外離島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
外離島
Sotopanari 01.jpg
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
座標 北緯24度22分11秒
東経123度43分6秒
面積 1.32 km²
海岸線長 5.3 km
最高標高 148.5 m
所在海域 フィリピン海
所属諸島 八重山諸島
所属国・地域 日本の旗 日本沖縄県八重山郡竹富町
テンプレートを表示

外離島(そとばなりじま)は日本南西諸島沖縄県八重山郡西表島の西2kmに位置するである。

沖縄県八重山郡竹富町西表の一部。南東200mほどにあり、同じ字西表の一部となっている内離島との間は遠浅で小さな砂嘴が形成され、古くから対の島として認識されてきた。

概要[編集]

西側の直径1.5kmほどの半円状の主要部と、東へ約0.5km延びる半島部からなる。西端には番屋峰とよばれる標高148.5mの山があり、琉球王国時代には番所が置かれていた[1]。半島部の南側を除き、海岸は急斜面である。島の南北などにはサンゴ礁が存在している。地質的には西表島と同じで、全体が砂岩などの八重山層群で構成され、主要部には南北方向の断層がある。

15世紀後半に西表島で勢力を有した慶来慶田城用緒は外離島で生れ育ったが、土地が狭く村立てが困難だったため、対岸の祖納に移住したという[2]。また、祖納との間の湾状の海域は「離溝」と呼ばれた[3]正保年間は無人島であった[4]が、西岸は大船を係留できたため避難港になっていたと考えられている。

島では古くから祖納の人々がサツマイモ木綿キビなどを栽培し、雍正6年(1728年)頃にはイノシシを根絶して畑を開墾したという[5]

第二次世界大戦中には船浮湾の基地を防衛するため、高射砲などが設置された。飲料水や農地の確保が困難なため、永続的な居住は難しく、2012年現在、男性1名が長期滞在している[6]。2012年10月16日、中国海軍の駆逐艦など計7隻の艦艇が先島諸島の接続水域内を通過した[7]

島所有者殺害事件[編集]

外離島と内離島の土地の殆どを所有していた台湾の資産家が、2013年2月に妻とともに、台北市郊外で水死体の状態で発見された(八里雙屍案[8][9]

脚注[編集]

  1. ^ 『翁長親方八重山島規模帳』
  2. ^ 『慶来慶田城由来記』
  3. ^ 『正保国絵図』
  4. ^ 『正保国絵図』
  5. ^ 『慶来慶田城由来記』
  6. ^ Youtubeドキュメンタリー番組 VICEJapan 無人島で孤独に暮らす全裸の男[要検証 ]
  7. ^ 中国軍通過は初…7艦艇、先島諸島の接続水域に (読売新聞 2012年10月16日)
  8. ^ 尖閣付近無人島の所有者 中国との売買交渉中に殺害されていた NEWSポストセブン 2013年4月22日
  9. ^ 「沖縄」に不気味な影… 殺された「中国ともめた」台湾人 (産経新聞 2013年4月1日)

参考文献[編集]

  • 日本歴史地名大系(オンライン版) 小学館 (『日本歴史地名大系』 平凡社、1979年-2002年 を基にしたデータベース)

関連項目[編集]