宝積寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宝積寺駅
JR East Hōshakuji Station West Exit 20221127.jpg
西口(2022年11月)
ほうしゃくじ
Hōshakuji
栃木県塩谷郡高根沢町大字宝積寺2377
北緯36度37分53.36秒 東経139度58分46.27秒 / 北緯36.6314889度 東経139.9795194度 / 36.6314889; 139.9795194座標: 北緯36度37分53.36秒 東経139度58分46.27秒 / 北緯36.6314889度 東経139.9795194度 / 36.6314889; 139.9795194
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
日本貨物鉄道(JR貨物)*
電報略号 ホヤ
駅構造 地上駅橋上駅[1]
ホーム 2面3線[1]
乗車人員
-統計年度-
1,687人/日(降車客含まず)
-2021年-
開業年月日 1899年明治32年)10月21日[2]
乗入路線 2 路線
所属路線 東北本線宇都宮線
キロ程 121.2 km(東京起点)
岡本 (5.5 km)
(5.9 km) 氏家
所属路線 烏山線
キロ程 0.0 km(宝積寺起点)
**(岡本) (- km)
(3.9 km) 下野花岡
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* 貨物列車の発着は無く、休止状態。
** 一部列車が宇都宮駅まで乗り入れ。
テンプレートを表示
東口(2022年11月)

宝積寺駅(ほうしゃくじえき)は、栃木県塩谷郡高根沢町大字宝積寺にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)のである[1]

当駅の所属線である東北本線[2]と、当駅を起点とする烏山線[3]との分岐駅である。烏山線の一部の列車は当駅から東北本線を経由して宇都宮駅まで直通する。また東北本線は「宇都宮線」の愛称区間に含まれている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の合計2面3線のホームを有する地上駅である[1]直営駅管理駅でもあり、烏山線内の各駅を管理している。

駅舎は2008年3月に竣工した橋上駅舎で、駅舎および自由通路は隈研吾建築都市設計事務所によって設計された[7]。改築に伴い東口が新設され、1番線(宇都宮線下り列車)プラットホームは嵩上げ工事が実施された。発車メロディも同時に変更されている。永楽型放送時代には発車ベルであり、ムーンリバーが接近メロディとして使われていたが、発車メロディの導入に伴い消滅した、発車メロディの導入後は別の放送システムに変わり、その後2005年にATOS化された。

駅舎改築後も自動改札機は導入されず、Suica簡易改札機が設置されている。また、みどりの窓口指定席券売機も設けられている。当駅より烏山線下野花岡駅 - 烏山駅間)に向かう場合はSuicaなどICカード乗車券の利用ができない。

烏山線の運転扱いを行うため、輸送係も配置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 宇都宮線(東北線) 下り 矢板那須塩原黒磯方面
2 上り 宇都宮大宮東京方面
3 烏山線 上り 宇都宮方面
下り 仁井田大金烏山方面

(出典:JR東日本:駅構内図

  • 白河駅方面は黒磯駅で、大宮駅方面は宇都宮駅での乗り換えが必要。
  • 2004年3月13日のダイヤ改正以降は湘南新宿ラインの列車が、2022年3月12日のダイヤ改正以降は上野方面(上野東京ライン)の列車は当駅に乗り入れなくなった。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2021年度(令和3年度)の1日平均乗車人員は1,687人である[利用客数 1]

2000年度(平成12年度)以降の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 2,046 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 2,000 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 2,013 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 2,005 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,994 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 2,036 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 2,049 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 2,114 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 2,180 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 2,182 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 2,213 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 2,130 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 2,177 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 2,201 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 2,135 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 2,203 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 2,202 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 2,240 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 2,279 [利用客数 20]
2019年(令和元年) 2,251 [利用客数 21]
2020年(令和02年) 1,635 [利用客数 22]
2021年(令和03年) 1,687 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

西口[編集]

東口[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
宇都宮線
岡本駅 - 宝積寺駅 - 氏家駅
烏山線(宇都宮駅 - 当駅間は東北本線)
岡本駅 - 宝積寺駅 - 下野花岡駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d 『週刊 JR全駅・全車両基地』 05号 上野駅・日光駅・下館駅ほか92駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年9月9日、24頁。 
  2. ^ a b c d e 石野 1998, p. 395.
  3. ^ a b 石野 1998, p. 470.
  4. ^ 「停車場設置」『官報』1899年10月23日(国立国会図書館デジタル化資料)
  5. ^ https://tsensai.jimdofree.com/%E9%80%A3%E5%90%88%E8%BB%8D%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%9C%AC%E5%9C%9F%E7%A9%BA%E8%A5%B2-%E3%81%A8%E3%81%A1%E3%81%8E%E3%81%AE%E7%A9%BA%E8%A5%B2/%E9%AB%98%E6%A0%B9%E6%B2%A2%E7%94%BA%E3%81%AE%E7%A9%BA%E8%A5%B2/
  6. ^ 「JR宇都宮線宝積寺駅 橋上駅舎、オープンし記念式典」『毎日新聞毎日新聞社、2007年10月29日、地方版/栃木、28面。
  7. ^ Hoshakuji Station | kengo kuma and associates”. 隈研吾建築都市設計事務所. 2015年10月14日閲覧。
  8. ^ http://www.post.japanpost.jp/notification/storeinformation/detail/index.php?id=2215

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2021年度)”. 東日本旅客鉄道. 2022年8月5日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月11日閲覧。
  21. ^ 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月10日閲覧。
  22. ^ 各駅の乗車人員(2020年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日。ISBN 978-4-533-02980-6 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]