川平湾小島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川平湾小島
Ishigaki kabira kushima.jpg
右奥の半島のように見える部分が川平湾小島。
座標 北緯24度27分28秒
東経124度8分57秒
最高標高 13.6 m
所在海域 東シナ海
所属諸島 八重山諸島
所属国・地域 日本の旗 日本沖縄県石垣市
テンプレートを表示

川平湾小島(かびらわんくじま、かびらわんくしぃま)は、八重山諸島石垣島川平湾に位置する無人島で、全島が沖縄県石垣市に属する。川平小島小島とも呼ばれる[1][2]

川平湾。湾口をふさぐ大きな島が川平湾小島である。(1977年度撮影)国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

川平湾の湾口をふさぐように横たわる川平湾内で最大の島で、東西約0.5km、南北約1.1km[1][2]2007年8月1日西表石垣国立公園の拡張にあたって、マジパナリなどの川平湾内の小島群とともに第1種特別地域に指定されている[3]

島内では戦前から戦後にかけてサトウキビが栽培されていた[2]。現在は島内の牧草地石垣牛が放牧されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 川平湾及び於茂登岳 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  2. ^ a b c 川平公園”. 東運輸. 2018年9月24日閲覧。
  3. ^ 西表国立公園の公園区域及び公園計画の変更について (PDF)”. 環境省. 2018年9月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]