片岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
片岡駅
東口(2015年5月17日)
東口(2015年5月17日)
かたおか - Kataoka
蒲須坂 (3.9km)
(6.3km) 矢板
所在地 栃木県矢板市片岡2099
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東北本線宇都宮線
キロ程 135.5km(東京起点)
上野から尾久経由で132.1km
電報略号 カオ←カヲ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線(実質2面2線)
乗車人員
-統計年度-
732人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1897年明治30年)6月5日
備考 業務委託駅
西口(2015年5月17日)
仮駅舎(2014年7月20日)
旧駅舎

片岡駅(かたおかえき)は、栃木県矢板市片岡にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線である。「宇都宮線」の愛称区間に含まれている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線の地上駅であるが、2番線は架線が撤去された上でホームにもフェンスが設置されており、現在は2面2線のみが使用されている[要出典]ホームは嵩上げされていない[要出典]また、ATOS対応の自動放送は導入されているが、発車標は駅舎内も含めて設置されていない(2012年12月時点)[要出典]

業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)[要出典]簡易Suica改札機設置駅[要出典]。ホーム脇にはツツジが植えられている(下記リンクを参照)。

駅が設置されている矢板市の平成22年度新規事業(一般会計)案の「土木費/都市整備課/片岡地区市街地整備事業」において「東西連絡通路及び橋上駅舎詳細設計、西口広場設計、東口トイレ設計費」として101,100千円が計上された[2]。2014年2月より仮駅舎の使用を開始し駅舎建て替えが実施され、2015年3月19日に橋上駅舎の使用が開始されることになった[1]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 宇都宮線(東北線) 上り 宇都宮大宮東京新宿横浜方面
上野東京ライン含む)
3 下り 矢板那須塩原黒磯方面
  • 本項では上野東京ラインのラインカラーを紫で示すが、実際のホーム案内はオレンジで案内されている。
  • 2004年3月13日のダイヤ改正以降、湘南新宿ラインの列車は当駅に乗り入れなくなった。

利用状況[編集]

  • 2013年度の1日平均乗車人員は732人である。
乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2000 799
2001 809
2002 756
2003 750
2004 704
2005 698
2006 724
2007 736
2008 774
2009 764
2010 747
2011 725
2012 750
2013 732

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

乗り場 運行事業者 系統 主要経由地 行先 備考 出典
片岡駅 矢板市営バス 片岡線 境林・塩谷病院前 矢板駅 夕1本、休日運休 [3][4]
コリーナ西口・コリーナ矢板 片岡駅 休日運休
安沢線 矢板南病院前・上安沢・矢板東高校 矢板駅 休日運休

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
宇都宮線
通勤快速・快速「ラビット」・普通
蒲須坂駅 - 片岡駅 - 矢板駅

脚注[編集]

  1. ^ a b “「ツツジの駅」片岡に新駅舎 あすから”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2015年3月18日)
  2. ^ 平成22年度矢板市当初予算(案)の概要公表
  3. ^ 矢板市営バス路線
  4. ^ 矢板市営バス時刻表

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

矢板市より「ツツジの駅」としての紹介内容がある。