畠山孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

畠山 孝(はたけやま たかし、1916年9月22日 - 1998年10月29日)は、宮城県議会議長、唐桑町長。ボート競技の選手、指導者。オリンピアン。

来歴[編集]

宮城県唐桑町(現・気仙沼市)鮪立生まれ。気仙沼中、早稲田第二高等学院を経て1939年早稲田大学商学部を卒業。

早大在学中、1936年のベルリンオリンピックのかじ付きフォア(三番手)に出場、敗者復活戦で敗退した。1935年の全日本エイト選手権では七番を漕ぎ優勝した。

大学卒業後も南満州鉄道に勤務の傍ら明治神宮大会に優勝。中学時代は柔道部主将、学院からボートを始める。

大学を卒業後、家業の漁業経営に従事し、漁業関係の役職を歴任。1963年から6年間 旧 唐桑町長として町勢の発展に尽力。

その後、1972年から5期20年間 県議会議員として県政に参画。1985年には第22代議長に就任。

旧 唐桑町名誉町民。1992年勲四等旭日小綬章を受章。

出典[編集]

  • 『現代物故者事典1997-1999』
  • 『宮城県体育協会史』
  • 『宮城県人物・人材情報リスト』2000

外部リンク[編集]

旧 唐桑町名誉町民