斎藤正美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
齋藤 正美
さいとう まさみ
生年月日 (1954-12-09) 1954年12月9日(67歳)
出生地 日本の旗 日本 宮城県牡鹿郡蛇田村
(現・石巻市
出身校 日本大学工学部
前職 県議会議員
所属政党自由民主党→)
無所属
公式サイト さいとう正美 オフィシャルサイト

石巻市旗 宮城県石巻市長
当選回数 1回
在任期間 2021年4月29日 - 現職

宮城県の旗 第38代宮城県議会副議長
在任期間 2019年11月12日 - 2021年3月19日

宮城県の旗 宮城県議会議員
選挙区 石巻市牡鹿郡選挙区
当選回数 7回
在任期間 1987年 - 2003年
2011年 - 2021年

当選回数 1回
在任期間 1984年 - 1987年
テンプレートを表示

齋藤 正美(さいとう まさみ、男性、1954年12月9日 - )は、日本政治家宮城県石巻市長(1期)。宮城県議会議員(7期)、石巻市議会議員(1期)を歴任。

経歴[編集]

宮城県石巻工業高等学校土木科日本大学工学部建築学科を卒業。一級建築士として活動する[1]

1984年、石巻市議会議員選挙に初当選。1987年宮城県議会議員となり通算4期務めた。

2003年自由民主党宮城県第5区総支部長となり、国政進出を図った[2]2003年2005年2009年の3度衆議院選挙に出馬するも、いずれも民主党公認の安住淳に敗れ落選した。

2011年宮城県議会議員選挙に出馬し県議に復帰。2019年から2021年まで県議会副議長を務めた[3]

2021年3月6日、石巻市長選挙への立候補を表明[4]。所属している自民党の他、かつて選挙を戦った安住が国対委員長を務める立憲民主党からも推薦を受け、23,713票を獲得し、元衆議院議員の勝沼栄明ら3候補を破り初当選した[5]

※当日有権者数:119,210人 最終投票率:51.48%(前回比:+7.17pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
齋藤正美66無所属23,713票38.85%(推薦)自民党立憲民主党
勝沼栄明46無所属20,696票33.91%
長純一54無所属10,062票16.49%
阿部和芳61無所属6,558票10.75%

主張・政策[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

公職
先代:
亀山紘
石巻市旗 宮城県石巻市長
2021年 -
次代:
現職