デザイナーフーズ計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デザイナーフーズ計画 (designer foods project) は、1990年代、アメリカ国立癌研究所 (NCI) によって2000万ドルの予算でがんを予防するために、フィトケミカルを特定して加工食品に加える目的で開始された計画である[1]。 デザイナーフーズ計画では、がん予防に有効性のあると考えられる野菜類が40種類ほど公開された[2][3][4]。その後、デザイナーフーズ計画はなくなった[5]

以下の表は、公表された食品群である。

デザイナーフーズ計画によって選定された食品群(重要度順)
にんにく
キャベツ甘草リコリス )、大豆ショウガセリ科の植物(ニンジンセロリパースニップ
タマネギお茶ウコンターメリック)、玄米全粒小麦亜麻柑橘類果実(オレンジレモングレープフルーツ )、ナス科の植物(トマトナスピーマン )、アブラナ科の植物(ブロッコリーカリフラワー芽キャベツ
マスクメロンバジルタラゴンカラスムギハッカオレガノキュウリタイムアサツキローズマリーセージジャガイモ大麦ベリー

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Brody, Jane E. (1991年2月19日). “Fortified Foods Could Fight Off Cancer”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1991/02/19/science/fortified-foods-could-fight-off-cancer.html 2011年6月28日閲覧。 
  2. ^ 食品成分による癌予防、矢野 友啓、日本未病システム学会雑誌、Vol. 12 (2006) No. 1
  3. ^ Caragay, A. B.: Cancer preventive foods and ngredients. Food Technol. 4 : 65-68, 1992.
  4. ^ がん予防と食品、大澤 俊彦、日本食生活学会誌、Vol. 20 (2009) No. 1
  5. ^ Christine Theisen (2001). “What Ever Happened To . . . Looking Back 10 Years”. JNCI Journal of the National Cancer Institute 93 (14): 1049-1050. PMID 11459863. http://jnci.oxfordjournals.org/cgi/content/full/93/14/1049. 

関連項目[ソースを編集]