グリシドール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グリシドール
識別情報
CAS登録番号 556-52-5
特性
化学式 C3H6O2
モル質量 74.08 g/mol
密度 1.1143 g/cm3
融点

−54 °C

沸点

167 °C (分解)

危険性
NFPA 704
NFPA 704.svg
2
4
3
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

グリシドール (Glycidol) は、エポキシドアルコール基の両方を含む有機化合物である。

無色透明液体で、わずかに粘性がある。エタノールエーテルベンゼンに溶解する。

用途[編集]

発癌性[編集]

国際がん研究機関 (IARC) により、発癌性物質グループ2A (おそらく発癌性がある)に分類されている。

2009年花王食用油エコナ」のグリシドール脂肪酸エステルの含有量が比較的多いとして、その出荷を一時的に停止した[1]。グリシドール脂肪酸エステルはグリシドールの前駆体で、胃酸などの強酸下で分解しグリシドールを生成するとの説がある。 

脚注[編集]

  1. ^ 日本経済新聞社 (2009), 「エコナ」出荷一時停止, 日本経済新聞 全日版 (13 ed.), 日本経済新聞社 (2009-09-17発行), p. 15