佐藤光樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 光樹
さとう こうき
生年月日 (1967-11-07) 1967年11月7日(53歳)
出生地 日本の旗 宮城県塩竈市
出身校 東北学院大学経済学部経済学科
前職 市川一朗参議院議員公設秘書
宮城県議会議員
所属政党自由民主党→)
無所属
親族 父・佐藤光輔(宮城県議会議員)
公式サイト 塩竈市長 佐藤光樹 公式サイト

当選回数 1回
在任期間 2019年9月11日 - 現職

選挙区 塩釜選挙区
当選回数 4回
在任期間 2003年 - 2019年8月5日
テンプレートを表示

佐藤 光樹(さとう こうき、1967年11月7日 - )は、日本政治家宮城県塩竈市長(1期)。元宮城県議会議員(4期)。

来歴[編集]

宮城県塩竈市出身。父親は宮城県議会議員を務めた佐藤光輔[1]。塩竈市立第三小学校入学、塩竈市立第三中学校東北学院榴ケ岡高等学校東北学院大学経済学部経済学科卒業。

1990年(平成2年)、父の佐藤光輔の秘書となる。1995年(平成7年)7月、市川一朗参議院議員の公設秘書となる[2]

1999年(平成11年)、宮城県議会議員選挙に塩竈選挙区(定数2)から無所属で立候補。同選挙では自民党現職が1位当選し、日本共産党公認の元市議が2位で当選。佐藤は次点で落選した[3]

2003年(平成15年)、再び無所属で立候補し初当選した。2007年(平成19年)、自民党公認で立候補し再選。4選後の2018年(平成30年)11月26日、第42代県議会議長に就任[4]。2011年(平成23年)の東日本大震災を機に塩竈市内の両親や姉と別居し、同市清水沢で一人暮らしを始める[1]

2019年(令和元年)6月3日、塩竈市長の佐藤昭は5選出馬を表明[5]。市民有志は6月21日までに、佐藤光樹に任期満了に伴う市長選への出馬を打診[6]。7月3日に出馬表明し[7]、同月5日に県議を辞職した。同年9月1日投開票の市長選で現職の佐藤、日本共産党役員の阿部進らを破り初当選した[8]。9月11日、市長就任。

※当日有権者数:46,133人 最終投票率:54.82%(前回比:+2.46pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
佐藤光樹51無所属13,028.042票51.89%(推薦)自由民主党
佐藤昭77無所属9,341.957票37.21%
阿部進49無所属2,73800010.90%

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

公職
先代:
佐藤昭
塩竃市旗 宮城県塩竈市長
2019年 -
次代:
現職