東京大学大学院情報学環・学際情報学府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
学際情報学府から転送)
移動先: 案内検索

東京大学大学院情報学環(とうきょうだいがくだいがくいんじょうほうがっかん、英称:Interfaculty Initiative in Information Studies、略称:III)および東京大学大学院学際情報学府(とうきょうだいがくだいがくいんがくさいじょうほうがくふ、英称:Graduate School of Interdisciplinary Information Studies)は、東京大学に設置されている研究科以外の教育研究上の基本組織の一つである。

概要[編集]

教員のみが所属する研究組織である「情報学環」と、学生(大学院生)が所属する教育機関である「学際情報学府」が対になっている大学院組織である。情報学環の基幹教員だけでなく、他部局から数年の期間で情報学環に移動する流動教員によって構成されているのが特徴である。

沿革[編集]

情報学環・学際情報学府は2000年4月に文理融合の情報学を研究する組織として発足した。2004年4月1日に社会情報研究所を統合し、より学際的な情報学を研究する組織となった。

社会情報研究所[編集]

1929年10月1日文学部に設置された新聞研究室が、1949年5月31日に東京大学の附置研究所となって新聞研究所が発足した。この新聞研究所を1992年4月1日に改組して設立されたのが社会情報研究所である。2004年4月1日に大学院情報学環・学際情報学府と統合した。同研究所の教育部は情報学環教育部に受け継がれている。

組織[編集]

情報学環[編集]

「学際情報学圏」と「社会情報学圏」の2つの学圏で構成されている。

  • 学際情報学圏
    • 情報生命・思想学域
    • 情報システム・言語学域
    • 情報表現・造形学域
    • 情報環境・認知学域
    • 情報社会・制度学域
  • 社会情報学圏
    • ジャーナリズム・メディア学域
    • 情報行動・機能学域
    • 情報法・政策学域
    • 情報経済・産業学域
    • 情報文化・歴史学域

学際情報学府[編集]

学際情報学専攻1専攻の中に5つのコースが置かれている。2008年10月に新設されたアジア情報社会コースは、「現代アジアの諸社会や国際関係に関する基礎素養を持つ海外の学生」を主対象としており、講義等をすべて英語で行い、学年は10月開始となっている[1]

  • 学際情報学専攻
    • 文化・人間情報学コース
    • 社会情報学コース
    • 先端表現情報学コース(旧 学際理数情報学コース、2009年4月に名称変更)
    • 総合分析情報学コース
    • アジア情報社会コース
    • 生物統計情報学コース (2018年4月開設予定)

情報学環教育部[編集]

学際情報学府とは別に、旧・社会情報研究所教育部を引き継いだ情報学環教育部が設置されている。

附属施設[編集]

情報学環附属
  • 社会情報研究資料センター
  • 総合防災情報研究センター
  • ユビキタス情報社会基盤研究センター
  • 現代韓国研究センター

施設[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [東京大学大学院情報学環・学際情報学府 沿革 http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/about/history.html]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]