大位山勝蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大位山勝三から転送)
移動先: 案内検索

大位山 勝蔵(おおいやま かつぞう、1945年3月5日 - )は、兵庫県宍粟郡山崎町(現在の宍粟市)出身(本籍地は、同県姫路市)で三保ヶ関部屋に所属した元大相撲力士国際プロレス所属の元プロレスラー

本名は松本 勝三(まつもと かつぞう)。力士時代の四股名大位山(その他、三保ノ松と名乗っていた時期もある)、プロレス時代のリングネーム大位山 勝三相撲時代の得意手は、右四つ、寄り、押し。最高位は東前頭12枚目(1968年11月場所)。大相撲時代の体格は、179cm、126kg。プロレス時代の体格は、179cm、115kg。

来歴[編集]

相撲時代[編集]

地元・山崎町の中学校を卒業後、三保ヶ関親方(元大関・増位山)の関係者の紹介で三保ヶ関部屋に入門し、1960年5月場所で初土俵を踏んだ。当初の四股名は、部屋の名と本名の松本に因んだ「三保ノ松」[1]横綱北の湖大関増位山(2代目)の兄弟子に当たる。

その後序二段94枚目まで進むも、1961年1月場所後に、家庭の事情で廃業した。しかし師匠が廃業届を提出しなかったため相撲協会に籍を残すことができ、これにより再入門が許された。[2]1962年3月に再度、三保ヶ関部屋に入門。この時の四股名が「大位山」で、以後、再廃業まで通した。右を差して左でおっつける取り口を得意とし、1967年11月場所で十両昇進、1968年11月場所で新入幕を果たした。

しかし、緊張する性格で力を出し切れず攻めが遅かったこともあって新入幕の場所は大きく負け越し、幕内はわずか1場所しか務まらなかった。以後は1年以上十両にあり、1970年5月場所では東十両9枚目の地位で3勝12敗と惨敗し幕下陥落が決定的となったため、この場所を最後に25歳の若さで廃業した。

幕内総成績は4勝11敗(1場所、勝率.267)、通算成績は256勝229敗14休(53場所、勝率.528)。1962年5月場所では序ノ口で7戦全勝したものの、優勝決定戦で岩戸に敗れ、優勝を逸している。

プロレス時代[編集]

力士引退(廃業)後は飲み屋で働く一方で渋谷の国際プロレスの道場に通っていた。ベンチプレスをスイスイこなしていたが当初は「練習に毎日来ないから」と入寮を許されなかった。しかし田中隆雄(後に「独立愚連隊」で共闘する鶴見五郎)が入寮条件について大位山に伝えると大位山は毎日練習に通うようになった。

1971年6月、公開形式のテストで田中と対戦。ボクシング、アマレスのようなグラウンド、相撲の実技で競い合い、合格して国際プロレスに入門した。入門後はストロング小林付き人となった。同年9月8日、栃木県矢板市体育館で本郷清吉の胸を借りてデビューする。前日はシリーズ開幕戦でテレビ収録があったが、あえてそこを外しての初陣であった。デビューは7月2日のジェラー・エティファー(後の稲妻二郎)戦で、田中の7月12日に遅れたが、本人はあの時焦りはなかったと後年のインタビューで述懐している。

1971年9月13日、ストロング小林とレッド・バスチェンIWA世界ヘビー級王座戦を行う前座として鶴見五郎と対戦。この時は10分間時間切れで引き分け。それから1週間後に九電体育館で行われた初めて大位山が鶴見に勝った試合に関しては、2016年の鶴見との対談では鶴見が大位山に対して「張り手からのボディプレスとか単純なフィニッシュだったと思うよ」と話している。11月4日の小松体育館の試合で大位山は初めて鶴見に敗れる。最終的な戦績は大位山の2勝1敗9分である。

1972年春に行われた『第4回IWAワールド・シリーズ』では公式戦外でジョージ・ゴーディエンコバロン・フォン・ラシク、レイ・ゴールデン・アポロン、ティト・コパらと対戦した[3]1972年6月、アメリカ武者修行に出発。デビュー当時のリングネームは本名の「松本勝三」であったが、海外武者修行遠征から帰国した後に、相撲時代の四股名に因んだ「大位山勝三」へ改名した。1977年には『第6回IWAワールド・シリーズ』並びに同時開催されたIWA世界タッグ王座争奪トーナメントにラッシャー木村と組んで出場している[4]

その後、第1試合など前座中心のマッチメイクをされることに嫌気がさして1979年に一時引退。相撲料理店「ちゃんこ大位山」を経営したが事業に行き詰まったため、ちゃんこ屋を畳んで魚の加工会社で働いていた。

1980年になると、国際プロレス内で鶴見五郎が会社に反抗して選手会を除名され、稲妻二郎との「髪切りマッチ」に敗北。これを機に日本人初のヒールユニットとなる「独立愚連隊」を結成した。前述の工場で働いていた大位山は加工会社の社長に囃し立てられて現役に復帰。鶴見とのコンビ結成に至った。

鶴見によると、この「独立愚連隊」については国際プロレスの社長であった吉原が鶴見のために考えてくれたことと語る。初めは鶴見一人の独立愚連隊であったが、大位山が加わったことで、日本人選手によるヒールユニットの登場により活性化につながり、外国人レスラーの費用の削減にもつながったという。同年4月4日には鶴見とのタッグで、山本小鉄の引退試合に登場しており、これまで前座中心であったマッチメイクとは打って変わっての大抜擢であった(山本のパートナーは「ヤマハ・ブラザーズ」の星野勘太郎[5]。「独立愚連隊」の成績は13勝(2反則勝ち)38敗(10反則負け)12分と振るわなかったが、鶴見は後の記事で「勝ち負けよりも、1年3ヶ月で60回以上も大位さんと組んで暴れられたことが楽しかったよ」と喜んでいた[6]

1981年には『ルー・テーズ杯争奪戦』後期予選に出場したものの、後期予選開催中の1981年3月19日を最後にギャラの未払いに耐え切れずプロレス界から引退した。国際プロレスが崩壊する5か月前のことであった。

その後、しばらくプロレス界からは離れていたが、レスリング・ユニオンのリングで鶴見五郎と「独立愚連隊」を再結成している。

エピソード[編集]

  • リック・フレアー1973年、日本に初登場したリングは国際プロレスであり、フレアーの日本に於けるデビュー戦の相手が大位山勝三であった。結果は10分20秒で、フレアーが反則勝ちしている[7]
  • 1972年春の『第4回IWAワールド・シリーズ』の後半戦の7試合と『ワールド選抜シリーズ』(全10試合)の開幕の旭川大会と第8戦の網走大会以外を欠場している。後の対談で鶴見五郎は「渡米間近だったから、パスポートとか関係書類を揃えるために休んだんじゃないの」と話しており、大井山は北海道の試合を休んだことについて「そういえば、前日に酔っぱらってホテルで寝ていたら、バスに置いて行かれたことがあったな(笑)」「起こせばいいのに、俺は頭に来てさ。それでケツまくって休んだのは憶えてる」と答えている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 静岡県清水市(現・静岡市清水区)の三保の松原とは無関係。なお、松本は兵庫県出身であるにも拘らず静岡県の景勝地を連想させる四股名を名乗っていたことから、好角家から数件ほど四股名についての問い合わせが来たことがあるという。
  2. ^ 玉ノ富士も同様の形で2年間の脱走を経て帰参した。
  3. ^ 『G SPIRITS Vol.42』(辰巳出版・ISBN 9784777818129)p.52
  4. ^ a b 『G SPIRITS Vol.42』(辰巳出版・ISBN 9784777818129)p.50、p.51-52
  5. ^ 『G SPIRITS Vol.42』(辰巳出版・ISBN 9784777818129)p.57
  6. ^ 『G SPIRITS Vol.42』(辰巳出版・ISBN 9784777818129)p.59
  7. ^ IWE Big Summer Series - Day 1”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月22日閲覧。

外部リンク[編集]