虔十公園林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

虔十公園林」(けんじゅうこうえんりん)は、宮沢賢治の短編童話である。賢治が亡くなった翌年(1934年)に発表された。

解説[編集]

軽度の知的障害を持つ虔十という少年の行為が、多くの偉人を育み、最終的に地域に多大な貢献をもたらしたという構成となっている

「虔十」という名前[編集]

賢治は童話「ビジテリアン大祭」草稿の第1葉の欄外に「座亜謙什」(「ざあけんじゅう」と読める)という書き込みを残している。また、「兄妹像手帳」という名前で呼ばれる手帳には"Kenjü Miyazawa"という署名が記されており、「けんじゅう」という名前と賢治自身の名前との関連が指摘されている[1]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 天沢退二郎「注解」『新編 風の又三郎』新潮社新潮文庫>、1989年、p.371

関連項目[編集]

外部リンク[編集]