千代松大耕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千代松 大耕
ちよまつ ひろやす
Chiyomatsu-Hiroyasu.jpg
生年月日 (1973-10-03) 1973年10月3日(45歳)
出生地 大阪府泉佐野市松原
出身校 リンカーン大学大学院
大阪府立大学大学院
和歌山大学大学院
所属政党 無所属

Flag of Izumisano, Osaka.svg 泉佐野市長
当選回数 2回
在任期間 2011年4月24日 - 現職
テンプレートを表示

千代松 大耕(ちよまつ ひろやす、1973年昭和48年)10月3日 - )は、日本政治家大阪府泉佐野市長(2期)。元泉佐野市議会議員(4期)。

来歴・人物[編集]

泉佐野市出身。同志社香里高校同志社大学経済学部卒業。大学時代は体育会アメリカンフットボール部に所属した。柔道二段。アメリカ合衆国リンカーン大学英語版大学院修了後、1999年に堀場製作所に入社[1]

2000年、泉佐野市議会議員補欠選挙に立候補して当選する。その後4期連続で当選。

2004年に泉佐野市議会副議長、2006年に泉佐野市監査委員(議会選出)、2008年に泉佐野市議会議長に就任する。議員在職中の2003年大阪府立大学大学院、2005年和歌山大学大学院を修了する。またこの間、泉佐野青年会議所理事長、佐野中校区青少年指導員会会長も務める。

2011年に、当時の泉佐野市長新田谷修司大阪府議会議員に出馬したことにより行われた市長選挙で初当選する。2014年度で財政健全化団体からの脱出を達成する。

2013年11月、中沢啓治の漫画「はだしのゲン」を「差別的表現が多い」として市内の小中学校で閲覧制限を行った[2]はだしのゲン#泉佐野市における回収措置も参照のこと)。

2015年、泉佐野市長に再選。

2018年、2017年度のふるさと納税で泉佐野市に対する寄付金が日本一になった[3]総務省は高すぎる返礼割合について見直すよう何度となく要請したが効果はなく、総務省が行った調査に対しても泉佐野市は未回答だった。総務省はふるさと納税制度そのものの見直しを検討することとなった[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
新田谷修司
Flag of Izumisano, Osaka.svg 泉佐野市長
2011年 -
次代:
(現職)