健康食品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
健康補助食品から転送)
移動先: 案内検索

健康食品(けんこうしょくひん)とは、日本の法律上は単なる食品であり、健康の保持増進に寄与するとされる食品全般のことである。本項目で一緒に解説する法律において承認されているもの以外の、俗に健康食品と呼ばれている食品のことである。成分を補給するものはサプリメントとも呼ばれる。

法律で承認されているものは、1991年に保健機能食品の制度が定められ、国の定めた規格や基準を満たす食品において保健機能を表示できることとなった。この制度は、科学的研究を実施し承認された特定保健用食品(トクホ)の制度と共に出発し、2001年より特定の栄養素を含んでいるという栄養機能食品、2015年より他で実施された科学的根拠をもとに表示ができる機能性表示食品と拡充してきた。中にはトクホの根拠となった研究の参加者が6人と少数であったり[1]、含有される成分が足りなかったなど[2]、その信頼性について議論を生じてきた。

アメリカでは、1994年に栄養補助食品健康教育法によって根拠により効能表示が可能となった。1999年には条件付き効能表示により、弱い科学的根拠がある場合にも但し書きした上で表示をしもていいこととなった。

定義[編集]

日本の法律である医薬品医療機器等法食品衛生法では、「健康食品」という分類は存在せず、口に入る物は食品のどちらかであり、健康食品は法律上の「食品」として扱われる。(詳細は#分類

2003年から2004年にかけて13回行なわれた行政による「健康食品に係る制度のあり方に関する検討会」においての定義は「広く、健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるもの全般」とされている[3]。この検討会では、健康食品から保健機能食品を除いたものを、「いわゆる健康食品」と表現している[3]

独立行政法人である国立健康・栄養研究所では、「健康食品の安全性・有効性情報」というデータベースを公開し情報の提供の役割を担っている。2007年2月には、国立健康・栄養研究所の監修で『健康食品データベース』[4]という書籍が翻訳され発行されているが、英語の原題中の Natural medicines の和訳が健康食品である。

形態[編集]

一般的に、通常の飲食物の形態をとるほか、粉末や錠剤やカプセルなど医薬品と似た形態のものも多い。ビタミンなどの栄養素動植物の抽出物を補給するものはサプリメントとも呼ばれる。

錠剤やカプセルなど医薬品類似形態のものは1971年より販売が禁止されていた[5]が、2001年、「医薬品の範囲に関する基準の改正について(医薬発第243号平成13年3月27日)」で基準が緩和され、食品であることを明記すれば販売が容認される事になった[6]

分類[編集]

医薬品医療機器等法及び食品衛生法によれば、全ての口に入るものは、医薬部外品を含む広義の医薬品と食品に2区分される[7][8]

広義の医薬品 食品
医薬品 医薬部外品 保健機能食品 一般食品(いわゆる健康食品含む)
特定保健用食品 栄養機能食品
定義している法律 医薬品医療機器等法 健康増進法食品衛生法 食品衛生法
効果効能の表示 国の認可により表示可能 定められた栄養機能のみ可能 不可(記述すると医薬品医療機器等法違反)
販売の規制 薬局・薬店のみ(例外事項あり) 一般小売店でも販売可能

この表には、2015年からの機能性表示食品は反映されていない。

医薬品、食品ともに厚生労働省の医薬食品局(ただし、食品は、局内部組織の食品安全部)が監督している[9]

食品の区分の変遷[編集]

順に特定の区分、特定の品目において食品として販売できるよう基準が緩和されてきた。

  • 1991年9月 栄養改善法に基づいた特定保健用食品の制度がはじまる。
  • 1996年 市場開放問題苦情処理体制 (OTO) により、国内でサプリメント販売が可能となる[10]
  • 1997年 「ビタミンの取扱いについて」(平成9年3月31日薬務局長通知)により、13種類のビタミンが食品として販売可能となる。
  • 1998年 「いわゆるハーブ類の取扱いについて」(平成10年3月31日医薬安全局長通知)により、168種類のハーブ類(生薬)が食品としての販売が可能となる。この時点ではアメリカに倣い、こうしたハーブは食品であり、医薬品としては取り扱わないこととされた[11]
  • 1999年 「ミネラル類の取扱いについて」(平成11年3月31日医薬安全局長通知)により、12種類のミネラルが食品として販売可能になる。
  • 2000年 OTOによって海外で栄養補助食品として流通しているものが医薬品として規制されることなく食品として販売できるよう決定される[12]
  • 2001年 「医薬品の範囲に関する基準の改正について(医薬発第243号平成13年3月27日)」、アミノ酸23種類が食品として販売できると記載される[6]
  • 2003年 OTOによって「成分本質(原材料)が専ら医薬品」とされているものについて、積極的に食薬区分の見直しを行うことが決定される[13]

「医薬品的効能効果を標榜しない限り食品と認められる成分本質」のリストに載っている1000ほどの成分は、効能効果を表示すれば医薬品、表示しない場合は食品として販売される。

健康に関する科学的根拠と表示[編集]

健康の維持増進、病状の改善、ニンニクスッポンなど滋養強壮、痩身、様々な効能効果が強調される。

2004年の「健康食品に係る制度のあり方に関する検討会」では、表示への規制も強く曖昧な表示や誇大広告も増えているとされ、こうした情報提供の歪みを是正し食品の機能を十分に理解できるような信頼できる正確な情報提供が求められるという方向性が示された[3]。また、表示のための科学的根拠のレベルが高すぎることについても「条件付き特定保健用食品」の制度が示された[3]。厳格な科学的証拠がある場合にしか表示ができないことも、曖昧な表示が氾濫する一因であるとされた[14]。そして、食品の機能に関する表示の信頼性が高まっていくことによって、国民の健康づくりに寄与されることが期待されるという方向性が示された[3]

さらに、食育の観点から、食品の機能や用法に関するデータベースが活用されるべきであるとされ[3]、厚生労働科学研究費補助金によって国立健康・栄養研究所が健康食品に関するデータベースを公開している。健康食品に関するデータベースを作り国民に広く普及させるという意見に基づいて、消費者の立場に立った科学的な根拠のある情報の公開がなされている[15]

2006年、OTOで「消費者にとってより判り易いサプリメントに係る情報提供の推進」として国立健康・栄養研究所のデータベースの紙媒体等への情報提供手段を整備することが決定された[16]

一般食品[編集]

健康食品には、エビデンス(科学的根拠)のないもの、エビデンスが不十分なものも存在し、また逆にエビデンスがあっても保健機能食品でなければ、表示すれば医薬品医療機器等法違反となるため表示できない。このため、効能を連想させるような曖昧な表現にならざるを得ない。チラシや刊行物でも効能効果の表示が許されていない。

健康食品において謳われる効能などは、行政による公的な検証(確認)を経ないため、商品の信頼性は消費者側が客観的に評価、検証することになる。

2005年、「いわゆる健康食品の摂取量及び摂取方法等の表示に関する指針について」(平成17年2月28日食安発第0228001号)[17]で表示の指針がある。

  1. 1日当たりの摂取目安量
  2. 通常の形態及び方法によって摂取されないものにあっては、摂取の方法
  3. 摂取をする上での注意事項
  4. バランスの取れた食生活の普及啓発する文面「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。」の記載

生薬の取り扱い[編集]

日本では漢方などで用いられる在来の生薬の一部が医薬品として認められているが、西洋ハーブ(生薬)が健康食品として流通している。

西洋ハーブは、アメリカではサプリメントとしてEUでは医薬品(ハーバルメディスン)として流通していたが、日本ではアメリカの外圧によって1998年のハーブ類の形態に関する規制緩和をしたため、健康食品として流通・販売できることとなった。

2003年6月24日、「一般用医薬品としての生薬製剤(西洋ハーブを含む)の審査のあり方に関する検討会」[18]で、こうした西洋ハーブに関して厚生労働省でも検討会を開いた。以下のような意見が寄せられた。

  • 薬効があり注意を要するものがあるが、食品であるため表示ができない。
  • ダイレクトOTCとして合成医薬品のレベルでしか審査が受けられないが、これは承認されるのが難しい。

さらに日本とEU諸国では承認制度が違い、EU諸国ではこうした既存の生薬は動物実験で安全性を確認するだけでいいのに対し、日本では高額な費用と数年以上の期間を必要とする通常の治験が必要とされる。(詳しくは、「治験」の項目を参照)生薬は特許がとれないため事業者は採算が取れないことから治験が行われない。

この検討会は2回目は開かれなかった[19]

2007年3月22日、厚生労働省医薬食品局審査管理課は、日本で承認が難しく健康食品として流通していた西洋ハーブなどの生薬については海外のデータの利用を承認し、今後は医薬品の承認申請の負担が軽減されることとなった[20]

2007年7月以降、「健康食品の安全性確保に関する検討会」[21]が行われた。

保健機能食品[編集]

保健機能食品は、健康食品のうち安全性や有効性等が国の設定した一定の基準を満たした食品である。 健康食品の品質を見極める時、評価基準の一つとすることが出来る。

健康増進法及び食品衛生法により定義され、特定保健用食品と栄養機能食品、機能性表示食品の3つに分けられる。

特定保健用食品[編集]

特定保健用食品のマーク。厚生労働省時代のもの

実験データに基づいて審査を受け、健康づくりのための食習慣改善のきっかけとして「~が気になる方に」という効能効果を表示することを日本政府から認可された食品。通称「トクホ」「特保」と呼ばれる。健康増進法に基づく特別用途食品に含まれる。

1991年に導入された制度だが、認知度が低かったため、日本政府がヤクルト本社にトクホを取得するように提案し、1998年認可された[22]

医薬品ほどの効能がない食品機能を保証する制度であるが、審査が厳しく認可取得に関する費用と時間がかかり過ぎることが問題視されてきた。当初の所管は厚生労働省であったが、2009年9月に製造所固有記号の届出などとともに、消費者庁の食品表示課に所管が変更されている[23]

審査にあたっては消費者庁から専門家からなる内閣府消費者委員会へ諮問がなされ、消費者委員会の出した答申を参考にして消費者庁が許可・不許可を決める。通常は消費者委員会の答申通りの決定がなされるが、消費者委員会が「適切でない」とした[24]ノンアルコール飲料2種について、消費者庁が許可する事例が発生した[25]。消費者委員会の答申が覆されたのはこれが初めて。

臨床試験では、数十人の被験者数で行っていた企業が多かったが、6人といった企業もあり、2012年には基準策定が模索されてきた[1]

個別許可型[編集]

商品ごとに個別に実験データを提出し審査を受け許可される必要がある。

形態としては、通常の飲食物(ヨーグルト乳酸菌飲料納豆お茶など)や調味料(オリゴ糖など)、食用油などの形態をしたものが多く、錠剤カプセル、粉末状の物は少数である。

許可された成分と表示内容の例

規格基準型[編集]

その成分を含んだ特定保健用食品許可実績が十分(おおよそ100件以上)であり、科学的根拠が蓄積されている一定の基準を満たしている食品(成分)に関しては、国が規格基準を定めたうえで、個別審査なしで許可をうけることができる。

条件付き特定保健用食品[編集]

2005年より制度化されたが、これまでに認可申請はほとんど無い。

特定保健用食品のうち、特定保健用食品の許可のレベルには届かないが一定の有効性が確認される食品(作用機序は明確だが有効性は少し低い・作用機序は不明だが有効性は認められる)について、限定的な科学的根拠である旨の表示をすることを条件として許可対象とされるもの。

表示内容の前に「根拠は必ずしも確立されていませんが」という但し書きが必須となる。トクホの場合に数千万円とも言われる認可取得に要する費用が大幅に軽減されるわけでもなく、食品企業にとって取得のメリットがないため認可をとろうとする企業が少なく、開発された条件付き特定保健用食品はほとんど無いのが現状である。

機能性表示食品[編集]

2015年4月に導入された。事業者の責任において、「おなかの調子を整える」「脂肪の吸収を抑える」などの科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品。販売の60日前までに安全性及び機能性の根拠に関する情報を消費者庁長官へ届け出ることにより表示できる。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではない[26]。 特定保健用食品の審査が厳しく、認可取得までの時間と費用がかかり過ぎるという問題を受けて導入された制度であるが、消費者庁の審査が不要になったことにより食品の機能性表示が容易に行えるようになった反面、「チェックの方法があいまいである」「国は健康被害のリスクを全面的に消費者に負わせている」など制度を問題視する意見もある[27]。また、届け出のあった商品の一部には消費者団体などから効果や安全性を疑問視する意見が消費者庁へ提出されている[28][29]

栄養機能食品[編集]

2001年に導入された。食生活等の理由により、不足しがちな栄養成分の補給を目的とした食品。特定の栄養素を厚生労働省の設定した基準を含んでいれば、食品衛生法に基づき、表示が許可される(規格基準型)。前述の特定保健用食品とは異なり、厚生労働大臣の認可は必要なく、基準を満たしていれば表示できる。ただし、その際に「この食品の摂取によって、特定の疾病や症状が改善するものではない」という旨の注意書きや目安となる摂取量の記載、その他バランスの良い食事の啓発などの表記が義務付けられている。主にサプリメントに用いられるが、調味料やお菓子(一例として、明治製菓のハイレモン、ヨーグレット)、飲料水などにも表示されている。

対象となっているのは2008年時点で、ビタミン類、ミネラル類の17種。

許可の対象となる栄養成分は以下の通りである。

健康補助食品[編集]

日本健康・栄養食品協会厚生省の指導により規格基準を設定し、1986年より「健康補助食品」の認定マーク(JHFAマーク)を発行している[30]。これは表示される成分がきちんと含まれているかを保証しているとのことである。

問題点[編集]

医薬品は医薬品医療機器等法医薬品等適正広告基準等により製造や販売、広告手法が制限されるが、健康食品は健康増進法により、病気の予防効果や栄養成分の効果を謳う広告で著しい相違や事実誤認させる表示を禁止している。厚生労働省は、財源難から専従職員を配置できず、2009年に消費者庁が発足して所管官庁が移管されるまで、勧告など処分実績は無かった[31]

インターネットを通して中国で製造された法律にて食品への使用が認められていない向精神薬や医薬品(日本において未認可の物も含む)の成分が含まれるダイエット食品を購入し食べたりした人が腹痛・下痢・死亡するなどの健康被害を起こす事件もおきている。

花王のエコナは、食用油として初めて特定保健用食品に認定された商品であるが、グリシドール脂肪酸エステル(発がん性のあるグリシドールに体内で変換される懸念がある)が他の市販食用油より多く含まれていることが解かり(ヨーロッパの事例よりひとケタ多いとされる[32])、花王は2009年、販売を自粛するとともに、特定保健用食品の取り消しの届け出を行った。なお、グリシドール脂肪酸エステルが実際にグリシドールに変換されるかは現時点では不明である。

2015年4月1日から機能性表示食品の制度が導入されたが、この制度になって以降は、効能の化学的論拠については製造業者の責任で提出するのみで良くなり、安全性の検証は事後に実施されることとされた。このため、トクホの審査段階で安全性に疑問が指摘された成分を含んだ機能食品が出現するようになっていることが、消費者庁の指摘で判明している[33]

2017年には、特定保健用食品として承認された食品について、関与する成分の含有量が足りていないため、景品表示法違反(優良誤認)が下された[2]

健康食品に関わる資格[編集]

健康食品のみを専門に司る国家資格は存在していない。

2002年2月、「保健機能食品等に係るアドバイザリースタッフの養成に関する基本的考え方について」[34]では、2001年に健康食品に関して適切な情報が提供できるアドバイザリースタッフの確保の必要性が提言されたことを受けて、アドバイザリースタッフの定義や養成方法が示された。同2002年12月には、独立行政法人の国立健康・栄養研究所が認定する栄養情報担当者NR)の認定制度ができた。

2004年、厚生労働省によって行われた検討会では、個々の状況に応じた食品の選択が食育の観点からも重要であり、管理栄養士薬剤師などの正しい情報を提供できるアドバイザリースタッフによる役割が重要であるとしている[3]

2005年、健康食品に係る制度に関する質疑応答[14]では、アドバイザリースタッフとして、栄養情報担当者食品保健指導士サプリメントアドバイザーが挙げられた。

公的資格としては、独立行政法人 国立健康・栄養研究所が認定する栄養情報担当者(NR)があり、健康食品に関する適切な情報が提供できる者に与えられる。

民間資格としては、試験での合格が必要なサプリメントアドバイザー(日本サプリメントアドバイザー認定機構)・健康食品管理士(健康食品管理士認定協会)・食品保健指導士((財)日本健康・栄養食品協会)や、受講や通信教育のみで取得可能なサプリメントアドバイザー(日本ニュートリション協会)・サプリメント指導士(NPO日本サプリメント協会)・サプリメント管理士(NPO新生活普及協会)・サプリメントコーディネータ((株)日本フローラルアート)・栄養補助食品指導士((財)日本栄養補助食品科学検定協会)などがある。

海外[編集]

アメリカ合衆国[編集]

アメリカでは、アメリカ食品医薬品局(FDA)が一括で、薬品、食品、ダイエタリー・サプリメントという3区分で管理している。アメリカでは、1952年にハーブ類を含む生薬はそのほとんどが医薬品から外され7品目のみ残っていた[18]。後に、サプリメントとして販売されることになる。

1984年、食生活指針が策定された後、健康への関心が高まっていた。同年10月にケロッグアメリカ国立癌研究所 (NCI) に認定を受け自社製品に食物繊維の多い食品はある種のがんを予防すると表示した[35]シリアル食品ケロッグ博士により、数多くの健康器具や健康療法と共に生み出されたもので、当時の健康ブームの火付け役ともなった。その後、他のメーカーもこれに追従し、このような表示が氾濫していった[35]。結果として、食物繊維を多く含むシリアル食品を食べる家庭を200万世帯増やした[35]。また連邦取引委員会 (FTC)は、食生活の改善が難しいと考えられた教育レベルが低い喫煙習慣のある女性に、こうしたシリアル食品の利用を増加させたと報告した[36]

NCIによって2000万ドルの予算でがんを予防するために、フィトケミカルを特定して加工食品に加える目的で、デザイナーフーズ計画(designer foods project)が開始された[37]。 デザイナーフーズ計画では、がんに有効性のあると考えられる野菜類が40種類ほど公開された。その後、デザイナーフーズ計画はなくなった[38]

1988年末から翌年にかけアメリカでトリプトファン事件が発生した。

1990年、栄養表示教育法(NLEA)が策定され、食品やサプリメントと病気予防の関連について申請し、科学的根拠があると認可されたものに関しては、申請者でない場合も効能を表示できるようになった。

健康の自由運動英語版が活発になっていき、人々はサプリメントの使用の自由や効能に関する情報の自由な入手を訴えるようになった。効能表示は医薬品とみなされるよう規制され、また効能表示のためには医薬品を承認するレベルの認可が必要であれば、健康に対する自由が制限される。

1994年、栄養補助食品健康教育法(ディーシェイ、DSHEA)が制定されサプリメントの販売が管理されている。何らかの根拠があれば効能表示が可能となった。

1997年、FDA近代化法英語版(FDAMA)が制定され、国家の研究機関か全米科学アカデミーの文献を根拠に申請し、病気のリスクが低減できることを表示できるようになった。1999年7月、FDAMAによって、51%以上の全粒穀物を含む製品にがんや心臓病のリスクを減らす可能性があると表示できるようになった[39]。1999年10月、FDAMAによって、6.25グラム以上の大豆たんぱく質を含む製品に、1日25グラム以上の大豆タンパク質を摂取すれば心臓疾患のリスクが減らせると表示できるようになった。

1999年、条件付き効能表示(QHC:Qualified Health Claims)、弱い科学的根拠がある場合にも但し書きした上で表示をしもていいこととなった。ピアソン対シャラーラの裁判によって、表示の禁止は言論の自由に違反すると判決が出たことによる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 佐藤央明 (2012年8月29日). “トクホ、信頼回復への茨の道”. 日経ビジネスオンライン. http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20120824/235993/ 2017年4月1日閲覧。 
  2. ^ a b “日本サプリメントに措置命令=トクホ取り消しで消費者庁”. 時事.com. http://www.jiji.com/jc/article?k=2017021401126&g=soc 2017年5月7日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g 「健康食品」に係る今後の制度のあり方について(提言)(平成16年6月9日)厚生労働省医薬食品局食品安全部 (厚生労働省)
  4. ^ 『健康食品データベース』 国立健康・栄養研究所監修、2007年2月。ISBN 9784804110967。原著 Natural medicines comprehensive database
  5. ^ 「無承認無許可医薬品の指導取締りについて」(昭和46年6月1日薬発第476号) 厚生省薬務局長通知 (PDF) (厚生労働省)
  6. ^ a b 厚生労働省医薬局長 「医薬品の範囲に関する基準の改正について(医薬発第243号平成13年3月27日)」 (日本食品化学研究振興財団)
  7. ^ 医薬品医療機器等法第2条第1項、第2項
  8. ^ 食品衛生法第4条第1項
  9. ^ 厚生労働省組織令第2条第2項、第6条
  10. ^ 基準・認証制度等に係る市場開放問題についての対応(平成8年3月26日) (市場開放問題苦情処理体制)
  11. ^ 03/04/23 第1回「健康食品」に係る制度のあり方に関する検討会議事録 (厚生労働省)
  12. ^ 基準・認証制度等に係る市場開放問題についての対応(平成12年3月21日) (市場開放問題苦情処理体制)
  13. ^ 基準・認証制度等に係る市場開放問題についての対応(平成15年3月19日) (市場開放問題苦情処理体制)
  14. ^ a b 「健康食品」に係る制度に関する質疑応答集について (食安新発第0228001号 平成17年2月28日)(厚生労働省)
  15. ^ サイト運営開始のご挨拶 独立行政法人国立健康・栄養研究所理事長 田中平三 (国立健康・栄養研究所)
  16. ^ 市場開放問題についての対応(平成18年3月23日) (市場開放問題苦情処理体制)
  17. ^ 「いわゆる健康食品」の摂取量及び摂取方法等の表示に関する指針について(平成17年2月28日食安発第0228001号) (PDF) (厚生労働省)
  18. ^ a b 03/06/24 第1回一般用医薬品としての生薬製剤(西洋ハーブを含む)の審査のあり方に関する検討会議事録 (厚生労働省)
  19. ^ 医薬品にも使えぬ危険成分を6年も食品に分類 ミス認めぬ厚労省 (MyNewsJapan 2007/07/21 21:13)
  20. ^ 【厚労省】西洋ハーブ製剤の承認申請‐海外データ活用を容認 (薬事日報 2007年03月28日)
  21. ^ 07/07/10 第1回「健康食品」の安全性確保に関する検討会議事録 (厚生労働省)
  22. ^ マイケル・ヒースマン、ジュリアン・メレンティン 『機能性食品革命』 講談社、2002年4月。ISBN 978-4062112673。148頁。原著 The functional foods revolution 2001
  23. ^ 消費者庁への食品表示等業務の移管について
  24. ^ 特定保健用食品の表示許可に係る答申について (PDF)”. 内閣府消費者委員会事務局 (2014年8月5日). 2015年2月18日閲覧。
  25. ^ “トクホに初のノンアルコール飲料 2製品に消費者庁”. 共同通信. (2015年2月18日). http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021801001065.html 2015年2月18日閲覧。 
  26. ^ 機能性表示食品」って何? (PDF)”. 消費者庁 (2015年4月2日). 2015年8月15日閲覧。
  27. ^ トクホと何が違う?注意点は…機能性表示食品とは”. YOMIURI ONLINE (2015年6月16日). 2015年8月15日閲覧。
  28. ^ トクホと違う?「機能性表示食品」 安全性はどう担保”. THE PAGE(ワードリーフ株式会社) (2015年7月6日). 2015年8月15日閲覧。
  29. ^ FOOCOMが6月19日、消費者庁に機能性表示食品について申し入れ”. FOOCOM.NET(一般社団法人FOOD COMMUNICATION COMPASS) (2015年6月25日). 2015年8月15日閲覧。
  30. ^ 「健康食品」、現代用語の基礎知識、「食生活」、1995年版、株式会社自由国民社
  31. ^ 誇大広告:健康食品、業者名公表へ 消費者庁が方針(毎日新聞2010年12月1日)
  32. ^ [急「エコナ」出荷・販売停止、健康影響はあるか(09/09/18)]NIKKEI NET Ecolomy
  33. ^ 「機能食品」、安全性に疑問があると指摘の商品も 産経新聞 2015年4月28日
  34. ^ 健機能食品等に係るアドバイザリースタッフの養成に関する基本的考え方について(食発第0221002号 平成14年2月21日) (厚生労働省)
  35. ^ a b c マイケル・ヒースマン、ジュリアン・メレンティン 『機能性食品革命』 講談社、2002年4月。ISBN 978-4062112673。172-173頁。原著 The functional foods revolution 2001
  36. ^ Ippolito, Mathios HEALTH CLAIMS IN ADVERTISING AND LABELING:A Study of the. Cereal Market (PDF) FTC, 1989
  37. ^ Fortified Foods Could Fight Off Cancer (The New York Times, February 19, 1991)
  38. ^ Christine Theisen, "What Ever Happened To . . . Looking Back 10 Years", JNCI Journal of the National Cancer Institute 93(14),2001,pp1049-1050;
  39. ^ FDA-CFSAN Health Claim Notification for Whole Grain Foods (英語) (FDA)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]