフレツト
  • 正信偈讃仰』香草舎 1936 
  • 『正信偈大意』 香草舎 1936 
  • 『日本は仏国なり』香草舎 1936 北安田パンフレット
  • 『六方礼経』香草舎 1936 
  • 『ありがたいお話』香草舎 1937 北安田パンフレット
  • 『永遠の親の懐へ』香草舎 1937 北安田パンフレット
  • 『清沢先生臨末の御教訓講話 暁烏敏先生還暦記念講話』香草舎 1937 
  • 『神道・仏道・皇道・臣道を聖徳太子十七条憲法によりて語る』香草舎 1937 北安田パンフレット
  • 神武天皇建国の精神』洛南教苑出版部 1937 名家講演集
  • 『日本精神の象徴』香草舎 1937 北安田パンフレット
  • 『凡夫の道 随筆』新英社 1937
  • 『学生に親鸞聖人を語る』香草舎 1938 北安田パンフレット
  • 『清沢満之の文と人』編著 大東出版社 1939 
  • 『進撃はどこまで』香草舎 1939 北安田パンフレット
  • 『信心的提倡 華訳』香草舎 1939 
  • 『国体と仏教』香草舎 1940 北安田パンフレット
  • 『国体の精華』香草舎 1940 北安田パンフレット
  • 『大命信順の生活 聖人一流御文講話』香草舎 1940 北安田パンフレット
  • 『仏説観無量寿経講話』香草舎 1936-40 
  • 『和協一心』香草舎 1940 北安田パンフレット
  • 『日本教育道 教育革新叢書』玉川学園出版部 1941 
  • 『大政翼賛の話』香草舎 1941 北安田パンフレット
  • 『他力本願の道』香草舎 1941 北安田パンフレット
  • 『日本仏教に於ける大政翼賛の理念』香草舎 1941 北安田パンフレット
  • 『臣民道を行く』一生堂書店 1942 
  • 『生活刷新の理念』人文閣 1943 
  • 『暁烏敏選集 第1巻 (更生の前後)』仏教文化協会 1948
  • 『香草抄 暁烏敏随想集』杜陵書院 1948
  • 『仏教入門』東成出版社 1952 仏教文庫
  • 『絶対他力』弘文堂 1954
  • 『世と共に世を超えん』池田書店 1954 現代宗教思想全集
  • 『十億の人に』香草舎 1956
  • 暁烏敏全集』全33巻 香草舎 1956-60 
  • 『暁烏敏日記』暁烏敏顕彰会 1976-77
  • 『わが歎異鈔』潮文社 1977
  • 『わが念仏・わが命』潮文社 1977
  • 『更生の前後 虚無からの出発』潮文社 1978
  • 『歎異抄講話』1981 講談社学術文庫
  • 『和讃講話集』涼風学舎 1984
  • 『魂萌ゆ 暁烏敏の世界』福島和人,太田清史編纂 真宗大谷派宗務所出版部 1986
  • 『正信偈の講話』法蔵館 1986
  • 『仏の世界』潮文社 1995
  • 『皆まさに往生すべし』林暁宇編 具足舎 2006
  • 『母の死』勉誠出版 2010 人間愛叢書

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ベストセラー『地上』で知られた作家島田清次郎もその一人である。
  2. ^ 宮沢賢治は、少年時代に真宗信者であった父が開催した仏教講話会で暁烏に接したことがあった(賢治は家の教えに倣って中学時代には『歎異抄』を耽読したりもしたが、のちに法華経信者となる)。
  3. ^ a b [1]こだま : 金沢大学附属図書館報. (135)金沢大学附属図書館広報委員会 (金沢大学, 1999-10-01) 「暁烏文庫と父,松本唯一」松本たけ雄
  4. ^ 暁烏文庫の由来金沢大学図書館

伝記など[編集]

  • 野本永久『暁烏敏伝』大和書房 1974
  • 松田章一『暁烏敏 世と共に世を超えん』松任市  1997
  • 石和鷹『地獄は一定すみかぞかし 小説暁烏敏』新潮社 1997 のち文庫 
  • 林暁宇『ほんとうにしたいことがあったらそれをやれ わが師暁烏敏の教え』具足舎 2002
  • 福島栄寿『「精神主義」の求道者たち 清沢満之と暁烏敏』京都光華女子大学真宗文化研究所 2003
  • 林暁宇編『略伝暁烏敏』具足舎 2004
  • 松田章一『暁烏敏の挑戦』北國新聞社出版局 2005 十方叢書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]