備前片岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
備前片岡駅
ホームから宇野方面を望む(2005年9月18日)
ホームから宇野方面を望む(2005年9月18日)
びぜんかたおか - Bizen-Kataoka
彦崎 (2.8km)
(1.9km) 迫川
所在地 岡山市南区片岡字川西2360番地3
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 L 宇野線(宇野みなと線)
キロ程 20.9km(岡山起点)
茶屋町から6.0km
電報略号 カタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
251人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1939年昭和14年)1月1日
備考 無人駅(自動券売機 有)
テンプレートを表示

備前片岡駅(びぜんかたおかえき)は、岡山県岡山市南区片岡字川西にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)宇野線(宇野みなと線)のである。

旧・灘崎町の中心駅で、2005年平成17年)3月22日に灘崎町が岡山市に編入合併後も岡山市南区灘崎地区の中心駅となっている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

構内配線図 A:茶屋町 B:宇野(上方向が北側)

相対式ホーム2面2線を有し、交換設備を備えた地上駅児島駅管理の無人駅で駅舎はなく、直接ホームに入る形である。出入口は下りホームの中央付近と、上りホームの宇野寄りにそれぞれ存在する(上りホーム茶屋町寄りにも勝手口あり)。互いのホームは陸橋で結ばれている。

上下線ホームそれぞれに待合所があり、上りホーム待合所内には近距離切符の自動券売機(岡山地区のICOCA導入時に交換された機種であるが、ICOCA装填口が省かれている)がある。

2番線(下り線)側が一線スルーの線路配置であり、安全側線を有する。そのため、昔は通過列車の関係で発着番線がまちまちであったが、現在は上下線別になっている。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 L 宇野みなと線 上り 茶屋町岡山方面
2 下り 宇野方面
  • 上記の路線名は旅客案内上の呼称(愛称)で表記している。なお、のりば番号標は一時期無かったが、後に待合室に付けられている。

往年の名残[編集]

現在は普通電車のみの運転となっているが、宇高連絡船が現役だった頃には優等列車や四国への貨物列車が運転されていた名残で、行き違いの線路有効長が長い。また下り線側が1線スルーの線路配置になっており、行き違いや通過列車待ち合わせのために1・2番線の両側方向に出発信号機がある。

貨物扱いをしていた名残の跡地も上りホーム岡山側に残っている。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[1]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 254
2000 268
2001 255
2002 261
2003 232
2004 217
2005 236
2006 245
2007 226
2008 220
2009 235
2010 222
2011 237
2012 243
2013 247
2014 251

駅周辺[編集]

施設[編集]

道路[編集]

バス[編集]

路線バスは備前片岡駅前を走っていない。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
L 宇野みなと線(宇野線)
彦崎駅 - 備前片岡駅 - 迫川駅

脚注[編集]

  1. ^ 出典:岡山県統計年報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]