大黒美和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大黒 美和子(おおぐろ みわこ、 (1982-05-17) 1982年5月17日(36歳) - )は、ラブ&プッチレーベル所属の歌手。元エービープロモーション日本クラウン所属、元船村徹門下の演歌歌手演ドル)。

鳥取県米子市出身。1999年のデビュー時の芸名は黒木 梨花(くろき りか)だったが、2002年の成人を期に大黒 裕貴(おおぐろ ゆき)に改名。名付け親は、当時の事務所、エービープロモーションの先輩であった美川憲一ニックネームは「ユッキー」

人物・来歴[編集]

  • 血液型・A型、戌年、身長155cm、体重42kg。
  • 家族は、母、兄、姉、妹、ラブくん。
  • 趣味・寝ること、片付け。特技・料理珠算2級。好きな色・黒、白、ピンク。好きな食べ物・ご飯、牛タン
  • 好きなアーティストにさだまさし一青窈柴田淳マライア・キャリー等を挙げている。
  • 2003年4月から2006年3月まで、文化放送制作『走れ!歌謡曲』木曜日(番組表上は水曜深夜)のパーソナリティを務める。それ以前にも、デビュー当初から火曜日(同・月曜深夜)のコーナーを担当していた。
  • また、雑誌『歌の手帖』にて『大黒裕貴の走れ!!歌謡曲 SIDE-B'(サイド・ビーダッシュ)』を連載していたが、『走れ!~』のパーソナリティが終了したことに伴い終了、『PET de LOVE』という新連載に交替した(但し、目次ページでは何故か旧連載タイトルのまま)。
  • 2008年6月30日をもって、「大黒裕貴」としての活動休止を発表、契約満了によりエービープロモーション及び日本クラウンから離れた。アーティスト名は本名の大黒美和子に戻して演歌歌手からJ-POPに転向、フリー(インディーズレーベル)で活動する。[1]
  • 2009年11月18日、大黒美和子として、プライベートレーベルのラブ&プッチレーベルから、アルバム「月と猫と私」を発売。
  • 同じく、鳥取県米子市出身の歌手、奥田美和子とは、同い年という事もあり(ただし、奥田の方が、早生まれのため、一学年上)また、本名が同じ美和子ということもあり、上京前から、共に良き友良きライバルとして、歌手を目指していた。上京して十年以上となる現在も、食事やカラオケに行く仲。
ちなみに、大黒は奥田を「みわこちゃん」と呼び、奥田は大黒を「みわちゃん」と呼び(大黒自身の一人称が「みわ」の時もある)、奥田は2008年末より2011年まで、「奥田みわ」名義で活動していたため、当時の芸名とは逆である。
  • 2012年9月に結婚、妊娠もしていたという[1]
  • 2013年1月に長男を出産[2]
  • 2014年11月15日 初めてのワンマンライヴ「大黒美和子15th ANNIVERSARY LIVE ~三つの名前を持つ女~」を 六本木C☆LAPSにて行う。

走れ!!歌謡曲 (木曜日)[編集]

ここでは、大黒裕貴がパーソナリティを務めた木曜日についてのみ述べる。 →同番組全般の内容・歴史などについては、『日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲』の項参照

主なコーナー[編集]

宝塚ファンの大黒が毎週のように宝塚関連の楽曲を掛けていたものが、いつの間にかコーナー化しリクエストも来るようになった
  • 生歌のコーナー
一番の人気コーナー。演歌歌手の大黒裕貴が、演歌に限らず懐メロからJ-POPまで幅広く生歌を披露した。男性の曲を歌うこともあり、リクエストも受け付けていた
  • 道路情報&天気予報
日本道路交通情報センターの資料提供による高速道路の道路情報と、日本気象協会の資料提供による全国 -札幌仙台新潟富山東京地方静岡名古屋大阪広島福岡那覇- の天気予報を、大黒裕貴本人が読み上げた
  • ドライブインのコーナー
全国のドライブインを紹介する中継コーナーで、リポーターは土曜日パーソナリティの小池可奈。中継先の店長やドライバーからリクエストを受けた
  • ユッキーのスケジュールタイム
大黒裕貴の今後1週間のイベントや、テレビ・ラジオ出演情報などを告知するコーナーで、表には出ない仕事(取材・レコーディング等)の情報もあった
  • ゲストコーナー
ゲストを招いてのトークコーナーで、ゲストの楽曲も流していた

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 日本海は雪ですか (1999.1.11)※黒木梨花名義
    作詞:水木れいじ/作曲:船村徹/編曲:蔦将包
    (c/w 哀唱譜)
  2. 三日三晩 (2000.3.23)※黒木梨花名義
    作詞:水木れいじ/作曲:船村徹/編曲:前田俊明
  3. 天の川絶唱 (2001.2.21)※黒木梨花名義
    作詞:かず翼/作曲:船村徹/編曲:蔦将包
    (c/w 愛終ワルツ)
  4. なみだ海峡 (2002.5.22)※黒木梨花名義
    作詞:かず翼/作曲:桜田誠一/編曲:竜崎孝路
    (c/w 椿坂)
  5. ほっといてんか (2003.3.28)※大黒裕貴名義
    作詞:石原信一/作曲:桜田誠一/編曲:伊戸のりお
    (c/w 浪花すずめ)
  6. 越冬平野 (2004.1.21)※大黒裕貴名義
    作詞:幸田りえ/作曲:桜田誠一/編曲:川村栄二
    (c/w 篝火岬)
  7. 夕月みなと (2005.2.23)※大黒裕貴名義
    作詞:水木れいじ/作曲:弦哲也/編曲:前田俊明
    (c/w 二人静の花)
  8. 北愁哀歌 (2006.2.25)※大黒裕貴名義
    作詞:近藤梅子/作曲:西伸和/編曲:川村栄二
    (c/w 蒼い涙)
  9. 氷酒 (2006.5.10)※大黒裕貴名義
    作詞:三浦康照/作曲:水森英夫/編曲:前田俊明
    (c/w 山陰本線米子駅)
  10. 瀬戸歌 (2007.8.8)※大黒裕貴名義
    作詞:たきのえいじ/作曲:浜圭介/編曲:川村栄二
    (c/w 秋物語)
  • 『あの素晴らしい愛をもう一度』/Song 4 You

アルバム[編集]

  1. 『出発(たびだち)の章』/黒木 梨花
  2. 『明日の華・黒木梨花・船村徹作品を唄う』/黒木 梨花
  3. 『なみだ海峡~第二章~』/大黒 裕貴
  4. 『大黒裕貴 THE BEST』/大黒 裕貴
  5. 『月と猫と私』/大黒 美和子
  6. 『call』/大黒 美和子

ビデオ[編集]

  1. 『黒木梨花―ビデオクリップ集』/黒木 梨花

その他の活動[編集]

※ここでは主として音楽以外の活動に重点をおき、音楽番組への出演、コンサート出演などは省いた。

  • 2001年
    • 4月 栃木県矢板郵便局にて一日郵便局長を務める
    • 6月 『タレントナイスヘアー2000』女性部門賞受賞。ヘアー名は『ローリング・スパイラル・リカ』
    • 8月 東京MXテレビ『歌謡ナビ21』レギュラーリポーター
    • 10月 フジテレビ系ドラマ『おだまりコンビシリーズ第3弾「芸能界殺しのオルゴール」』出演
  • 2002年
    • 1月日本テレビ系『超豪華!史上最強!ものまねバトル大賞21』出演。雑誌『月刊カラオケfan』にて『おじゃましまーす!』連載開始(半年間)。
  • 2003年
    • 成人を期に、黒木梨花→大黒裕貴と改名
  • 2006年
    • 3月 雑誌の企画で、喫茶店にて1日ウェイトレス体験
    • 11月 フジテレビ系ドラマ『危ネェ二人 占い師・伊吹圭の事件ファイル』出演
  • 2008年
    • 5月 翌月末での活動休止を発表
  • 2008年
    • 6月 シンガーソングライターとして、活動開始。
  • 2009年
    • 公式ホームページ開設
    • 11月 大黒美和子としては初のアルバム「月と猫と私」を発売。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 大黒美和子より|大黒美和子「ミワコのせかい」
  2. ^ 御報告|大黒美和子「ミワコのせかい」

外部リンク[編集]